国や地方自治体からの支援金

0

    もう5月に入ってしまいました。ほんとに早いものです。

    例年であるならば、5月というと4月下旬から引き続いて連休が集中していることから、まさに『ゴールデンウイーク』として日本国民の大多数が大移動する楽しみのたくさん詰まった期間。

     

    ところが今年に限っては新型コロナウィルスのおかげで4月16日に日本全都道府県に対してゴールデンウィーク明けの5月6日まで『緊急事態宣言』が発令されてしまいました。

    その関係で不要不急の外出は控えなければならないということになりましたので、今年のゴールデンウィークは例年に比べると極端に人の出入りの少ないダークウィークになってしまいました。

     

    おまけに、5月6日までの活動自粛期間については進捗状況がかなり目標を下回ったことから、『緊急事態宣言』が原則として5月31日にまで延長されることになりました。

    しかし、そうはいっても各県の動きについてみていきますと大きなバラツキが見られます。

    これを受け、西村康稔経済再生担当相は7日の記者会見で、緊急事態宣言の地域ごとの解除については5月14日をめどに検討するということを発表し、新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが5月6日時点で1週間続いた17県などに対しては「解除が視野に入っている」と述べました。

    最終的には重症者の受け入れ余力を含む医療提供体制の状況といったことも踏まえて判断する考えを示すなど事態は流動的です。

     

    それとともに国民が大きな関心をしめしているのが国や地方自治体からの支援金ということになるかと思います。

    こういった支援金なるものは現在の困窮事態に対するフォローのために支給するものなので、その性格からして極力支給時期を急いでもらうことが必要です。

    しかし、現実には支給基準が非常に厳しいものであったり、支給のタイミングが遅すぎる等の問題点が指摘されており、緊急事態宣言の発動により困窮した国民を救済するという観点からしますと、現状では実態に即したものにはなっていないというのが正直なところではないでしょうか?

     

    また、国民一人一人にいきわたることになっている一人10万円の支援金についても支給の手続きがかなり面倒。

    そういう面倒だという人に対しては国から届く書類を待ってそれに必要事項を記入して申請するという方式もあるが、そのための申請用紙の配布が5月下旬になってからということのようなので、それだと少しでも早く支給して欲しい人のニーズには応えきれません。

     

    更に受給を急ぐ人のに対してはマイナンバーカードを使って引き出すというやり方も案内されているが、マイナンバーカードの暗証番号をどれだけの人が覚えているかというとかなり疑問で、7日の混乱ぶりをみてもわかるとおり忘れてしまったという人が数多く手続きにかなりの時間がかかっている。

    スマフォを活用しての登録ができるという便利さもあるようであるが、私のようにスマフォが苦手な人間からすると却って戸惑うことの方が多いのでこれではお手上げ。

     

    幸いウチのオクサンはスマフォが得意なので私の記入ミスで大分苦労はさせてしまいましたが何とか受給手続きは完了できたように思います。しかし、果たしてこれで無事受給できるかどうかについてはもらってみるまで自信がありません。

    宮崎市の『オンライン申請に係るコールセンター』にもいろいろ問合せしましたが、手続きが始まったばかりのせいか要領を得た手際のよい返答は得られませんでした。

     

    また、同じ宮崎県においても都城市と宮崎市との間では受給の処理に大きな違いがあるようです。

    都城市の方では早くからこの問題に取り組んでおり、宮崎市より早いタイミングで受給できるやに聞いています。

    地域のリーダーの能力の差といってしまえばそれまでですが、同じ県内の住人であるからには、都城市を見習ってもう少し住民のためになるような情報の共有化を図って欲しいものです。

     

    また、話は変わりますが、最近はネットを利用しての『オンライン飲み会』とか『オンラインお見合い』なるものがあちこちで開かれるようになってきました。

    エントリーでも、こちらから県外の他相談所の会員さんに対してお見合いの申し込みをしましたところ、オンラインによるお見合い

    でしたらお受けしますとの返事がきました。

    それを受け、申込をされたエントリーの会員さんの都合を聞きといろいろ調整した結果、結論としましては face to faceで顔付き合わせたうえでの従来通りのお見合いしたいというエントリーの会員さんの意向を受け、エントリーの会員さんが先方の現在住んでおられる土地まで出向き、そこでお見合いをすることになりました。

    但し、時期については現在のコロナが蔓延している状況を受け、実施時期はコロナ危機が現在より少しは落ち着くであろう6月に行うことで話がつきました。

     

    新型コロナウィルスのおかげで世界中が大変な被害を被っていますが、一刻も早くこの騒動が終幕を迎えてくれることを心から祈る次第です。(完)

     

    婚活やのおじちゃんこと

                    哲               

     

                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)  

     

     

     

    ※次回は5月20日(水)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM