宮崎の梅雨明けはいつ?

0

    6月も終わりに近づきました。

    沖縄ではとっくに梅雨明け宣言が出されていますが、一方、九州北部では50年ぶりとかいう大雨に見舞われましたし、九州南部では気象庁の予報によればまだまだ当分の間は長雨にたたられそうとの見通し。

    宮崎市内については、ここ2〜3日は予報が見事に外れて雨には降られずに済みましたが、それでもこれから10日位先までの予報は見事にオール雨!それも結構強い雨の洗礼をうけるような予報となっています。

    梅雨明けは一体いつごろになるのでしょう?

    全くもってウンザリですが、願わくばこの予報もいつもの調子で見事に外れてくれたら良いのになあ…と思っているところですが、果たしてどうなりますことやら…

     

    ところで、話はかわりますが、ようやく予定通り6月19日に日本のプロ野球が開幕しました。

    久方ぶりに巨人・阪神戦を最初から最後までTVで観戦しました。プロ野球の試合を観戦するのが久し振りだったのと、特に第4戦では宮崎出身の戸郷投手が先発起用されましたので、熱をいれて観戦しました。

    今の巨人軍は私が余り好きでない原辰徳が監督になっていますので、昨年などは巨人戦を熱を入れて見るなんてことは殆どなかったのですが、郷土出身の選手が出場するとなると話は変わってきます。

    最終回などはほんとにハラハラさせられましたが、何とか勝利を収めることができましたのでホっとしました。

     

    ただ、私が大ファンである大谷翔平は、7月下旬に米大リーグがオープンしてからでないとどうしようもないので、その意味では私にとっての今シーズンの野球はまだ開幕を迎えていないというのが正直な私の感想です。

    それでもコロナ漬けで何の楽しみもなかった頃に比べると、段違いに楽しさというものを味合わせてもらったという点では大いに感謝しているところです。

     

    コロナの方はまだ現時点では一進一退といった状況が続いています。

    宮崎県は、感染者数17人という数字が報告されて以降その数字には全く変化がありませんし、岩手県にいたっては相変わらず感染者数ゼロが続いていますので、こういったところについては自粛の効果?が継続して効いているといえるのかもしれません。

    こういったところの数字を追いかけていると、ひょっとするとコロナは収束したのかな?とつい思ってしまいがちですが、かたや東京では一日の感染者数が50人前後を記録しており、コロナとの戦いはまだまだこれからといったところ。

     

    世界に目を向けてもアメリカは相変わらずワーストワンの状況が続き、ブラジルやインドなども感染者数は増える一方。

    新型コロナというウィルスはちょっとやそっとのことでは、とてもくたばりそうにはないみたいです。

    ところが、そのような中にあっても、全世界的傾向としては、経済との兼ね合いもあり規制は徐々に緩められる一方…、人間の我慢には限度がありますから、もはや自粛に頼るだけでは状況は打開できないところまできているということなんでしょうかね。

     

    コロナ対策の大きな柱としてはワクチンの開発が世界のあちこちで急ピッチで進められてはいますが、これも今すぐに使用できる状況にあるかというとそんな簡単なものではありません。

    どこの国においてもコロナが収束するまでにはこれからもかなりの日数を要する見通しとなっているようです。

    日本が世界に先んじてワクチンの開発に成功するようなことになれば、人命救助という観点からして画期的なことですし、わが国の収支改善という観点からしても期待するところは大!

    何とか優秀な日本人の本領を発揮して一番乗りでワクチンの開発に成功して欲しいものです。

     

    それからまた話は変わりますが、最近マスク警察という言葉が流行っているのをご存知でしょうか?

    私はつい最近までマスク警察なる言葉自体を聞いたことがなかったのですが、マスクを着けていない人に対して一般市民が威圧的な態度で注意するような人のことを指すようですが、これは特に老人に多くみられるとのこと。

    私などはちょっと前まではマスクをしないで外出してオクサンから注意されることが日常茶飯事でしたので、マスク警察なる人たちと遭遇しなくてよかったなあと思っています。私は結構短気なものですから、身近にそういう人がいたら大喧嘩になっていたんじゃないかな?と思うとぞっとします。

    宮崎の人たちは性格温厚な人が多いからか私は運がよかったのでしょうね。

     

    勿論、私も今のご時世とマスクをつけないで外出することが良くないというくらいのことは分かっているつもりなんですが、私の場合は仕事柄外出するという機会滅多にないので、家にいるときの気分のままついうっかり忘れることが殆どでした。

    しかし、動機がどうであれマスクをつけないで外出するということは、よほどの熱中症体質とかいった肉体的な欠陥でもない限りにおいては許されるべきことではありません。

    最近は私も忘れることのないよう肝に銘じて、きちんとマスクを装着してから外出するようにしています。忘れるようなことがあったとしても前々回のブログで書いたようにクルマのグローブボックス他自分の身近なところに1〜2枚のマスクを常備するようにしていますので、これから先はおそらく問題ない?かと思っています。

     

    最後に肝心の婚活関連について状況を報告します。

    パッとしない天候の中ではありますが、規制の解除に伴って、お見合いの数自体は期待していた以上に増えてきています。内容的には宮崎県内同士の方によるお見合いに限らず、福岡や熊本の方とのお見合いが増えてきています。

    以前はここまで遠方の方とのお見合いが増えることはありませんでしたが、最近流行りのオンラインを利用してのお見合いが徐々に浸透してきているからかと思っています。

    それと県境をまたいでの移動自粛が解除されたことが大きいのではないでしょうか?

    いずれにしろ、もっともっとお見合い数が増えてそれが成婚に繋がるようにお世話を強化していきたいと思っています。

     

    婚活やのおじちゃんこと 

                  哲   

     

                            (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

    ※次回は7月10日(木)前後の更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする