荒れ模様

0

    今年の7月は出だしから各地で大きなニュースが世界中を席巻しています。

     

    先ずお膝もとの日本からいきますと、本州付近に停滞する前線の影響で西日本を中心に記録的な大雨が降り続き大きな災害を惹き起こしています。

    特に福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、岐阜、愛媛、高知の8府県に対しては『生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある』として大雨特別警報が出たほど...   

    実際に発生している被害の方も甚大なものがあり、多くの死傷者・行方不明者が出ていますし、家屋の倒壊や道路・橋梁等の損壊が広範囲に亘ってみられTVで映像が流れるたびにその悲惨さに心が痛みます。 

     

    それも数十年に一度という位の規模の大雨があちこちで降り続くわけですから全くもってたまったものじゃありません。

    今回の災害に影響大とされる台風7号の情報が発表された時点ではそんなに大きい台風とは予報されていなかったように思いますのでそれが梅雨前線等と相俟って長期間にわたりこんなに大きな災害を引き起こすようなことになろうとは夢にも思っていませんでした。

    そんなわけで私も最初のうちはどうせ大したことはないだろう位にしか考えていませんでしたし、宮崎市も我が家も実際に予想通り殆ど大きな被害は無し。

    それがTVでその実態を知らされるたびに『えー、こんなに大きい被害が出るのか〜』とビックリするくらいの被害の大きさには驚かされることばかり!

     

    被害に遭われた方達につきましては、気象庁からは途中から何度も警告が出されていた筈なのにどうしてもっと早く逃げようとされなかったんだろうと不憫に思えてなりません。

    また、逃げようにもどうしようもなかった方達も沢山おられるみたいでこの方たちについても本当にお気の毒としかいいようがありません。

    これを自分の立場に置き換えて考えてみますと、すっかり“よだきんぼ”になってしまっている現在の私では『自分ところは大丈夫だろう』と何の根拠もないのに勝手に決め込んで我が家を動かなかったであろうような気がします。それでいて実際に押し寄せてきた洪水をみて大慌て!

    これじゃ助かる筈がないですよね。

     

    もはや『かっての異常事態』が『現代では異常ではなくなってきている』という現実を再認識して、身の危険が感じられたら早急に自分なりに手をうたなければ取返しのつかないことになるということを改めて肝に銘じた次第です。

     

     

    といったところで日本に関する話題をもう一件。

    法務省は7月6日、1989年の坂本堤弁護士一家殺害、94〜95年の松本・地下鉄両サリンなど一連のオウム真理教事件の首謀者として殺人罪などで死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を東京、大阪など4か所の拘置所で執行したそうです。

    オウムの一連の事件では13人の死刑が確定していますが、刑が執行されたのは初めてとのこと。

     

    松本死刑囚の死刑が確定してからすでに12年近くが経過しています。これだけの重罪を犯し、死刑が確定していながらその刑が執行されないのは何故か?と不思議でなりませんでしたが、この度ようやく刑が執行されたことで私としましては『当たり前だろう』という気持ちでいっぱいというのが本音です。

     

    勿論宗教がらみの犯罪につきその後の影響を考慮しますとそんなに、簡単なものではないであろうことは充分察しはつきます。

    しかし、日本の刑事訴訟法では死刑が確定してから半年以内の執行を定めています。それなのに何故?

    今回の死刑執行を機に松本死刑囚が『神格化』され信者らの活動が先鋭化するのではないか?との懸念もあるそうです。だからといって死刑の執行を遅らせてよいということにはつながらない筈。

     

    カルト的、狂信的な考え方はインターネットを通じて格段に拡散しやすい時代になっています。

    第二のオウムは絶対に生み出さない!その認識を社会全体で共有することが何よりも大切なのではないでしょうか?

     

     

    といったところで話変わって今度は全世界に跨るロシアで行われたワールド杯サッカーについて。

    日本は優勝候補の一角ベルギーに対して2対3というもう少し頑張れば世紀の大逆転劇という大善戦を展開しました。

    一時はひょっとすると勝利するのかもといったところまで追い込みましたのでこの試合に関してはその前の試合の時のようなフラストレーションはたまりませんでしたがいずれにしても負けは負け。

    これでスポーツに関する楽しはがなくなったな〜。この後はどうしたものかと思っていましたら大谷翔平君が打者としては復帰できるとかで楽しみが戻ってきました。

    それでも投手としての復帰はまだ時間がかかりそうとのこと...当分の間は中途半端な気持ちではありますが、毎朝TVの番組表欄に『大谷翔平出場予定』という細かい文字がないかどうかをチェックすることに精を出します。それだけでも今の私にとりましては大きな喜びで御の字です。


    最後はタイでサッカー少年たちが洞窟に閉じ込められその救出をめぐって世界各地から救出の手が差し伸べられた話。このブログを書いている時点では4人の少年が救出されたとのこと。あとは残る9人が無事救出されることを祈るのみ!

    7月は上旬の間にいろんな大きな出来事がことがありました。大きな荒れ模様の7月上旬ですが、これから先はその分がハッピーな出来事でカバーされることを祈るのみですね。

     

    婚活やのおじちゃんこと

                    

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    ※次回は7月20日を目途に更新したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM