年間出生数90万人を割り込む

0

    全世界的に温暖化現象の進展によりオーストラリアでは大規模な火災が発生し6ヶ月たった現在でも鎮火していません。

    コアラ他沢山の動物が焼死したり、多くの人家にも被害は拡大しています。

    日本でも温暖化現象により雪が降らず、各地のスキー場などでは死活問題としてその対策に追われているようですが降雪機を使って雪を降らせるにしてもコストを考慮すると、とてもじゃないけどそう簡単に雪を降らせることもできません。

    温暖化対策というのはわが国としても国を挙げてとりくまなければならない大きな課題の一つなんでしょうね。

     

    幸いにも宮崎に住む私としましては雪の降る降らないには関係ない生活を送らせてもらっています。

    しかしそうはいっても冬はやはり寒いです。私などは何をするにつけてもエアコンがなければ動きがとれない状況です。

    我が家の愛鳥のショウタローは元来寒さに弱い筈なのに、ケロっとして元気に家の中を飛び回っています。

    寒い寒いといって震えあがっているのは私くらいのようで、我が家の逞しいオクサンは朝早くからバリバリと家事や仕事に精を出しています。情けないなと自嘲しながらも我が家でいちばんの弱虫はどうやら私なのかもしれません。

     

    ところで、ようやく年末年始のドタバタからも解放されましたで、来年度以降に備えて年賀状の住所が変わった方などのメンテナンスにも手をつけることができました。

    いろんな方からいただいた年賀状をみていくと、会員さんのOBの方の中には14年位年賀状のやりとりを続けさしてもらってる方さんも何人かおられました。お子さんも大分大きくなっており上は中学生のお子さんがいる方もおられたり、多士済々です。

    これらのお子さんたちの誕生〜成長にはわがエントリーも絡ませてもらっているんだなと思うと嬉しくなります。

    成婚退会していかれた方達が、今も家族仲良く暮らしておられる様を年賀状を通してうかがい知ることができるとほんとにハッピーです。

    勿論、結婚生活というのは常にハッピーとは限りません。山あり谷ありいろんなことがあるかと思いますが、プラス思考で乗り切って行っていただければと思っています。

     

    話変わって総務省が発表した『統計が語る平成のあゆみ』から改めて平成の30年間で世の中がどのように変化していったのかをみると、平成初めから20年、人口は増加を続けますが、その裏で高齢化が進み、平成30年には65歳の割合が約30%まで上昇しています。

    まさに、平成は少子高齢化が進行した時代といえます。

    未婚率についても平成の30年間で上昇を続け、未婚化が進んだ時代でもありました。

    しかし平成22〜27年で上昇の鈍化がみられますので、令和での今後の調査結果が待たれるところです。

     

    また、昨年内閣府が実施した『少子化社会対策に関する意識調査』では調査対象の20〜49歳の未婚男女のうち約75%がいずれ結婚したいと考えていながらも、相手を探すためには特に何もしていないという方が男性では約70%、女性も50%以上という結果になっていました。

    わが国は結婚を希望しながら現在も未婚という方が多いということが分かります。

     

    また、昨年末に厚生労働省が2019年の人口動態統計年間推計を発表しました。

    それによると出生数は遂に86万4千人と90万人を割り込む予測となっています。

    今年2月頃にはより正確な数が発表される見通しですが、近年は推計より実数が下回る傾向にあるので、86万4千人よりさらに少ない出生数となる見通しとのこと。

     

    また、国立社会保障・人口問題研究所による将来人口推計は、出生数が90万人を割り込むというのは2021年という予想でしたが、この結果はそれよりも2年早く、予想よりも少子化・人口減が進んでいる状況にあるといえるのだそうです。

     

     

    最後に、1月20日には男女ともエントリーの会員さんというカップルが成婚退会報告にこられることになっています。その詳細につきましては次号でお知らせ致しますので『乞う、ご期待!』

     

     

    婚活やのおじちゃんこと

                   

               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)          

       

    ※次回は1月31日(金)の更新を予定していますのでどうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    令和2年、明けましておめでとうございます。

    0

      絶好の快晴のもと、令和2年が幕をあけました。

      アメリカのトランプなる馬鹿大統領のおかげでイランとの間のトラブルは激化する一方!

      非常に物騒な気配が漂ってきていますが、とにかく戦争にだけはならないで済むような平穏な年の明けということになって欲しいと心から願う次第です。

       

      私の方は私の姪(めい)の義理の母親になる方が4日の夜遅くに亡くなられたので、寂しいお正月を迎えることになりました。

      お萩をつくるのが非常に上手な方で、私はいつも食べさせてもらっては玄人はだしのそのおいしさに舌鼓を打たせてもらってきたものです。

      享年88歳だったかと思いますが、優しくて記憶力のしっかりした非常に良く出来た方でした。心からご冥福をお祈り致します。

       

      ところで話は変わりますが、今年のお正月も我が家は沢山の年賀状を頂戴することができました。

      私が出した方からはその殆どの方から年賀状が返ってきていました。

      エントリーの会員さんからもたくさん頂戴しました。会員さんからの分は毎年増える一方でメンテナンスがそれなりに大変です。

      お二人の新居の住所を登録していなかった分については賀状を送れなかったため慌てて買い足して新住所に送付しました。

       

      また、ここ2〜3年は『年賀仕舞い』とかいって年賀状離れが進んでいるとかいうニュースが飛び交っています。

      私の方にはどんな影響があるのかな?と気にしていましたが、私の方は200通以上もらった中でそういう内容の年賀状はたった2通だけでした。

       

      私の方からそろそろ中止したいのだが…と思うような人については、これまでの間に徐々に整理してきましたので現時点ではこちらからやめたいと思うような人はごく僅かしか残っていません。

      おまけに『年賀仕舞い』なるものは貰って気持ちの良いものでものではありません。

      確かに何の連絡もなくいきなりやめてしまって『どうしたんだろう?』と心配させるよりかは礼にかなっているし良いことといえるのかもしれませんが、私は人と人との交流というのは何物にも代え難い大切な宝物だと理解しています。

      従いましてそんな大切な宝物を自分からあっさりと捨て去ってしまうほど私は気前よくありません。

      というような考え方のもと、これからも少なくとも私の方から『年賀仕舞い』なるものを出すつもりはありません。

       

      またまた話変わって2020年は東京オリンピックの年。最近はなにかと体を動かすのが億劫になってきている私としましては、混雑の中東京まで出かけて行って高い料金を払ってオリンピックを見に行こうなどという気持ちはおきません。

       

      TVで見ると特等席でのんびりと次から次に見たい番組だけを選んでみることができますし、観覧料は無料!

      いったい誰が混雑した遠い所を好き好んでわざわざ東京まで出かけていってまでみる必要があるのか?と思ってしまいますが、こういう考え方になること自体が人生が終わりに近づいたことを示す何よりの証…?情けない話です。

       

      本日以降考え方を改めることにします。ウチのオクサンは『私は東京に行って会場でオリンピックをみたい』とはっきりいいます。

      実年齢も大分離れていますが、考え方はそれ以上にもっともっと離れてきているみたいです。これじゃアキマヘン!

      実現できるかどうかは分かりませんが、チャンスがあったら会場の入場券を買い求めて二人で出かけてみようかな?なんて思ったりしています

      オクサンに話してみましたら今頃の時期になって何いってるの?と、はなっからばかにされてしまいましたがどうなりますことやら…

       

      ということで2020年の第一回目が幕を開けました。私としましては本年も昨年と同じようなサイクルで回していけたらと思っています。ご意見アドバイス等ございましたら忌憚なくご指摘いただければと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

       

       

       

       

      婚活やのおじちゃんこと

       

                    

                          (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

       

      ※次回は1月20日(月)頃の更新を考えています。昨年で懲りておられませんでしたら本年もお付き合い頂けましたら幸いです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      令和元年最後までお付き合い頂いて有難うございました。

      0

        令和元年のクリスマスも終わりました。

        デパートや一番街などに出かけるとクリスマスソングやツリーなどの美しい飾りつけがいっぱいで私達の目を充分に楽しませてくれました。

        何年か前まではウチのオクサンと二人で我が家もいろんなイルミネーションで飾りつけをして、近所の人たちがわざわざ見に来てくれる程だったのですが、残念ながら最近は体力の衰えによりケガの方が心配なためやめたままになっています。

        ご近所の方からは、今年はイルミネーションの飾りつけはしないんですか?という声が届いてきました。

        そのたびに何とかして再現しようと思ってきたのですが、高い脚立(きゃたつ)を使って屋根に上っての作業については、正直自信がなくなりました。

        お陰でせっかくそれなりのお金を使って買い込んだイルミネーションは倉庫の隅に眠ったまま…、このままでは勿体ないので、来年からは近所に住む親戚に譲ってバトンタッチしようかなどと考えているところです。

        そしてこれからあとはお正月目指して一直線!何かと気忙(きぜわ)しい歳末の喧騒の世界に巻き込まれそうです。

         

        大掃除やおせちの準備等忙しい仕事が待っていますが、料理の方はオクサン任せなので、私は大掃除の方に精を出さなければなりません。仕事の方も年末ギリギリまで予約が入っています。今年もまたまた何やかにやで結構忙しい年末になりそうです。

         

        年賀状の方は大仕事でしたが、25日にようやく全部書き上げました。

        ソフトが去年まで使っていたのに比べ大分変わっていて操作の仕方に大いに手間取ってしまい、作り上げるのに相当時間をとられてしまいました。

        最近の私は、面倒くさい作業につきましては最初からやる気がおきずお手上げ状態でしたが、ウチのオクサンがウエブに強く一人でしっかりと対応してくれましたので私としましては大助かり。

        購入した枚数が沢山だったうえに、印刷ミスがあったりするので大分買い足したり苦労しましたが、取り合えず今のところは何とか帳尻を合わせることが出来ました。

         

        ところで、昨日、今年の8月に成婚退会された女性会員さんから嬉しいメールが届きました。

        エントリーのお見合いパーティで出会った男性会員さんとカップルになり、その後もお付き合いが続いていましたが、無事に結婚する運びになったとのこと。
        来月両家の顔合わせをし、令和2年2月2日に入籍されるそうです。
        思いもよらぬ素敵な出会いで本当に感謝しております。また遊びに伺わせてください。取り急ぎメールで申し訳ありませんが、ご報告させていただきます』とのことでした。
        成婚退会されたあともこのような暖かいメールをくださるということに私はいたく感動を覚えました。
        お見合いパーティーがそもそものお二人の出会いでした。お二人の出会いにつきましては丁度その頃書いたブログでも紹介しましたように、最初お二人はパーティーは苦手だからということで参加を見合わせておられました。
        それを私達夫婦が人数合わせの関係もありましたが、強引に口説き落とした結果が今回の結婚に繋がったという次第。良かったです。本当に… 
        面白いことに今回のお二人のように、最初の内はお見合いパーティーには参加したくないといっておられた方が、私達の説得を受け参加されて結果的には見事にカップルになられたケースはこれまでに何組もあります。
        それらのケースについてはこれまでの私のブログの中で、何度も紹介してきましたのでかなりの方がご存知かと思いますが…
        何事に限らず良いと思われるものは、単に苦手だからといった理由でやる前から拒否するのではなくから、先ずはトライしてみることが大事だという好事例かと思います。いずれにしましても私達夫婦としましてはその結果がこのように素晴らしいカップル誕生につながったということは大満足です。
        といったような感じで令和元年とももう少しでお別れというところまで来ました。
        山あり、谷ありの一年間でしたが総じて振り返ってみますと、お陰様で仕事の方も比較的順調で、健康面でも坐骨神経痛などで痛い思いはしていますが、それ以外は大病を患うこともなかったので、まずまずの一年間だったといってよいのではないかと思います。
        令和二年も今年以上に良い年となるよう頑張っていきたいと思います
        それではエントリーの会員さん及びそのご家族の皆様の今後ますますのご発展とご健勝を祈念して今年の締めとさせていただきます。ゴ〜ン

         

        婚活やのおじちゃんこと

                      哲

                              (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

         

         

        ※年が明けての第一回目は、本年同様10日サイクルで回していきたいと思っておりますので1月10日(金)を目処としたいと考えております。令和2年も本年同様どうぞ宜しくお願い致します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        今年はあと一回で〜す

        0

          12月というのに結構暖かい日が続いています。

          今年の冬は暖冬という予報が出ていましたが、少なくとも現在までのところをみると確かに冬にしては暖かい日が続いています。

          私としましては大歓迎!

          後はこれがいつまで続くかが問題ですが、いずれにしてもそうひどい寒さにはならないことを期待する次第です。

           

          プロ野球がまだ始まらないのが私達夫婦にとりましては寂しき限りです。

          それでも毎日、我らが翔平君に関するニュースが出ていないかをネットで検索しています。今のところは手術の痕も順調に快方に向かっているようなので、このままアクシデントもなく来シーズンに突入することをひたすら祈っている次第です。

           

          卓球やバドミントンなども日本人選手が頑張っているようなので興味をもってみてはいますが、翔平君の活躍に対する興味には遠く及びません。

          それに佐々木朗希君というスーパースターも出現していますので、早くキャンプシーズンに突入してくれないかなあと首を長くして待っているところです。

           

          それはそうと婚活関連について思っていることを一言。

          クリスマスが近づいているせいもあってか、エントリーでも最近はお見合いの数がグンと目に見えて増えてきています。

          このこと自体は非常に嬉しく有難いことなんですが、それに比例して困っていることもあります。

          どういうことかといいますと、お見合いが終わったあとでは、その後お二人の交際を継続していくか、お見合い一回きりでその後のお付き合いについてはやめてしまうかのお返事を翌日のお昼までに頂戴することになっています。

          他の相談所については締め切り時間については別のルールを定めておられるところもあるようですが、そういう場合は事前に相談所間で調整を図っておくようになっています。

           

          しかし、残念なことに同じエントリーの会員さん同士の場合でもこの決まりを守って頂けない方がおられます。

          殆どの方の場合は相手の方をお待たせするのは申し訳ないというごく当たり前の常識的な判断に則って約束を守って頂いていますが、ごく一部の方の場合はルールにはお構いなく全くマイペースを貫かれる方もおられます。

          即ち、自分で結論を出せていない場合はその旨を私達に断ることもせず、自分の勝手な判断で自分の都合の良い時間まで勝手に締め切りの時間を延ばされます。時間を過ぎて私達から何度電話をしても電話に出てもらえません。

          電話に出てもらえないことには返事を催促したくても催促のしようがありません。何度か電話をしつこくかけたりメールを送っても反応はありません。

           

          私達としましては、ルール通りキチンと返答を返して頂いた方に対して申し訳ない思いでいっぱいなのですが、連絡がないのでもうしばらくお待ちくださいと謝るしかありません。そして面白いことにそういう方はその時一回切りということではなくその後も結構何度もあります。

           

          更に付け加えますとそういう人はそのあとようやく結論が出たような頃を見計らって電話がかかってきます。

          そしてそういう人はそのことを相手の方に対しても、私達にたいしても素直に謝ろうともされません。世の中には変わった人種の人間がいるものなんですね。

          ウチのオクサンは優しいので、滅多なことでもない限りそのことに対して強く責めるようなことはしません。

          私の場合は人間ができてないからでしょうか?一応遅れた理由を聞いてそれがその人の自分勝手な理由であった場合で且つ、反省の色が見えない場合には待たされた方の分も含めて結構きつく責めます。当然だと思っていますから…

          そのことが原因でその方から嫌われたとしても全く気にしません。

          私は自己中(ジコチュー)なる種族が大っ嫌いです。誰だって自分のことがいちばん可愛い筈です。

          私にも自己中心的な要素はまったくないんですか?と聞かれたら『勿論、そんなもの私には無いですよ』といいきるほど厚かましく鉄面皮でもないつもりですし、そして最低限度の常識と謙虚さくらいは持ち合わせているつもりです。

           

          私達はいつまでもお互いが相手に対する思いやりの精神を忘れないようなお付き合いを続けていきたいものですね。

          そうすれば婚活ももっともっと円滑に進めていくことができるようになるのではないでしょうか?

           

          ところで今年の年賀状のシーズンも始まってしまいました。今年も私は取り合えず200枚ちょっと買い込みました。

          私と年賀状を何年もやり取りしている人たちとの間では昨年あたりから年賀状終いというのでしょうか?『そろそろ今回あたりをもって年賀状のやり取りをお終いにしませんか?』という案内が来るようになりました。

           

          確かに毎年200枚を超す年賀状のやり取りを続けていくというのは億劫といえば億劫といえなくもありません。

          しかし、書くのは大変ですが、読んで旧(ふる)き良き友人たちの動向をしるというのは非常に大きな楽しみです。どこまで続くかわかりませんが、私としましては少なくとも現時点ではもうしばらくの間は年賀状の交換を続けていきたいと思っています。

          何せしつこいのが取り柄の私ですから、恐らく来年以降も私からの年賀状を手にされることと思います。

          そんな時はとんだ変わったやつと年賀状の交換を始めてしまったものだとご自分の不運を嘆かれて下さい。どうもご愁傷様です。

           

          婚活やのおじちゃんこと

                         哲    

                               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

           

          ※ 次回は12月30日(月)の更新を予定していますので最後の最後までどうぞ宜しくお願い致します。

           

           

           

           

           

           

           

           


          令和最初のクリスマスお見合いパーティー

          0

            とうとう師走に入り、既に何日か経ってしまいました。

            令和になって初めての師走というわけですが、時間の経過 の早いこと早いこと…全くもって驚いてしまいます。

             

            そのうちあっという間ににクリスマスがやってきて、そこでひと騒ぎしたと思ったら今度は直ぐに歳末商戦に突入し、そして今度は令和になって初めてのお正月を迎えるということになってしまいます。

             

            くるくる目が回りそうな展開ですが、お調子者の自分としましてはテレサテンの歌の歌詞ではありませんが…〽時の流れに身をま〜か〜せ〜…過ぎて、自分のペースを見失うことがないように気を付けなければなと気を引き締めているところです。

             

            そんな中、エントリーの12月は1日から大忙しの出足で始まりました。

            というのはこれまでブログで何度も紹介してきました通り、クリスマスお見合いパーティーを12月1日に開催したからです。

            ほんとに11月の後半からはパーティーの準備で忙殺されました。といってもいちばん時間をとられたのは人集め。

            進行等の準備につきましては10年以上やってますので苦労するこはないのですが、男女の参加メンバーにつきましてはそれぞれが10名以上で且つ同数、更にはできるだけ年齢層が近い会員層ということを目標としましたので結構大変でした。

             

            せっかく狙い通りのメンバーが集まったと思ってほっとしても次の日には風邪でダウンされた方や、仕事の関係でどうしても参加出来なくなった方などが数人現れてしまい大慌て。こちらとしましてはそれでいくら困ったとしても病気とか仕事の関係でキャンセルさせて欲しいとか言われると『それは困ります』とも撥(は)ねつけるわけにもいきません。

            不足した分を補うためあれこれいろんな方法を考えましたが、エントリーと同一系列に属する他相談所のご協力等により、最終的には何とか帳尻を合わせることだけが出来ました。

            非常に苦労しましたが何とか無事に開催までこぎつけることが出来ましたのでほっとしました。

             

            パーティーには毎度毎度つきものの風景ですが、実際にパーティーを運営していくより苦労します。

            今回は全体的に年齢は高めで比較的落ち着いた雰囲気の中で進んでいきました。

            今回のパーティーの特徴としては人気の集中する一番人気の人が男女とも各一人づつおられました。

            その結果交際希望を募る段になると男女とも一番人気の人たちに沢山の人たちからの申し込みが集中したため、第一希望同士で出来上がったカップルは残念ながら3組のみというこれまでにない少ない結果となってしまいました。

             

            それなりに力をいれて準備した割には、期待を下回る少ない結果で終わりましたので正直ガッカリしましたが、それでも第二希望同士という組み合わせも沢山ありましたし、第二希望と第三希望という組み合わせのところも結構みられました。

            パーティー終了後その人たちに結果を伝え、第一希望の人とは今回はマッチングしなかったけれど第二or第三希望の人から申し込みが入っている旨を伝えていきました。

            そうするとその方たちともう一度お会いしてから決断したいという人達が結構おられましたので、直ぐにお見合いの日程調整に入りました。

             

            これまでの例からいきますと、こういう場合は8割くらいはカップルが成立してきましたので,それからしますと最終的にはこれまで通りのカップル数ができるのではないかと期待しているところですが,果たしてどうなりますことやら…

             

             

             

             

             

            婚活やのおじちゃんこと

                             

                                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

             

             

            ※次回は12月20日の更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

             

             

             

             

             


            今年の晩秋…

            0

              先週まではずっと晴れの日が続いていたので気分も爽快だったのですが、今週になったら一転、雨の日の連続…

              北日本の方は大雪が降ったり大分寒そうですが、九州地方は寒さの点では何とか免れているみたいでその点だけは大助かり!

               

              それでも宮崎の平地にも紅葉前線は降りてきたみたいで、宮嵜西高の銀杏の葉も黄色く色づいてきてとてもきれいです。

              毎年この銀杏の黄色い葉を見るたびに今年の秋もそろそろ終わりに近づいてきたんだなあということを実感させられます。

              その内、西高の校庭が黄色く彩られ、それが北風に吹き飛ばされていって、そこから先は寒風吹きすさぶ冬の世界となっていくというわけですね…

              宮崎に帰ってきて15年ちょっとになりますが、その間ずっとこのパターンに慣れ親しんできました。

               

              ところで、先週から今週にかけては12月1日実施予定のパーティーの参加者集めで大変でした。毎度のことながら、ほんとにあちこちでお見合いパーティーが開かれるので最近はパーティーの案内状を送っても以前ほど参加人数が集まりません。

              おまけにエントリーとしてはただむやみやたらに人数だけ集めればよいというのではなく、男女の人数を合わせてできるだけお相手のいない人が出ないようにということに重点をおいて人集めをしていますので、余計大変です。

               

              今回は参加されるか否かの返事をメールで返事していただくだけでなく、私とウチのオクサンとで手分けして男女の人数を調整しながら電話攻勢をかけていきました。お陰様で26日現在、何とか男女の人数をピッタリ同じに合わせることができましたが、これまでのパーティーの例からしますと、毎回何らかのアクシデントが起きて人数にズレが生じてきていましたので、当日になってみないとハッキリしたことは分かりません。

              パーティー当日まではまだ日数もありますので、これから以降、新規に入会されてパーティーへの参加を希望される方については現状で良しとせず、パーティーへの参加を積極的に打診続けしてみようと思っています。勿論、当日までに必要資料が揃わなければご参加いただけないという制約はしっかりと守りますが…

               

              また、お陰様で今月は入会者数も今のところは男女のバランスがとれて順調です。

              これまでは、どちらかというと圧倒的に女性の方が多かったのですが、最近は男性の方の人数も増え、男女のバランスもとれるようになってきました。但し、月によってこの割合は変動しますので、なかなか調整が難しくて困っています。

               

              最後に、今月の28日は大宮高校の2年生と3年生のとき同級生だったS君を偲ぶ会があるとのことで、出席を打診する連絡がありました。

              葬儀の案内はきていなかったので出席できませんでしたが、故人になった彼はバスケット部のキャプテンで明るくてお人好しで誰からも好かれる好青年でした。

              私とは特に親しいという程の間柄ではありませんでしたが彼の訃報に接しますと非常に寂しい気持ちになりました。

              彼の奥さんも私とは同級生でしたので余計気の毒でなりません。死因とか詳しいことはまだ分かっていませんが、当日いろいろと聞かせてもらおうと思っています。

              いずれにせよ別れというのは寂しいものですね。

               

               婚活やのおじちゃんこと

                             哲

                                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

               

               

              ※次回は12月10日(火)に更新予定です。どうぞ宜しくお願い致します。

               

               

               

               

               

               


              また、成婚退会者が増えました

              0

                11月も半ばを過ぎますと、寒い!と感じられる日が大分増えてきました。

                北の方からは、紅葉の便りが寄せられています。宮崎の方まで紅葉前線が下りてくるのには今しばらく時間がかかりそうですが、私の一番大好きな季節につき今から楽しみでなりません。

                私の着ている服の方も知らず知らずのうちに半袖から長袖の厚手のものに変わってきています。

                 

                暑さにも寒さにも弱い軟弱な私としましては、これから先は一枚一枚と着る服が増えていくのだろうと覚悟し、タンスの中の冬物と夏物とをオクサンに頼んで全部入れ替えてもらった次第です。

                宮崎のたったこれくらいの寒さでオタオタするとは何とも情けない話。

                 

                現役時代東北の方に出向していた時には毎朝雪かきをやってましたし、氷点下の世界も日常茶飯事で体験していましたので寒さには免疫ができていたつもりだったのですが、歳をとってきますとやはり体力が衰えてくるものなんですね。

                せめて気力くらいはおとろえないように頑張っていこうと思っている次第です。

                 

                ところで11月16日はエントリーにとっては良い一日でした。

                新規入会者がお二人と、成婚カップルが一組卒業していかれました。有難い話です。

                新規入会者はいずれも男性。良いお相手が見つかるよう後押ししていかなければと思っている次第です。

                お二人ともとても感じの良い方でしたので私達が特に出しゃばる必要もないかなとは思っていますが、お二人が少しでも早く良いご縁に恵まれる為には、他の方たちと同じようにある程度の後押しは必要かなと思っているところです。

                 

                また、成婚退会のお二人は男性の方はご入会後4か月、女性の方は9か月ということでしたからいずれも早いタイミングでの成婚退会となりました。

                今年の成婚退会カップルは全体的にみて非常に早いタイミングの方が多かったように思います。

                今回のカップルの場合は慎重派であとで後悔することのないようにということで一か月延長されましたが、順調にハッピーエンドとなりましたのでよかったです。

                退会手続きにこられた彼女が特に美しく輝いていたのが印象的でした。以前は髪の毛が大分長かったそうですが、彼との婚約を機に思い切って短くされたとのこと。垢ぬけしていて非常によく似合っていました。

                お世辞を言うのが苦手な私ですが、ついつい『髪型がよく似合ってるねえ』と口走ってしまいました。

                 

                彼の方は非常にきちんとしていてどちらかというと無口な方ですので、プロポーズなどちゃんとできたのかなあと余計な心配をしていましたが、彼女が『きちんとプロポーズしてもらいました』と嬉しそうにいわれたのでほっとしました。

                どんなに照れ屋だろうが恥ずかしがり屋だろうが大切な決め言葉はキチンと言わなきゃダメですよね。彼女の話を聴いて『流石!』と改めて彼に対して感心しました。

                 

                彼の方は仕事が超忙しくてなかなか休みもとれない日が続いていますが、それでも二人が時間をやりくりして会った時は話が尽きず、いつもあっという間に時間が過ぎていってしまったそうです。

                彼の方はそんな風に忙しい毎日ですが、12月までには必ず彼女のご両親にご挨拶にいかれるそうです。

                彼だったらきっと彼女のご両親も安心されることでしょうし、喜ばれることと思っています。

                彼女も明るく魅力的で素敵な女性につき、彼のご両親のところへ挨拶に行かれたら、必ずや彼のご両親も喜ばれることは間違いなし!と信じている次第です。

                 

                このようにして今回もまた素敵なカップルが誕生しました。私達としましては喜ばしき限りです。

                これで今年も昨年実績を上回る成婚退会者をだすことができました。

                12月1日にはまたお見合いパーティーを開催します。お見合いパーティーを開くとこれまでも必ず結婚に繋がるカップルができていましたので、今回は何組できるかなあと今から楽しみにしているところです。

                パーティーの状況につきましては、来月10日前後のブログで紹介したいと思っておりますのでご期待下さい。

                 

                婚活やのおじちゃんこと

                               

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                 

                 

                ※次回は11月30日を目途に更新したいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

                 

                 

                 

                 

                 


                暦の上では冬です

                0

                  11月8日は立冬!暦の上では早や冬を迎えてしまいました。

                   

                  気温や風景的にはこれからが晩秋ということで私の一番大好きな季節となっていくわけですが、そのせいもあってか朝夕はほんのわずかではありますが肌寒さを感じるようになってきました。

                  9〜10月は日本列島が台風に襲われ関東を中心にあちこちが翻弄されましたので、その後始末で暑さがどうのこうのなどといっておれる状況ではなかったかと思います。それでも最近になってようやく台風の心配もなくなってきたような感じなので、ようやく本当の秋を敏感に感じとれるような季節になってきたみたいです。

                  とはいえ、被災された方々の場合はその後始末で当分の間はご苦労が続くことと思い心中をお察し申し上げます。

                   

                  そんな中災害とは関係なくて申し訳ないのですが、私の方は何回か前のブログでチラっと触れたように、クルマを買い替えました。

                  前のクルマは日産のティアナでしたが、これだと私には大きすぎて制御しきれず、あちこちぶつけては傷だらけにして困っていました。

                  今回はこんな下手くそな私でも何とかぶつけずに運転することができる範囲の一回り小さい日産ノート電気自動車に代えました。

                   

                  流石にティアナに比べますと装備はかなり落ちますが、運転操作の方はかなり楽になりました。ただ、車両価格がやすくなった分ティアナに比べ走行中の振動が体に直に伝わるようになってきましたので、距離は大して走っていないのに乗り物酔いするような感じになってきてそれには閉口しています。

                  まあその内に慣れてくるだろうと楽観視してはいるところですが、それにしても、なかなか何もかも一度に良くなるとはいかないものですね。

                   

                  我が家からノートで出かけるときには、いつも運転の上手なオクサンに運転してもらって私はノンビリと助手席です。

                  流石に最初の内は男のくせに恥ずかしくないのか…?とちょっとばかり抵抗があったのですが、今はもうすっかり慣れてオクサンに任せきっています。

                   

                  もうちょっとしたら、晩秋の『紅葉狩り』を楽しむために、このノートに乗って山の方にドライブに行こうと思っています。勿論、オクサンの運転で…???

                  昨年の秋は霧島方面に行ってきましたが最高でした。この時は往きも帰りも私が運転する予定でしたが、帰りは不覚にも私が乗り物酔いをしてしまった為にダウンして結果的に帰りはオクサンに運転してもらいました。

                   

                  振り返ってみますと夫婦で出かけるとき、いつもオクサンが運転するようになったのはその時以来のように思います。

                  実際問題として、運転はオクサンの方が私よりはるかに上手です。そしてオクサンは運転するのが私より好きみたいです。

                  それにオクサンが運転する方がぶつけることもありませんのでそちらの方が安全ですし、無駄な出費もなくなります。

                  そんなわけで? これからも私はオクサンを専属の運転手として?横に乗らせてもらおうと決意した次第です…な〜んてのは勝手過ぎますかね?

                   

                  冗談はともかく、夫婦が二人とも運転できるとどちらかがダメになった時に片方がカバーできるので、夫婦っていうのはいいもんだなあということをしみじみと感じます。

                  何事に限らず夫婦関係というものはかくあるべきということなんでしょうか?

                   

                  ところで、今年のエントリーでは昨年以上に成婚退会者が沢山出ています。有難い話です。しかし、その分だけは入会者数を増やしていかないと全体の会員数が少なくなってしまいます。

                  その意味では私達にとってはプレッシャーになりますが、正直こういうプレッシャーならいつでも大歓迎だと思っています。

                  この11月も現時点で1組の成婚退会が決まっています。男女とも30代半ばのお似合いのカップルです。

                  9月はお見合いの数が多かったので12月も幾つかの成婚退会カップルが誕生するのではないかと期待しているところですがそろそろ交際の進捗状況についてお尋ねしなければと思っているところです。

                   

                  婚活やのおじちゃんこと

                                 

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)        

                   

                   

                  ※次回は11月20日(水)頃の更新を予定しています

                   

                   

                   

                   


                  心が折れそうです…

                  0

                    随分と秋めいた気候になってきました。

                    朝夕の散歩も半袖では寒くて、長袖のスポーツシャツをきて出かけるようになりました。

                    紅葉狩(もみじが)りに出かけようと思ったりしていますが、まだそこまで寒くはなってないようですので、もうしばらく様子をみて計画を立てようと思っています。

                     

                    ところで、川の氾濫や台風15号や19号の爪痕がまだ大きく残るなか、今度は台風21号と低気圧が千葉県を中心に更に記録的豪雨をもたらしました。

                    復旧の最中に、千葉県や福島県では新たな大雨被害が発生した為、生活再建が一層遠のいてしまったわけで、TVのインタビューで、被災者の方は『心が折れそうです』と嘆いておられました。

                    本当に当事者になるとたまったものではないでしょうね。心からお気の毒に思います。

                    それにしても自然はどうして同じところを何度も何度もしつこく襲うんでしょうかね。

                     

                    自然というのは確かに沢山の恵みを私達にもたらしてくれます。

                    その反面、非常に厳しい試練も与えてきます。負けたらそこでお終い!

                    かといって、文句をいったところでどうなることでもありません。

                    ということは自然というのはそういうものなのだと最初から割り切って上手に付き合っていかなければならないということなんでしょうかねえ。

                     

                    話変わってここ最近、私が心を奪われていたラグビーのワールドカップも日本は残念ながらベスト8で終わってしまいました。

                    しかし、ベスト4にこそ届きませんでしたが、大健闘だったと思います。日本中に感動のを巻き起こしたといっても過言ではないのではないでしょうか?詳しいルールなども次第に思い出し、それにつれて学生時代と同じようにラグビーに対する関心が復活してきました。

                    ウチのオクサンは全くのど素人でしたが今ではすっかり詳しくなって私の方が教えてもらうこともあります。

                    好きこそものの上手なれということなのでしょうか?大したもんです。

                    興奮する私達バカ夫婦を横目に、マスコットのセキセイインコ(ショータロー)だけはしれーっとしています。

                    点数が入ったときの私達の絶叫を"ウルサイ!いい迷惑だ、静かにしろ!”と思ってるくらいでしょうが、不幸な星のもと?に生まれてきたと諦めてもらうしかありません。

                     

                    最後に、先日、6年半くらい前にエントリーを成婚退会された女性から連絡が入り、彼女の妹さんがなかなか良いご縁に恵まれないので相談にのって欲しいとのこと。

                    成婚退会されたお二人がナイスカップルでしたので、こんども何とかならないかと思って頂いたからかもしれません。

                    そしてその翌日には成婚退会した彼女と一緒にお母さんもエントリーに出てこられました。

                    久し振りにお会いした彼女はお腹がポッコリと膨らんでいました。二番目のお子さんがお腹に入っているとのことで、12月初旬が予定日とのことでした。

                    最初のお子さんは男のお子さんでエントリーにも見せに連れてきてもらいましたが、元気で可愛らしいお子さんでした。

                    今度は女のお子さん?だそうです。彼の方はイケメン、彼女の方は美人さんですからどちらに似ても可愛いお子さんが生まれてくることと期待しています。

                    私達は成婚退会されたこのご夫婦が大好きですので、無事出産された暁にはそのお嬢ちゃんも見せに連れてきてもらうようお願いしたことでした。

                     

                    話がちょっと横道にそれてしまいましたが、本題の妹さんについては現在県外に暮らしておられるとのこと。従いまして私達が直接妹さんのお世話をすることはできませんが、エントリーに来て頂いた彼女とお母さんには最近の婚活市場の動向を詳しく説明し、今後どうしたらよいかについてアドバイスさせてもらいました。

                    どの程度参考になったかはわかりませんが、いずれにしましても退会後もこうやって頼りにしてもらえるということは私達にとりましては大きな喜びです。これから以降も相談がありましたらいつでも喜んでお世話させて貰おうと思っています。

                     

                    婚活やのおじちゃんこと

                                   哲

                                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                     

                     

                    ※次回は11月10日(日)を目途に更新したいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

                     

                     

                     

                     

                     


                    台風19号、東日本に大きな被害を

                    0

                      10月12〜14日にかけて台風19号が日本列島に襲来しました。

                      この台風による記録的大雨で、東日本を中心に大きな浸水被害が発生しました。
                      床上浸水などの住宅被害は1万棟を越え、停電や断水も続くほか、橋の流出で運転を見合わせる鉄道もでています。

                       

                      17日現在、死者は77人に上り、総務省消防庁によると、行方不明者は5県で15人にのぼっているそうです。

                      堤防の決壊は7県59河川90か所土砂災害は19都県で211件が確認された

                      孤立する山間部の集落には、自衛隊のヘリコプターが物資を供給し、警察が徒歩で向かうなどして住民の安否確認を急いでいます。

                      厚生労働省などによると、浄水場の水没や水道管の破裂により13都県の11万戸以上で断水が続いており、生活再建に向けた自宅の片付けや泥のかき出しに支障が出ており、道路の寸断で停電の復旧工事に入れない地域もあるようです。
                      更にJR東日本など鉄道関係でも運転を見合わせ等大きな被害がでており、復旧にかなりの日数がかかる見通しとなっています。

                       

                      毎日TVで被災の有様を見ていると、本当に悲惨極まりない状況に言葉を失ってしまう程。

                      これからどうやって生活を立て直していかれるのか…?食料は?人手は?資金は?そして住むところは?などいろんな問題点が考えられ本当にお気の毒でなりません。

                      これが自分の身の周りで起こっていたとしたら自分はどうやって対応するんだろう?と思うと考えただけでゾっとします。

                      不謹慎で申し訳ないのですが、正直な気持ちとしてはこれが私の身の回りで起きたことでなくて良かったなあと思ってしまいます。

                       

                      それならばということで被災した方達に対してどんな支援ができるかいろいろ考えてみましたが、体力的にも仕事との関係からしても今の私にはいわゆるボランティア活動に参加することはできそうにありません。精々皆さんの足を引っ張るのが関の山といったところではないでしょうか?

                       

                      同情するだけなら誰にでもできます。しかし、現在困っている人たちにとって必要なことはもっと具体的な支援の手ではないでしょうか?

                      支援といいましても私もそんなに大きなことをできるわけではありませんが、自分の気持ちを精一杯の寄付金という形でお届けしようと思っています。

                       

                      今回のブログはこの台風被害がなかったらスコットランドを破ってベスト8に進出した日本ラグビーの大活躍を中心に書こうと思っていましたが、今回の惨状をみましたらその気持ちが薄らいでしまいました。

                      ただ、だからといって日本全体が暗い気持ちのままで沈んでいるということは決して良い事だとは思いません。

                      日本人全体が自らを奮い立たせ、あとは前進あるのみということになるのではないでしょうか?

                       

                      エントリーの方はキャンペーン効果もあるせいか、お陰様で月初から順調に推移しています。あとはこの勢いが途絶えぬようしっかりとフォローしていかなければと思っているところです。(完)

                       

                       婚活やのおじちゃんこと

                                       哲

                                             (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                       

                       

                       

                      ※次回は10月31日(木)に更新を予定しています。是非ご一読下さい。

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/8PAGES | >>