お見合いパーティーで注意したい点

0

    暖かい日が続いたかと思うと一転, 急に寒い平年並みに戻ったりと相も変らぬ落ち着かない日がつづきます。それでも20度を超える日が天気情報で告げられると三寒四温ももう終盤、冬は本格的に終焉を迎えつつあるのではないかという気になります。

     

    私は仕事の性格上ウオーキングというか散歩というかの中途半端な時以外は余り外にでることがありませんので、暑かろうが寒かろうがエアコンという文明の利器に守られて自然の厳しさを直接肌に感じることは滅多にありません。

     

    もともとの私は屋外派で家の中でじっとしておれない活動人間だったのですが、こういう生活が長く続いていますので体の方はなまりきってきています。

    お腹周りは以前に較べプックラコンと稀勢の里並みに大きく膨らんできました。困ったことです。

     

    お陰で最近はまだ40着ほど残っているスーツのズボンの殆どがはけなくなってしまいました。

    その為今回のお見合いパーティーの時は会員の皆さんには『スーツ着用でお願いします』などとお願いしておきながら当の私自身はブレザーに最近買った太目用のズボンを穿(は)いてやっと間に合わせるという誠にみっともない様をおみせすることになりました。

    どうしたらよいかは分かっているのですが、最近は例の“よだきい病”がどっかりと私の中に棲みついてしまいまして実行に移そうという気がおきません。

     

    それでもスーツが着れなくなるというのは外見的にも経済的にも結構影響が大きいので、最近になって少しづつ本気でダイエットに取り組み始めました。本気になるとそれなりに行動力はある方なので1〜2か月で元にもどるのではないか?と期待しているところですがどうなりますことやら...

     

    ところでそのお見合いパーティーですが、今回は3月4日にいつもの通り宮崎観光ホテルで開催しました。

    参加者数は期待していた30名前後という目標には残念ながら到達しませんでしたが、それでもウチのオクサンの奮闘もありまして20名以上の参加者があり何とか4組(8名)のカップルが誕生しました。

     

    期待していたカップル数からしますと若干の物足りなさはありましたが、参加者数の割にはまあまあの成果かなと思っています。

    今回は私が同窓会の幹事や別の作業に大きく時間をとられてしまいましたので、それまで殆ど私が作成していたパーティー関連資料は今回は殆ど全部オクサンの方に丸投げという状態になってしまいました。

    オクサンが頑張ってこれまでの資料を参考にしながらその殆どを一人で対応してくれましたので私としましては大変助かりました。

     

    それにしても毎回パーティーを開いて思うのですが同じ会費を払って参加されるのに、積極的に動かれる方とそうでない方とが今回もみられ、両者の間では結果に大きな差が出てきました。

    毎回パーティー終了後、気になった方に対してはパーティーに対する取り組み方や注意したほうが良い点について後日来られた時や電話でお話した時などにアドバイスするようにしています。

    そういう方はお話すると理屈としては直ぐに理解していただけるようですが、それを実行に移す段になるとどうしも行動が伴わないという方が結構多く見受けられます。

     

    確かに口で言うのは簡単ですが、自分でそれを実行に移すとなると確かに容易なことではないですよね。一度聞いたくらいではなかなか直せることではありません。だからといってそういう方は同じように何度もアドバイスされることは好まれません。

    難しいところですが、そこを乗り越えないとなかなか道は開けてこないんですけどね。どうしたものでしょう?

     

    しかし、そういう人でも何回もパーティーに参加したりお見合いを繰り返すなどして場数(ばかず)をこなしていくうちにこれが徐々に改善されていき、何回目かにはカップルになっていかれる方も結構おられます。

    その反対に、何度パーティーに参加したりお見合いを繰り返しても、残念ながら結果が全く変わらない方もおられます。それはいったい何故でしょう?

     

    私なりにこれまで沢山の実例をみながら思うには、うまくいった人の場合はうまくいかなかった時に『自分としては自分なりに十分釣り合ってると判断して申し込んだのに相手の方から断られたのは何故だろう?何が悪かったんだろう?どこに判断ミスがあったんだろう?』等と振り返られます。

    悔しまぎれに『単に相手の人に見る目がなかったからではないんだろうか?』…と誰しもが思いたいものです。

     

    ところがもっと謙虚な人は『自分にどこか足りない点があったんだろうか?』『ひょっとして身の程知らずで自分には不釣り合いな人に申し込んだから断られたのではないか?』等と考えられます。

    そして次には『それではいったいどこが?何が?どう不釣り合いだったのか?』と考えられます。

    こうやってつきつめていくことは自分にとっては決して愉快な事ではありません。

    しかし、エントリーの場合はこういう過程をふんでいった人ほど早く良い結果に到達していかれたように思います。

     

    今回その中の一人の方がカップルになられました。それまで何度申し込んでも断られ続けた人です。ご本人は勿論、私達も非常に喜んでいます。

    その人は今回選択の基準を変えられました。『具体的』且つ『端的』にいうと『若くてルックスの良い人』という基準から『年齢は少々上でも人間的に魅力のある人』に変えられたということです。選考基準の優先順位の変更!私は正解だと思っています。 

    私たちはその方が間違いなくゴールまでたどり着けるようこれからも肌理(キメ)細かくフォローしていこうと思っています。

     

    最後に今日(3月8日)嬉しい電話がありました。

    3年半ほど前に成婚退会されたカップルから今年の11月に出産予定という内容の電話でした。

    妊娠が分かったのは3回目の結婚記念日3月7日の前々日、3月5日だったとのこと。

    お二人とも非常にお子さんを欲しがっておられましたので大変喜んでおられました。良かったです、本当に...。

    私達のことを忘れずにこうやってお電話を戴いたことに私達も自分の子供からの吉報のように幸せな気持ちになりました。

    11月が出産予定だそうですが、赤ちゃんが誕生したらすぐに知らせて下さいね。元気で丈夫な赤ちゃんを産んで下さい。吉報有難うございました。

     

     

    婚活やの親父こと

                

                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

     

     

     

     

     

     

    ※次回は3月20日(火)に更新予定です。どうぞよろしくお願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM