勿体ないことはやめましょう

0

    10月も終わり、早や11月に突入しようとしています。

     

    朝の散歩がだんだんしんどくなってきました。

    毎朝5時半過ぎになると起床の合図たる目覚まし時計がけたたましい音で『散歩の時間だぞ、早く起きろ!』と合図してきます。

    ちょうどよい具合に暖まった布団から抜け出すのが厭で、こういう時だけは『雨でも降っててくれないかなあ』と祈りながらカーテンを開けます。一通り見まわして雨が降ってないと分かっていても、さらに念のためにとガラス戸を開けて腕を外に差し出してチェックします。

     

    しかし、無情にもそういう時に限って?今まさに明けようとしている東の空は茜色に染まっていて一片の雲もありません。見事なまでの快晴です。

    あ〜ぁ、晴かあ”とそこでようやく諦めて渋々洗面所に降りて行って顔を洗います。

    本来でしたら私の好きな『晴の日』になったわけですから喜ぶべきところなんでしょうけど、心身ともにきつい時はついつい雨が降るのを期待してしまいます。何かあるとすぐに何かにかこつけてはさぼろう、さぼろうとする悪い癖。全く困ったものです。

     

    ところで以前のブログで書きました通り、9月は北海道の利尻島・礼文島に行くはずでしたが大地震と台風のため行くことができないままとなっていました。

    それならばと秋の自然の素晴らしさを満喫しようということで10月に東北〜長野・新潟あたりを散策してこようと思っていましたが、上〜中旬にかけては強い台風に見舞われたこともあってお流れ。

    下旬はお陰様で新規のお客様に沢山きていただきましたので、そのこと自体は大変有難いことで大喜びでしたが、私の旅についてはこれまたお流れ!

     

    そんなこんなで旅行に関していいますと、今年は秋の散策を一度も実行に移せぬまま…で10月の終わりまできてしまいました。

    しかし、まだ11月はこれからですし、西日本の紅葉もこれからです。

    決して諦めることはないわけであって、11月になったら今度ばかりは前もってスケジュールをきちんと立てて日本の秋を充分に楽しんでこようと思っているところではありますが、これもまたどうなりますことやら…

     

    ここで話は変わりますが、この10月、お陰様でエントリーの入会者数は結構順調でした。

    入会者を男女別にみますと、女性に比べ男性の入会者数の伸びが大きいという点が特徴として挙げられます。

    また全国的に統計データみても会員数は男性に比べ女性の会員数の方が多いという結果がでていますので、この10月、エントリーで男性会員数が多かったという事実は私としましては男女会員総数のバランスの面からしてもよい傾向だと思って喜んでいます。

     

    また、12月2日にはクリスマスお見合いパーティーを行います。

    男女を同数ずつ集めるというのはなかなか大変ですが、新入会員の方には特別な事情でもない限りは男女とも積極的に参加していただこうと思っていますので、何とかバランスの取れたパーティーになるのではないかと期待しているところです。

     

    また、エントリーにはずっと以前に両親に勧められて入会はしたものの、自らはほとんど婚活らしい婚活はしてこられなかったというような会員さんも少なからずおられます。

    そういった方達に対してはこれまでもパーティーをする毎に案内状を送るなどして何度も活動されるよう働きかけてきましたが、それでも皆さん腰が重くてなかなか簡単に動きだそうとはしてもらえませんでした。

     

    ところが最近になってその中の一部の方から『今後の活動をどうしていったらよいかということについて改めて相談に乗ってほしい』という連絡があり、エントリーまで来られた方が数名おられました。その方を取り巻く環境 orその方の結婚ということに対する 気持ちに何らかの変化が起きたからでしょうが、前向きになられたという点で私達としましては大歓迎です。

    新規入会の方たちに加え、再活動の方をも加えることができるようになるとパーティーは勿論、通常のお見合いもますます盛り上がりますし、カップルが増えていく可能性もひろがっていくわけですから、私達としましては今の流れを途切れさせないようにフォローしていかなければならないと思っているところです。

     

    会員さんの中にはせっかく入会金を払って入ってこられたのにも拘わらず何もしないままで会員期間が満了し、そのまま辞めていかれた方もおられます。勿体ない…

    入会された時点では、このまま何もしないまま手をこまねいて見ているだけだったら一生結婚できないかもしれないという危機感を持っておられたからこそ入会してこられた方が大部分の筈です。

    結婚相談所に入会することが目的だったのではなく、そこでしっかりと婚活して将来の良きパートナーを見つけるのが目的だったのではないのでしょうか?

    それが1〜2度お見合いを申込み、その結果がダメだったからということで自信をなくしてまって『もう婚活なんてしたくない』と開き直ってそのあとは何もしない…そんな方も結構おられました。何て勿体ない…

     

    基本的にプロフィールを出すだけで申し込みが沢山殺到するようなことは一部の特別な方を除いてはほとんど期待できません。

    従いまして何もしなかったらご縁のつながりようがありません。中にはご自分のプロフィールさえ『知ってる人に見られると嫌だから…』と言って掲載を拒否する方もおられます。全くもって何を考えておられるんでしょう?婚活しようと思われたからこそ結婚相談所に入られたのではないでしょうか?

    自分で見つけようという努力も中途半端、だからといって自分をみつけてもらおうという努力も中途半端…

    そういうことを見聞きする度に『この人は本気で結婚したいと思っておられるのだろうか?』と私には不思議に思えてなりません。勿体ない話です。

     

    このような傾向は、『本気で且つ真剣に婚活してきておられたらとっくに結婚が決まっていたであろう…にと思われるような条件のそろった方』に結構多く見受けられがちです。ご自分に自信があるが故にそうなられたのかもしれませんがもっともっと若い頃だったらともかく時間は待っていてはくれません。そういう方はもう少し現実を直視される必要があるのではないでしょうか?

     

    実際問題として過去にエントリーでも何人かそういう方にお会いしたことがあります。

    そのような人達の中で私たちに相談にこられた人も何人かおられました。

    そういう時は私たちもその人の立場にたって過去の事例も交えながら真剣にアドバイスしました。

    アドバイスを終えるとその時は確かに納得できたような晴れ晴れとした感じで帰っていかれるのですが、次に訪ねてこられた時には以前と大して変わっておられなかったのをみてガッカリしたこともあります。

     

    ということは『テーマがそうそう簡単に解決できるような問題ではない』ということもあるかと思います。

    また、それとともにそのことは取りも直さず『かくいう私にもまだまだ勉強する余地が沢山あるということなんだな』と反省したところでした。

    誰に限らず自分の未熟さを思い知らされたような時は、それを改善するためにはどういうことをしなければならないかということを真剣に考えそれを実行に移さないといけないということではないでしょうか?私も自分の未熟さをそれなりに自覚しているつもりですので、これからはもっともっと学習し、改善していくための努力を続けていこうと思っています。

     

    婚活やのおじちゃんこと

                  

                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    ※今回は少々辛口の文章になってしまいましたが、必要だと思いましたのであえて書かせていただきました。      

     次回は11月10日(土)を目処に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM