お見合いパーティーを振り返る

0

    8月に入ったばかりというのに8月7日は早や立秋!暦の上では秋ということになってしまいましたが、日本列島では立秋を過ぎて以降も40℃を超える危険な暑さのところが何か所も見受けられます。

     

    宮崎も33℃前後の日が続き、私などはクルマでちょっと外に出るだけでもその暑さに圧倒されてしまうような暑い日が続いていますが、埼玉や岐阜、愛知、京都、大阪等が39℃〜41℃前後で推移しているのをみると宮崎の33℃前後なんてのは可愛いもの。

    南国といわれている沖縄や宮崎の方が気温が低いのはどうしてだろう?と不思議に思ってしまいますが、理屈はともかくいずれにしても宮崎ってなんて住みやすいところなんだろうと思ってしまいます。 

     

    ところが、そんなに安心してばかりもおれないよという警鐘のつもりか?台風12号が通常のコースと違って東から西というように逆走して更にはそれが南下して宮崎の近くでくるりと一回転してから西の方に去っていきました。

    全く異常気象が相次いで起こっていますので気を休めている暇はありません。

    その後に発生した台風13号はこれは宮崎にとっては幸いにも関東の太平洋岸を掠めていくので影響はないみたいですが、そのあと14号が続いていてこれは宮崎にも影響があるかも?といった予報が出ています。

    早く台風の季節も終わりを告げて早く消失していってほしいものだと思っているところですが、現実にはこちらの都合の良いようにはいかないみたいですね。困ったことです。

     

    話は変わって次には前回のブログでお約束した通り7月29日に開催したエントリーお見合いハローパーティーについてその実施結果を報告させていただきます。

    参加人数は最終的には男性15名・女性14名の合計29名でした。途中経過では女性も15名でしたのでぴったし30名ということで狙い通りと喜んでいたのですが、女性で一人の方がどうしても出勤しなければならなくなったとかで男性の方に一人分だけ迷惑をかけることになってしまいました。

     

    出来たカップル数は5組(10人)!もう少し沢山のカップルができるのではないかと期待していたのですがなかなか思惑通りにはいかないものですね。

     

    それでもカップルになられた方達につきましては年齢的にも性格的にもかなりお似合いだと思われる組み合わせでしたので、成婚退会まで行く確率はかなり高いのではないかと期待しているところです。

     

    お見合いパーティーというのは会員さん達への最初の開催案内から終了後の結果報告までかなりのエネルギーを使いますので主催者である私達としましては結構大変ですが、これを開くことによって毎回必ずなんらかの良い結果が生まれてきていますので、これからあとも会員さん達の状況をみながらやり続けていこうと思っています。

     

    会員さん達にも一つだけお願い。

    たまたまご自分が参加されたパーティーでご自分の思い通りの結果にならなかった方につきましては、参加されたその一度だけでパーティーというもの全般を判断するのはやめるようにしてはどうでしょう?

    同じパーティーでうまくいったカップルもいるわけですし、その時の参加者如何で結果は変わってくるものです。

    今後のパーティーで、いつあなたにピッタリの方があらわれるかはやってみないとわかりません。

    その時こそは自分も成婚退会に結びつけられるよう頑張るぞというプラス思考で積極的にパーティーを利用していかれたら良いのではないかと思いますが... 何もしなかったら何も生まれませんからね。

     

    最後に...

    7月から8月初めにかけてご自分のお子さんの婚活について非常に心配しておられる親御さんが新規の方を含めて3人ほどエントリーに相談にこられました。

    親御さんとしてはお子さんの年齢を考慮されてご自分の子供は果たして結婚できるんだろうか?ということを非常に心配しておられました。特に女性のお子さんをお持ちの場合は出産年齢ということが絡んできますので余計その傾向は強いように思います。

     

    私達は同じような年齢の沢山の会員さん達の動向を沢山みてきていますから『そこまで心配されなくても大丈夫ですよ』と思う方から『確かに今のままだと難しいかもしれませんね』という方までいろいろありました。

     

    心配されなくても大丈夫と思うお子さんの場合はお子さんが自分はどういう人と結婚したいかということを自覚しておられるとともに自分の婚活市場における『価値』というものをご自分なりに把握しておられます。

    難しいと思う場合は、お子さんご自身のご自分に対する『過大評価』、若しくは親御さんのお子さんを愛されるが故の『望みすぎ』、これが結婚というものを難しくしているように思います。

     

    訪ねてこられた親御さんに対してはそのことをさりげなく申し上げるのですが、どの程度分かっていただけたかは疑問です。

    結婚するのは『お子さん自身』である筈なのに親御さん自らが『相手の人は大卒でなければだめ』とか『宮崎の人でなければ駄目』とか『高収入・高身長の人でなければ駄目』とかいろんな条件をつけ、自ら門戸を狭くしてより結婚をより難しくしていってしまうということもよくみられる傾向です。

    親御さんはお子さんに対して期待、希望を抱き過ぎず、お子さんは自分のことを過大評価しないでありのままの自分を正しく評価してそれに基づいてお相手選びをしていかれたら結婚というものもそんなに難しいものではなくなってくるのではないでしょうか?

     

     婚活やのおじちゃんこと

                    

                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)  

     

     

     ※次回は8月20日前後を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM