お兄さんの次は妹さん…

0

    コロナのおかげでブログについてもだんだん書くネタが限られてきて、最近は一体何について書いたものか頭をひねることが多くなってきました。

    おまけに外出は極力控えなければならないということでしたので、その分平常時に比べますと来店して下さるお客様の数も少なくなってきていましたので、会員さんに提供できる新鮮な情報も限られてきて困っています。

     

    それでもようやく世の中に変化がみえ始めたようです。

    東京アラートは解除されましたし、一連の諸規制も一部解除できないまま残っているものもありますが大幅に緩められてきました。

    そんなわけで全国的に恐る恐るではありますが、解放感が感じられるようになってきたように思います。

     

    スポーツの方でも、最初は無観客からではありますがプロ野球は6月19日から始まりますし、サッカーのJリーグも同じく無観客からではありますが7月4日から始まります。

    これに伴い他の各種競技も一斉に動き出そうとしているなど、ようやく全体的に活気が戻ってきつつあります。

     

    一日でも早くコロナ以前の日常生活が再開して欲しいものだと願っている次第ですが、現時点ではいまだコロナは死滅したわけではないので決して油断はできません。

    いずれにしても三密状態になって再びコロナが蔓延していくような状況を作ってしまうようなことだけは避けるようにしないといけないと思います。

    せっかくここまで我慢に我慢を重ねて抑えてきた努力が水の泡になってしまいますから、気を抜かず対応していきたいものです。

    最近ではマスク嫌いの私ですらしっかりとマスクを着用して外出する位に変わってきていますから、一致団結して早くコロナの世界からおさらばしたいものだと切実に願っています。

     

    ところで、最近になってようやくエントリーにも嬉しいニュースが出てきました。それは外出規制により途絶えかけていた来客数がここにきて再び盛り返し入会者数が増えてきたこと。

    しばらくの間は我慢の世界ということでエントリーの方から特別な動きをしたわけではないのですが、どういうわけかここにきて入会者が続きました。世の中全体が重圧から解き放たれ少しづつ明るくなってきているからでしょうか?

     

    取っ掛かりとしましては以前エントリーで成婚退会された男性会員の妹さんが突然お一人でエントリーを訪ねてこられ入会していただいたこと。

    すると、今度はそれと時を同じくしたころに若いお嬢さんとそのご両親とがエントリーを訪ねて来られ、その日のうちに入会していただきました。

    両者の場合、お兄さんが何年か前にエントリー入会され成婚に至ったという実績がありましたのでエントリーの詳しい内容について改めて説明する必要はありませんでした。

     

    こういうケースというのは私達にとりましては非常に嬉しいケースです。

    先に結婚されたお兄さんたちに引き続いてご入会いただいたというのは、お兄さん達のご結婚生活がその後も順調に続いていることの証(あかし)であるとともに、ご家族の方がエントリーに対して悪いイメージはもっておられないからだろうと思われるからです。

     

    そのあとにはずっと以前無料相談に来られた男性で未登録のままになっていた方から突然連絡が入り、そのままご入会…

    あっという間に3人の方にご入会いただきました。有難い話です。

    他に結果はどうなるかは分かりませんが無料相談が2件ほど入っていますので、確実にフォローしていかなければと思っているところです。

     

    それにしても19日からのプロ野球のオープンは本当に楽しみです。

    おまけに贔屓(ひいき)のソフトバンクやジャイアンツは、本拠地がいずれもドーム球場ですので雨の心配はありません。待ちに待った試合ですのでTV中継をほんとに楽しみにしています。

    ただ、私が一番見たいのは大リーグの大谷翔平なんですが、こちらの方は大リーグ選手会と機構側がもめていて決着がついておらず開幕さえ危ぶまれているような状況ですので、どうなるか非常に心配です。それでもまさかオープンされないようなことにはならないだろうと思っていますので、開幕を信じて待ち続けることにしています。(完)

     

    婚活やのおじちゃんこと 

                    

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    次回の更新は6月30日(火)を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする