今年はあと一回で〜す

0

    12月というのに結構暖かい日が続いています。

    今年の冬は暖冬という予報が出ていましたが、少なくとも現在までのところをみると確かに冬にしては暖かい日が続いています。

    私としましては大歓迎!

    後はこれがいつまで続くかが問題ですが、いずれにしてもそうひどい寒さにはならないことを期待する次第です。

     

    プロ野球がまだ始まらないのが私達夫婦にとりましては寂しき限りです。

    それでも毎日、我らが翔平君に関するニュースが出ていないかをネットで検索しています。今のところは手術の痕も順調に快方に向かっているようなので、このままアクシデントもなく来シーズンに突入することをひたすら祈っている次第です。

     

    卓球やバドミントンなども日本人選手が頑張っているようなので興味をもってみてはいますが、翔平君の活躍に対する興味には遠く及びません。

    それに佐々木朗希君というスーパースターも出現していますので、早くキャンプシーズンに突入してくれないかなあと首を長くして待っているところです。

     

    それはそうと婚活関連について思っていることを一言。

    クリスマスが近づいているせいもあってか、エントリーでも最近はお見合いの数がグンと目に見えて増えてきています。

    このこと自体は非常に嬉しく有難いことなんですが、それに比例して困っていることもあります。

    どういうことかといいますと、お見合いが終わったあとでは、その後お二人の交際を継続していくか、お見合い一回きりでその後のお付き合いについてはやめてしまうかのお返事を翌日のお昼までに頂戴することになっています。

    他の相談所については締め切り時間については別のルールを定めておられるところもあるようですが、そういう場合は事前に相談所間で調整を図っておくようになっています。

     

    しかし、残念なことに同じエントリーの会員さん同士の場合でもこの決まりを守って頂けない方がおられます。

    殆どの方の場合は相手の方をお待たせするのは申し訳ないというごく当たり前の常識的な判断に則って約束を守って頂いていますが、ごく一部の方の場合はルールにはお構いなく全くマイペースを貫かれる方もおられます。

    即ち、自分で結論を出せていない場合はその旨を私達に断ることもせず、自分の勝手な判断で自分の都合の良い時間まで勝手に締め切りの時間を延ばされます。時間を過ぎて私達から何度電話をしても電話に出てもらえません。

    電話に出てもらえないことには返事を催促したくても催促のしようがありません。何度か電話をしつこくかけたりメールを送っても反応はありません。

     

    私達としましては、ルール通りキチンと返答を返して頂いた方に対して申し訳ない思いでいっぱいなのですが、連絡がないのでもうしばらくお待ちくださいと謝るしかありません。そして面白いことにそういう方はその時一回切りということではなくその後も結構何度もあります。

     

    更に付け加えますとそういう人はそのあとようやく結論が出たような頃を見計らって電話がかかってきます。

    そしてそういう人はそのことを相手の方に対しても、私達にたいしても素直に謝ろうともされません。世の中には変わった人種の人間がいるものなんですね。

    ウチのオクサンは優しいので、滅多なことでもない限りそのことに対して強く責めるようなことはしません。

    私の場合は人間ができてないからでしょうか?一応遅れた理由を聞いてそれがその人の自分勝手な理由であった場合で且つ、反省の色が見えない場合には待たされた方の分も含めて結構きつく責めます。当然だと思っていますから…

    そのことが原因でその方から嫌われたとしても全く気にしません。

    私は自己中(ジコチュー)なる種族が大っ嫌いです。誰だって自分のことがいちばん可愛い筈です。

    私にも自己中心的な要素はまったくないんですか?と聞かれたら『勿論、そんなもの私には無いですよ』といいきるほど厚かましく鉄面皮でもないつもりですし、そして最低限度の常識と謙虚さくらいは持ち合わせているつもりです。

     

    私達はいつまでもお互いが相手に対する思いやりの精神を忘れないようなお付き合いを続けていきたいものですね。

    そうすれば婚活ももっともっと円滑に進めていくことができるようになるのではないでしょうか?

     

    ところで今年の年賀状のシーズンも始まってしまいました。今年も私は取り合えず200枚ちょっと買い込みました。

    私と年賀状を何年もやり取りしている人たちとの間では昨年あたりから年賀状終いというのでしょうか?『そろそろ今回あたりをもって年賀状のやり取りをお終いにしませんか?』という案内が来るようになりました。

     

    確かに毎年200枚を超す年賀状のやり取りを続けていくというのは億劫といえば億劫といえなくもありません。

    しかし、書くのは大変ですが、読んで旧(ふる)き良き友人たちの動向をしるというのは非常に大きな楽しみです。どこまで続くかわかりませんが、私としましては少なくとも現時点ではもうしばらくの間は年賀状の交換を続けていきたいと思っています。

    何せしつこいのが取り柄の私ですから、恐らく来年以降も私からの年賀状を手にされることと思います。

    そんな時はとんだ変わったやつと年賀状の交換を始めてしまったものだとご自分の不運を嘆かれて下さい。どうもご愁傷様です。

     

    婚活やのおじちゃんこと

                   哲    

                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

    ※ 次回は12月30日(月)の更新を予定していますので最後の最後までどうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM