ボランティア

0

    ようやく長かった梅雨が明け蝉の鳴き声が大きく響きわたるようになってきました。

    やれやれと喜んだのもつかの間、今度は35度前後の猛暑が続き全国的には40℃を超すところもあるなど日本中が暑さでへとへとになっています。

     

    それにしても気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した西日本豪雨は、死者216名、行方不明者16名(7月18日時点:NHK調べ)におよぶ大災害となりました。

    そのうえ猛暑という過酷な環境の中で多くのボランティアの方々が後片付けに精を出しておられるのには心から頭が下がります。

    毎日流されるTVのニュースをみていると全国的には熱中症で倒れ人も沢山出ているようです。

    ボランティアの方々の中にも熱中症で倒れる人も出てきているようですが、呉々も大事にいたることのないようにと祈っている次第です。

     

    ボランティア活動につきましては以前自分たちが大災害に遭った時に助けて戴いた時の『恩返しボランティア』という人たちも沢山おられるようですが、日本人って流石立派な民族だなと感心せざるをえません。

    私もほんとに気持ちばかりではありますが、義援金を送らせて戴きました。

    TVをみていて同じ日本人としては何もしないで済ませる気にはなれませんからね。

    困った時にはお互い様!『塵も積もれば山』です。なんとか全国民で助け合っていきたいものですよね。

     

     

    また、タイの洞窟に閉じ込められていた残る9人の方につきましては全員が救出されました。

    そこまでは良かったのですが、それでも救出に向かわれたボランティアの方がお一人亡くなられたという点につきましては残念でなりません。そのことを告げられた少年たち全員が涙をしたというニュースにはこちらまでもらい泣きしてしまいました。

    悲惨なことってなかなか無くならないものですね。

     

    話は一転、前回のブログで紹介しましたサッカーワールドカップロシア大会につきましては6月14日から7月15日にかけて行われましたが熱闘が繰り広げられた末フランスが優勝、クロアチアが準優勝という結果で終わりました。

    日本と接戦を演じたベルギーは第三位というところまでいきましたので、それなら日本の現在のFIFAランキング44位はもう少し高くても良いのではではないか?と思ったりしたことでした。

    次回は2022年にカタールで行われる予定ですが、その時にはせめてベスト8くらいには入って欲しいものですね。

    いづれにせよ今後監督が誰になるのかによっても大きく変わってくるかと思いますので次期監督に期待!

     

    話変わって婚活関連について触れますと、今月29日に予定されているお見合いパーティーにつきましては久々に女性の参加者も多く見込めそうです。最近は男性に較べ女性の参加者数が少なかったので喜んでいるところです。

    男性の中には仕事の都合でどうしてもこの時期は参加できないという方が数名おられます。

    その中には『パーティーはしないのですか?』と希望しておられた方達が含まれているため困ってしまいます。毎度のことながら男女のメンバー調整には苦労します。

    それでも男女同数を目指してぎりぎりまで追いかけるつもりですので、最終的にどうなるかは現段階ではハッキリしたことは申し上げることはできませんが『乞う、ご期待!』

    パーティーというのは一度にたくさんの会員さん達と会える絶好のチャンスなので私としましてはできるだけ会員さんには参加されるようにお薦めしています。

    ところが折角入会しておられながらいくらお薦めしても参加しようとされない方もおられます。

    パーティーのように人が沢山集まるところが苦手だからかな?と思ってパーティー以外の婚活を熱心にされておられるかどうかについて調べてみても、お申し込み等については自分から積極的に申し込みをしておられる様子も窺えません。

     

    結婚したかったから入会された筈なのにどうされるつもりなんだろう?と気になって仕方がありません。

    メールや電話で何度案内しても返事すら戴けないことにつきましては正直なところガッカリします。

    強制的にお願いするような類(たぐい)の事ではありませんのでこれ以上は如何ともしようがありませんが残念なことです。

    初心に帰って真剣に婚活され早く良いご縁にたどり着けるよう頑張っていただくことを期待する次第です。

     

     

    婚活やのおじちゃんこと

                    哲

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    ※次回は7月31日を目途に更新したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    荒れ模様

    0

      今年の7月は出だしから各地で大きなニュースが世界中を席巻しています。

       

      先ずお膝もとの日本からいきますと、本州付近に停滞する前線の影響で西日本を中心に記録的な大雨が降り続き大きな災害を惹き起こしています。

      特に福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、岐阜、愛媛、高知の8府県に対しては『生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある』として大雨特別警報が出たほど...   

      実際に発生している被害の方も甚大なものがあり、多くの死傷者・行方不明者が出ていますし、家屋の倒壊や道路・橋梁等の損壊が広範囲に亘ってみられTVで映像が流れるたびにその悲惨さに心が痛みます。 

       

      それも数十年に一度という位の規模の大雨があちこちで降り続くわけですから全くもってたまったものじゃありません。

      今回の災害に影響大とされる台風7号の情報が発表された時点ではそんなに大きい台風とは予報されていなかったように思いますのでそれが梅雨前線等と相俟って長期間にわたりこんなに大きな災害を引き起こすようなことになろうとは夢にも思っていませんでした。

      そんなわけで私も最初のうちはどうせ大したことはないだろう位にしか考えていませんでしたし、宮崎市も我が家も実際に予想通り殆ど大きな被害は無し。

      それがTVでその実態を知らされるたびに『えー、こんなに大きい被害が出るのか〜』とビックリするくらいの被害の大きさには驚かされることばかり!

       

      被害に遭われた方達につきましては、気象庁からは途中から何度も警告が出されていた筈なのにどうしてもっと早く逃げようとされなかったんだろうと不憫に思えてなりません。

      また、逃げようにもどうしようもなかった方達も沢山おられるみたいでこの方たちについても本当にお気の毒としかいいようがありません。

      これを自分の立場に置き換えて考えてみますと、すっかり“よだきんぼ”になってしまっている現在の私では『自分ところは大丈夫だろう』と何の根拠もないのに勝手に決め込んで我が家を動かなかったであろうような気がします。それでいて実際に押し寄せてきた洪水をみて大慌て!

      これじゃ助かる筈がないですよね。

       

      もはや『かっての異常事態』が『現代では異常ではなくなってきている』という現実を再認識して、身の危険が感じられたら早急に自分なりに手をうたなければ取返しのつかないことになるということを改めて肝に銘じた次第です。

       

       

      といったところで日本に関する話題をもう一件。

      法務省は7月6日、1989年の坂本堤弁護士一家殺害、94〜95年の松本・地下鉄両サリンなど一連のオウム真理教事件の首謀者として殺人罪などで死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を東京、大阪など4か所の拘置所で執行したそうです。

      オウムの一連の事件では13人の死刑が確定していますが、刑が執行されたのは初めてとのこと。

       

      松本死刑囚の死刑が確定してからすでに12年近くが経過しています。これだけの重罪を犯し、死刑が確定していながらその刑が執行されないのは何故か?と不思議でなりませんでしたが、この度ようやく刑が執行されたことで私としましては『当たり前だろう』という気持ちでいっぱいというのが本音です。

       

      勿論宗教がらみの犯罪につきその後の影響を考慮しますとそんなに、簡単なものではないであろうことは充分察しはつきます。

      しかし、日本の刑事訴訟法では死刑が確定してから半年以内の執行を定めています。それなのに何故?

      今回の死刑執行を機に松本死刑囚が『神格化』され信者らの活動が先鋭化するのではないか?との懸念もあるそうです。だからといって死刑の執行を遅らせてよいということにはつながらない筈。

       

      カルト的、狂信的な考え方はインターネットを通じて格段に拡散しやすい時代になっています。

      第二のオウムは絶対に生み出さない!その認識を社会全体で共有することが何よりも大切なのではないでしょうか?

       

       

      といったところで話変わって今度は全世界に跨るロシアで行われたワールド杯サッカーについて。

      日本は優勝候補の一角ベルギーに対して2対3というもう少し頑張れば世紀の大逆転劇という大善戦を展開しました。

      一時はひょっとすると勝利するのかもといったところまで追い込みましたのでこの試合に関してはその前の試合の時のようなフラストレーションはたまりませんでしたがいずれにしても負けは負け。

      これでスポーツに関する楽しはがなくなったな〜。この後はどうしたものかと思っていましたら大谷翔平君が打者としては復帰できるとかで楽しみが戻ってきました。

      それでも投手としての復帰はまだ時間がかかりそうとのこと...当分の間は中途半端な気持ちではありますが、毎朝TVの番組表欄に『大谷翔平出場予定』という細かい文字がないかどうかをチェックすることに精を出します。それだけでも今の私にとりましては大きな喜びで御の字です。


      最後はタイでサッカー少年たちが洞窟に閉じ込められその救出をめぐって世界各地から救出の手が差し伸べられた話。このブログを書いている時点では4人の少年が救出されたとのこと。あとは残る9人が無事救出されることを祈るのみ!

      7月は上旬の間にいろんな大きな出来事がことがありました。大きな荒れ模様の7月上旬ですが、これから先はその分がハッピーな出来事でカバーされることを祈るのみですね。

       

      婚活やのおじちゃんこと

                      

                             (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

       

       

      ※次回は7月20日を目途に更新したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      日本サッカー、決勝トーナメント進出!

      0

        沖縄地方に引き続き、26日に奄美地方も梅雨が明けました。

        25日以降の数日は全国的に梅雨の中休みといった状態のようで、あちこちでここ何日か35℃前後のかなり暑い日が続いています。それでも梅雨明けまでには今暫くの辛抱が必要とのこと。今年は全国に先駆けて早々に梅雨入

        りした宮崎県だけに梅雨明けについても全国に先駆けて早々に開けて欲しいものだと強く願っ

        ているところですが、どうなりますことやら...

         

        ところでその中休みの猛暑に比例するかのように、日本列島はW杯サッカー日本代表の健闘を受け沸きに沸いています。直前になっての監督解任劇などがあったりして大部分の国民が期待していなかったかと思うのですが、それがどういうわけか第一戦のコロンビアに大番狂わせ?で勝利すると第二戦のセネガルにも引き分けるなどの大健闘!

         

        28日のポーランド戦に勝つか引き分けすればスンナリと予選突破というところまできました。

        もし負けたとしてもコロンビア・セネガル戦の戦況如何によっては予選突破も可というところまできたわけですから、日本のサッカーファン(俄かサッカーファンを含む)が盛り上がっているのも充分理解できます。

         

        ここ10日程はTV番組の殆どがサッカー関連のニュースで占められています。

        第二戦のセネガル戦の時も深夜に行われたにも拘らず最後サッカーファンが沢山いたようです。

        スポーツオタクの私達夫婦としましては当然のことながらポーランド戦も当然最初から最後まで見届ける予定です。

        サッカーについてのこのブログもいつ書くかポーランドに勝つか引き分けたあと予選突破が確定してから書いたものかどうか書くタイミングについて迷いましたがその時はその時ということで気分にまかせてここまで書いてみました。

         

        ところが28日は既に皆さんご存知のようにポーランドに負けてしまいました。

        それもこれまた皆さんご存知のようにベストを尽くせばまだまだ十分勝機はあったはずなのに途中からコロンビア・セネガル戦の状況をみながらフェプレーポイントでセネガルを上回る作戦に打って出て日本はパス回しで時計の針を進める作戦を取りました。

        試合はこのまま1−0でタイムアップ。さらにコロンビアがセネガルを下したことで、日本はフェアプレーポイントでセネガルを上回り、2位での決勝トーナメント進出が決まりました。

        確かに決勝トーナメント進出を第一義としてのこの戦略は妥当といえば妥当だったのかもしれません。

        しかし、過去2戦の日本の戦いぶりを見慣れた私からしますとどうもスッキリした気分になれず複雑な思いでベッドに入りました。

        ガラっと変えた選手起用についても私としては馴染めませんでした。一流の監督が知恵を振り絞っての選手起用につきど素人の私がとやかく言う話ではないことは重々承知しながらも今もって納得できていません。

         

        といったところで本業の方に話を戻してみたいと思います。

        先日4年ほど前にエントリーを成婚退会された女性OB会員の方から彼女の従妹の方が真剣に婚活を始められたということでエントリーを紹介した旨のメールを戴きました。

        そしてその際には彼女も一緒についてきてくれました。都城からでしたから大変だったことと思いますが、有り難い話です。紹介してもらった方は背のスラリとした気立ての優しさが全身からにじみ出てくるような素敵な方でした。

        私が一応説明をしましたが、私が説明するまでもなくOB会員の彼女が充分にエントリーのことを説明していただいておられたみたいでそのままスンナリと入会していただきました。

         

        こういうケースが私達としましてはいちばん有り難くOB会員の彼女に対しましては感謝感謝でした。

        この6月は長期休暇で丁度月の三分の一を休ませていただきましたので仕事の方はどうなることかと心配していたのですが、幸いなことに月初めにトントントンと入会していただきましたし、旅行から帰ってきてからもこの紹介された方を始め問い合わせが何件か入ってきていますのでなんとか悲惨な結果には終わらずに済みそうで皆様の暖かいご協力に感謝する次第です。

         

        また、今月はどういう具合か知りませんが、お見合いが沢山入ってきています。エントリー会員同士のお見合いは勿論、それ以外の県内外の相談所さんとのお見合いも沢山組まれるようになり、そのことが全体のお見合いの数を押し上げるのに寄与しているみたいです。

         

        最後に7月29日(日)のお見合いパーティー、4〜5月に沢山ご入会いただいた方がかなりご参加いただける見通しになっています。そうなると新しく入られた方同士のみならず以前から入って戴いてる方達にとりましても新しい出会いが期待されるということにもつながってきますので歓迎すべきことだと喜んでいます。

        沢山の会員さん達が集まっての盛大なお見合いパーティーで沢山のカップル誕生に繋げたいものですね。

         

        婚活やのおじちゃんこと

                       

                             (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

         

         

        ※ 次回は7月9日(月)更新予定です。よろしくお願いします。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        長期休暇終了、ご協力有難うございました!

        0

          長期休暇も無事終了、16日から平常通りの勤務を再開しました。

          その間、会員の皆様には大変ご不便をおかけしたかと思いますが、ご協力いただきましたことに深く感謝しております。

           

          休暇中には米朝会談が行われたり、サッカー・ワールドカップ・ロシア大会が開始されたりといろんなビッグイベントが開始されていましたのでその動向も気になりながらの休暇でした。

          しかし、帰ってきていちばんガッカリさせられたのは政治の動向よりもサッカーよりも我らが大谷翔平クンが故障者リストに入っているということを聞いた時…

          翔平クンがどれだけ頑張っていたかその結果をみるのがいちばんの楽しみだったのですが、大活躍どころか故障者リストに入っているということを聞いた時はほんとにガックリきました。世の中全く思うようにはいかないものですね。

           

          今回の長期休暇中は家族揃っての初めての海外旅行をしてきました。行き先はスペイン〜ポルトガル。

          私一人では結構あちこち行かせてもらってきましたが、家族そろっての海外旅行というのは初めての経験…

          家族といっても夫々いろんな都合をかかえていますので、おそらくこれが最初で最後の家族揃っての海外旅行になるのではないかと思いますが良い記念になりました。

           

          それにしても疲れました。私は現在ひどい腰痛を抱えていますので参加されたツアーの皆さんについていくのがやっと!

          本来ならば一家の主で且つ海外旅行経験豊富な人間として家族を引っ張っていくべき立場である筈なのに今回ばかりは体調不良の為、逆に家族の足を引っ張る状況になりそろそろ私の海外旅行も打ち止めということになるのかな?とついつい弱気になったほどでした。

          それでも時が過ぎ体調が回復しましたらまた今回の体力的にしんどかった思いなどどこへやらと、またどこかに出かけて行くのではないかと思いますがその時はその時?と思っているわけですからいい気なものです。

           

          ところで私が今回のツアーで強く感じたのは同行した60〜70歳代の女性の方々の逞しさ!ほとんどが旅慣れた人達ばかりだったとはいえ、彼女たちに同行したご主人たちよりはるかに頑健!日本ではスポーツ界に限らずいろんな分野で女性が強く逞しくなってきてるんだなあということを改めて強く実感させられました。

          我が家でも一番強く逞しかったのは一見か細い体のオクサンだったように思います。

           

          また、旅行中は翔平クンとともに我が家のセキセイインコの翔太郎クンの事が気になっていましたが義兄夫婦からしっかりと面倒みてもらっていましたので安心でした。

          久方ぶりに私たちが預かってもらっていた義兄の家に引き取りに行った時も義兄夫婦にすっかりなついていて私達を見ても『どなた様?』という感じでシれーっとしていたのには参りました。私たちとしましてはバタバタと飛んできて感動の再会シーン?が展開されるのではと期待していたのですが、肩透かしを食らったようでガッカリでした。

          それでも翌日には徐々に思い出してきたらしく『私達のよびかけ』にも以前通り反応するようになりましたので一安心しましたが…。

           

          それから7〜8時間あった時差ボケの方も少しづつとれてきているようです。帰って来た翌日からは早速仕事に取り掛かりました。メールが570通ほどきていましたのでその仕分けとお見合いの立ち合いから仕事が始まりましたが、私のように毎日パソコンのまえに座りっきりで仕事をしている“仕事漬け人間”にとりましては仕事に取り組むと不思議なことに何だかホット心が安らぐような気がします。

          今月始めに入会の契約していただいた方も帰国早々に入会手続気を済ませていただきました。有り難いことです。

          無料相談の申し込みも数件入っていましたのでこれから日程を調整しようと思っています。

           

          旅行中は写真もビデオも沢山撮りまくってきました。仕事の整理が一段落したら今度は写真、

          そしてビデオの方を整理しようと思っていますが、これも仕事と同様に楽しみです。

          スペインではバルセロナのサグラダファミリアが圧巻でした。私にとりましては二度目でしたが、そのスケールの大きさには初めて見た時同様の迫力を感じました。

           

          また、ジプシーが踊るフラメンコもさすがに本場ものだけあって惹きつけられました。これも私にとりましては二度目でしたが何度見てもいいものです。一度は現地で本物の良さを堪能されることをお勧めします。

           

          ポルトガルではユーラシア大陸最西端のロカ岬に行ってきました。ここは前々から行ってみたいと思っていたところでしたので感激しました。

          そこに行ったという証明書も発行するサービスをしていましたので家族全員のイニシャルを刻んでもらいました。これもまた良い記念になりました。

           

          今回の家族旅行は身体的にこそヘバってしまいましたが精神的には大いに充電できたのでは?と思っていますのでこれからあとは会員さん達へのサービスの更なる充実でお返ししなければと思っているところです。乞う、ご期待…?

           

           

          婚活やのおじちゃんこと                                   

                       

                            (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)      

           

           

          ※次回は6月30日(土)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

           

           

           

           

           

           

           


          紫陽花の季節

          0

            6月…、今年も紫陽花(アジサイの)咲き誇る季節となりました。散歩するたびにあちこちの庭先に咲くいろんな色をした美しい紫陽花の花をみると心が癒されます。我が家の裏庭にも片隅にもほんの少しではありますが、それなりの紫陽花が咲いていますので毎朝それをみては楽しんでいます。

             

            ところで前回の私のブログに子供連れの家族の方がこられた旨のことを書きましたがそれをみて自分もお子さんを連れて遊びに行きたくなったという方がおられました。

            3年半ほど前に成婚退会された方ですが、カップルの彼女の方が生後10カ月になったとかいう可愛らしい男の子を連れて遊びにきてくれました。

             

            若干人見知りが始まっているとかで私達には余りなついてもらえませんでしたが、帰るころになるとウチのオクサンには抱っこされてましたので羨ましく思ったことでした。

            下手なブログでもこうしてOB会員の皆さんがそれを読んでもらって遊びに来てもらえるということは私にとりましては大きな喜びです。次回遊びに来てもらった時には泣かずに抱っこさせてもらうようチャレンジしますので是非また連れてきてくださいね。

             

            それからエントリーの会員さん達には連絡させてもらいましたが、私たちは初旬から中旬にかけて早めの夏季休暇を取らせてもらうことにしました。

            その代わりといっては何ですが、6〜7月の定休日(火曜日)については旅行中以外のすべての休日を返上し営業します。そして会員の皆さんに大きな迷惑をかけないようにその旨をいつも連絡をくださる会員さん達には案内させてもらいました。

            この特別休暇については昨年から始めました。普段は朝早くから夜遅くまでここ何年間もオクサンを働かせ続けてきましたのでたまにはこのような休日もとってやらないと『積もり積もった鬱憤が爆発』ということで悲惨な結果を招きかねない?ということでガス抜きの意味を込めて開始したという次第です。

             

            その為広告の原稿も翌月分まで作っておかないといけないので私としましては5月末から6月初めにかけては大忙しでしたが、何とかそれも出発前にやり遂げることができました。

            普段は一ヶ月分の原稿をつくるだけでもヒーヒー云いながら作っていますが、その気になれば二か月分であってもなんとかなるものだということが分かりました。

            4〜5月は入会者が結構多く、会員さんのプロフィール作りにも結構時間をとられましたが、こういう忙しさについてはどんなに忙しくても大歓迎です。

             

            旅行の準備の方はサッパリ進んでいません。

            旅行に関しては私は今まで大分数をこなしてきていますのでなんとかなることと多寡をくくっていますが、果たしてどうなりますことやら...?

             

             婚活やのおじちゃんこと

                            

                                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)    

             

             

            ※次回は6月20日を目途に更新させていただきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            真剣なダイエット

            0

              どうやら今年も梅雨に入ったみたいで気象庁より梅雨入り宣言が出されました。

               

              南九州地区では昨年より11日、平年より5日早い梅雨入りだそうです。        

               

              今朝も散歩に出かける午前6時前に窓の外をみるとしっかりと雨。

              毎日の天気予報についてははずれっぱなしですが、梅雨入りに関しては外れずにあたったみたいです。

              散歩に行けないからにはどうしようもない為二度寝しようと思いましたが、どういうわけかなかなかそれもできそうになかったので、ブログでも書くかと腹を決めパソコンに向かっています。

               

              まだ頭がボーっとしてまとまらないのですが、それは毎度のことなので気にせずにとにかく書き続けて行こうと思っています。

              それに今朝は大谷翔平君の試合が午前8時からありますので、せめてそれまでの時間位は頑張ろうと思ったらなんだか元気が出てきました。

               

              といったところで本論に入ります。アメリカンフットボールの日大対関学の定期戦での日大の悪質な反則行為ついて。

              日大側の対応をめぐって朝から晩までいろんなニュースが世間を賑わせています。

              アメフトそのものに関しては私は殆ど関心がなかったのですが、日大側の後手後手に回っての辻褄の合わない言い訳だらけの滅茶苦茶な対応ぶりにはあきれ果てて却って関心が大きくなりました。

               

              おまけにその主役の一人の名前が内田正人とかいう前監督、私としましてはアンフェアな人間が私と同姓の内田であるという点が非常に不愉快ですが、この偶然ばかりはどうしようもありません。

               

              世間の反応としては実際に反則プレーを犯した宮川君については彼の真摯な態度が却って好感を呼ぶ結果に繋がっていますが、それに対し、自分ところの学生を守ろうとするのではなく自分達の保身をはかることだけに汲々としている広報部や内田監督並びに井上コーチらの態度にはうんざりさせられます。

              真相が全て暴かれたときに彼らががどういう態度をとるのかと思うと今からその場面が思い描かれ奇妙な楽しみとなっています。

               

              それにしてもちょっと困った状況になると直ぐに入院という手段を使って逃避を図ろうとするところなどは悪徳政治家をはじめとしたいっぱしの悪人並み…

              私としては早くTVや新聞から内田という呼びかけや文字が消えてなくなることを祈るのみです。

               

              それはそうと昨日、2年前に成婚退会されたカップルの彼女の方がお母さんと一緒に生後半年の可愛いお嬢ちゃんを連れて遊びにきてくれました。彼の方は仕事の関係でこれなかったようです。お母さんも一緒に来られたのは『良いお婿さんを紹介してもらったことと早々にお孫さんに出会えることになったことへのお礼』を言いに行きたいと思っておられたからとのことでした。

               

              彼女が結婚式の時の写真を私たちに見せようと思って持ってこようとしたら、彼が次に自分も一緒に行くからそのときにその写真はもっていきたいといわれたのでもってこられなかったとのこと。

              お嬢ちゃんの方は私達に対しても人見知りもしないで明るく騒いでくれました。非常に可愛らしい赤ちゃんでした。

              私たちの贔屓目といわれるかもしれませんが、これまでエントリーに連れてきていただいた赤ちゃんはどの子もこの子もほんとに可愛らしい赤ちゃん達ばかり!今回連れてきてもらったお嬢ちゃんもほんとに可愛らしい赤ちゃんで彼のことがほんとに羨ましくなりました。

              彼は以前より帰宅時間が随分と早くなり赤ちゃんを風呂にいれるのが日課となっているそうです。

              この次は彼も一緒にきてくれそうなので、彼の良きパパさんぶりをみるのがほんとに楽しみです。赤ちゃんの方はまたいちだんと大きく可愛くなってるだろうと思うとほんとにその時が待ち遠しくてたまりません。

               

              最後に私は最近超真剣にダイエットに取り組んでいます。

              私がブログでダイエットに関することを取り上げるのはこれで3度目!過去2回はそれ程深刻なものでもなかったのですが、今回は今までで最も深刻なデブ状態に陥っています。ほんとに今回ははけるズボンがなくなってきて新しく太目のズボンを4着も買い足したような状況ですから冗談言えてる状況ではありません。

               

              なんせ体重が初めて72キロを超えており、その状態が3週間ほど続いています。いままでも瞬間的に70キロ台に達することはありましたが、こう何週間も続くといったようなことは初めてです。

              原因は『間食』と『甘いものの食べ過ぎ!』、ハッキリと原因は分かっています。しかし、そんな簡単な原因に対して手がうてないんだから我ながら情けない話です。

               

              しかし、そんな私ですが先日オクサンに私のお腹周り計ってもらった時、計測値が100センチに達しているという現実を突きつけられた時には『ガーン』とショックを受けました。流石に私の目の色も変わったようです。

              その場で『もう甘いものは食べない!従って僕の目につくところに甘いものを置かないでくれ』と協力を依頼しましたらオクサンはニッコリ笑って『大丈夫、任せといて!』と協力?を約束!それもその筈です。私がダイエットした分は甘いものが全部自分のところに転がり込んでくるわけですから反対するはずがありません。

               

              しかし、私としましてはそんなことにかまってはおられません。湯上り時に毎日体重と体脂肪をキッチリと測っていますが、それまでは一食抜くと一キロくらいは直ぐに体重を落とすことができたのに、本気で取り組み始めた現在はなかなか減っていきません。

               

              今回ばかりは体重を7キロ落とすまではダイエットを継続します。『ほんまかいな?』と疑念を抱かれたかたは冷やかし半分で結構ですからウチのオクサンに確認してもらって結構です。

              オクサンは出来るはずがないと最初から馬鹿にしているようですので、『精々三日坊主が良いところよ』とほんとのことを教えてくれると思いますから…

               

              期間は6月いっぱいまでとしてください。6月上〜中兇呂舛腓辰函惻蕕譴覆せ情がありますので』…

              その事情については次回のブログで明らかにします。と大げさにいう程の事情でもないんですけどね。ま、そんなところが情けない私の現状です。 

               

              婚活やのおじちゃんこと 

                              

                                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

               

               

              ※次回は6月6日前後を目途に更新予定でいますのでどうぞよろしくお願い致します。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              その内より今のうち

              0

                梅雨の走りとでもいうのでしょうか?

                天候の方は相変わらず落ち着きのない日が続いています。

                カラっとした五月晴れの日が続いたかと思うと梅雨を思わせるジメジメとした天気に変わったり毎度のことながら天気の急変ぶりには翻弄(ほんろう)されっぱなしです。

                 

                今年はこちらに引っ越してきて以来初めてというほど沢山の梅が実りましたので雨が降り出さないうちにということで16日に梅の実を収穫しました。                                

                枇杷の方は今年は不作でしたが梅の実だけはほんとに沢山実りました。ホントはもっと早い時期に取るつもりでいましたが、もう少し実が大きくなってからでいいんじゃない?とオクサンがいうので16日まで我慢していました。

                 

                その間にせっかく梅の実が虫に食われるんじゃないか?と心配しましたがお陰様でそういうこともなく沢山の梅の実を充分楽しみながら収穫しました。

                ロシア民謡の収穫の歌ではないけどまさにその気分でバッチリと収穫させてもらいました。私は以前から案内しています通り慢性膵炎ですのでいくら収穫したところで梅酒が飲めるわけではないんですが、オクサンが新しい料理法を覚えたとかいってましたのでそれに期待して少しは我が家で消化し、残りは親しい友人や近所の人にでも少しづつ配ってまわろうかな?と思っているところです。

                 

                それに対し昨年は嫌というほど採れた枇杷の方は実の採り方が雑で切ってはいけない枝まで切った事が影響しているのかもしれませんが今年はさっぱり実がなりません。

                そうそういいことばかりはないということなんですかね。

                それでも2本ある枇杷の木のうちのもう片方の枇杷の木については昨年並みには採れそうですのでひと安堵しているところです。

                 

                そんな中平々凡々たる生活の中、突然一通の悲しい報せが入ってきました。私の小学校の同窓会八八会のメンバーで同級生のAさんが突然5月の始めに脳溢血で倒れられ意識不明に陥ってるという内容。

                今年の3月に行った同窓会でも元気いっぱいで女性会員の人数のまとめ役を自主的にかって出てくれ幹事の私を助けてくれた、よく気のつく素敵な女性でした。

                その時は彼女が『私たちもいつどうなるかわからないから、この小学校時代の同窓会という甚だ貴重な集まりはこれからあとも大切にして続けていきたいわよね』といっていました。その当人にそれからほんの2か月後にこういう不幸が待っているとは夢想だにしなかっただけに余計驚きました。

                 

                私は『結婚はその内より今のうち』というコピーを作って適齢期の皆さん達に対し『ノンビリしている暇はありませんよ』と煽(あお)っていますが、私の身近でこういうことが起きると余計切実な重みをもって身に沁みてきます。

                やりたいことがあったら『その内その内なんて』ノンビリしたことをいってないですぐに行動したほうが良いと思いますよ。

                 

                寂しい話になってしまいましたのでここで話題を少しばかり明るいものに変えてみます。4月5月の2か月間はエントリーは結構沢山の会員さん達に入会していただきました。

                それも普段はなかなか動きの少ない男性会員さんが多かったので良かったなあと思っているところです。

                 

                通常ですとどうしても女性会員さん達の動きはあるのですが、それに伴ったバランスの良い男性会員さん達の動きが余りみられなかったので今回のように男性会員さんが増えてくれるというのは私達にとりましては大きな喜びです。

                その結果、宮崎在住の会員さん同士のお見合いの数も増えましたしカップルも増えました。

                あとはこの中から何組の成婚カップルが誕生するかです。オクサンが真剣にフォローしてくれてますのでかなり良いペースで成婚退会者がでるのではないかと期待しているところですがどうなりますことやら...

                 

                 

                 

                婚活やの親父こと

                            哲

                                    (宮埼の結婚相談所 エントリー 代表)

                 

                 

                ※ 次回は5月31日(木)頃を目途に更新させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。

                 

                 

                 

                 

                 


                翔平と翔太郎

                0

                  宮崎では5月に入ってGW明けの6日頃から天候が悪くなり、私の散歩の方も休みが増えてきました。

                  最近はずーっと真面目に歩いてきたのですが、傘をさしてまで歩くほどの根性はありません。

                  それどころかこれ幸いとばかりに?朝はゆっくりとベッドの中で惰眠(だみん)を貪(むさぼ)っています。

                   

                  ところで長かったGWもようやく終了しました。

                  あっという間のGWだったと思えるほど休日を堪能された方もおられるかと思いますが、私達のように結婚相談業を営むものからしますと一番の繁忙期になりますので休みは殆どとれません。

                  それでも今年のGWはキャンペーンを企画したり、TV広告を打ったせいもあってか例年以上にお客様が多く私達にとりましては大変充実したGWでした。

                   

                  上記のようにGWは休みこそとれませんでしたが、GWを含め今の私達には大谷翔平君の活躍という最高の楽しみがありましたので、結構ハッピーな毎日を送れました。

                  彼が出る試合が放送される日はどんなに朝早くても目覚ましをかけては起きだしてライブで見るようにしています。

                  NHKのニュースでもその動向を伝えるくらいの活躍ぶりですから驚きです。

                   

                  オクサンと口喧嘩してる時があってもTVで翔平君が活躍すると『ヤった〜』ということですぐに喧嘩のことなどどこかに吹っ飛んでしまいます。我が家にとっては諍い(いさかい)を無くすためのの最高の治療薬となっているみたいです。

                   

                  それともうひとつの夫婦喧嘩の特効薬がありました。それは我が家のマスコットバードの太郎(ショータロー)。

                  最初から翔平君にあやかろうとの想いでの字をつけたくらいですから翔平君同様にこのペットも充分に私達をいやしてくれます。

                  私たちが話す言葉の意味は結構理解しているかのような反応を示しますので翔太郎の前では滅多なことはいえません。。

                  二本足でヒョコヒョコとテーブルの上を歩くさまは本当に可愛らしき限りです。

                  また、右の写真のようにウチのオクサンが私たちの食後に『クチバシシュッシュッシュ』といいますとどこにいても洗面所に飛んできてクチバシを磨かせてくれます。これまた、可愛いものです。       

                   

                  但し、私達に向かっては相も変わらず言葉を発してくれませんが、私が『ショーッ』と呼ぶとサっと飛んできますし、どういうわけか鏡が大好きで(ナルシスト?)カゴの中に鏡を置いていますと殆ど鏡の前の自分に向かって座り込みぶつぶつと独り言をつぶやいています。

                   

                  それも単語ではなく文章として覚えているらしく『この子はよく喋れない子なのかな?』と心配していましたが、どうやそれは『トリコシ苦労』だったようです。

                  その限りにおいては一安心なのですが、それでもどういうわけか私達に向かっては直接話かけてはくれません。  

                  何故なんだろうと不思議でなりませんが私達の肩にとまったりよくなついてきてはくれてますので心配するまでのことではないのかな?とは思っているところですが…  何方か良い対処法をご存じの方はおられませんか?

                   

                   婚活やのおじちゃんこと

                                 

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                   

                  ※次回は5月20日に更新予定ですので宜しくお願いします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  あれやこれや

                  0

                    毎年のことですが、この時期に我が家の近くを散歩するとあちこちの野原でピンク色したアザミの花を沢山見かけます。

                    人家に植えてあるものを摘むのではなく野原に咲いている花を摘むだけなので2〜3本摘んで帰ってオクサンに見せてやろうかという誘惑にかられるのですが、摘んでるところを見知らぬ人に見つかって注意されでもしたらそれこそ大恥をかいてしまいますから今のところはグッと我慢しています。

                    それにしても春という季節ははいろんな花が次から次へと咲いてくるものなんですね。

                     

                    今月は既報の通り、エントリーではTVやラジオに広告を出しましたのでそれに伴っていろんな新しい経験をすることができました。

                    TV広告につきましては親戚が偶然エントリーの広告をみかけたとかで私の姉の方に連絡があったそうですし、私自身もいろんな人から『エントリー出してたね』との連絡をもらいました。

                    また、ラジオ広告につきましても、スクーピーとかいうMRTの移動放送車で私とオクサンとが名前を紹介されたうえでエントリーのことについてPRしました。

                    そんなに長い時間ではないからどうってことはないと多寡(たか)をくくっていましたが、滑舌(かつぜつ)の悪さでは定評?のある私につき、放送時間が近付くにつれ緊張の度がましていき、こんなことなら全部ウチのオクサンの方にまかせておけばよかった…と後悔しましたが後の祭り!

                    冷や汗をながしながらもなんとか無事に終えることができました。放送が終わったら私の姉から早速TELがあり、『緊張していたのが良く伝わったよ』と冷やかされてしまいました。お恥ずかしき次第…こんなことなら放送があることを事前に言わなきゃよかったと後悔したことでした。

                     

                    ウチのオクサンの方はというと何事もなかったかのようにケロっとしていました。

                    声が野太く?よく通りやすい上にくそ度胸が据わっていますのでわかりやすく聞きやすかったそうです。

                    やっぱり最初から最後まで全部オクサンに任せりゃ良かったとまたしても後悔の念が沸き上がってきたものです。

                     

                    ところで、前回のブログで次回は成婚退会されたカップルについて紹介しますと書きましたので約束通り簡単にお二人のことについて紹介します。

                    お二人が入会〜成婚退会されるまでの期間は彼の方は5か月、彼女の方は3か月未満というスピードカップル。運命の出会いだったとでもいうのでしょうか?余程相性もよかったのでしょうね。

                     

                    お二人の出会いのキッカケはウチのオクサンの紹介でした。

                    オクサンにも何か閃くものがあったそうです。

                    交際に入られて以降、困っているとかいったお悩みの相談事は一切なく最初から最後まで順調な交際を続けられ、交際後3か月にもならないうちに彼の方から『もう二人の意思はかたまったんですが、こういった場合はどうしたらよいのでしょうか?』とお問い合わせがあったくらいでした。

                     

                    交際期間の原則について説明しましたらその週の日曜日に突然予約の電話が入り、お二人そろってお越しになりました。

                    私はあいにく他の新規の方の無料相談が入っていてその方への説明中でしたのでお二人の対応についてはオクサンの方に任せました。

                    従いましてお二人の交際中の生々しいエピソードを聞けなかったのが残念でした。

                    応対したオクサンの話によればとても幸せそうだったとのこと。成婚退会までの経緯からして当然でしょうね。

                     

                    実のことをいうとお二人に関してはもっともっと詳しく紹介できる情報はあるのですが、これ以上詳しく書くとお二人が誰なのかウチの会員さんに特定されてしまいますので個人情報の関係もありこれ以上詳しくは書きません。いずれにしましても本当に良かったです。おめでとうございました。これから後もお幸せに…

                     

                    それから前々回のブログに引き続き、『幸せな結婚をするためにやってはいけないと私が感じてきたこと』をいくつか紹介しておきます。

                    先ず一番目には相手に対して期待を抱き過ぎないこと!

                    結婚を前提にお付き合いしているからには交際相手は『自分に対しては〜してくれるのが当然であると』いうような甘い期待を抱かないことが大切だと思います。

                    期待しすぎると、期待値と現実とのギャップがどんどん広がっていって結果的には期待が裏切られるという結果で終わるのがオチです。

                    過ぎたるは及ばざるが如し』です。

                    自分も相手の人が自分に対して抱いているであろう期待に見合ったことを相手の方にしてやれているかということを考えてみたらすぐにお分かりいただけるのではないでしょうか?お互い人間です。そうそう完ぺきなことはできるはずがありません。

                    『最初から相手に対して期待し過ぎなければ、失望することありません』冷静に考えれば至極当たり前のことですが、意外とこのことお分かりいただけていないのではないでしょうか?

                     

                    二番目には自分が間違っていると思ったら素直に謝ること!

                    『負けず嫌い』の気持ちの強いひとは自分が間違っていると思っていても屁理屈をこねくり回してなかなか素直に謝ろうとしません。全く可愛くありません。

                    自分が悪いとおもったらいつでも素直に『ごめんね』と謝れるような自分になれなければ人間関係はうまくいきません。『ごめんね』のたったのひとことで人間関係は大きく変わるものです。『確かにそうだ』と身におぼえのあるかたも沢山おられるのではないでしょうか?(私を筆頭に…)

                    『過(あやま)ちて改むるに憚(はばか)ることなかれ』です。

                    自分に当てはまると思われた方は直ぐに直してみませんか?私もそうしなければと思うひとりですし、私の周りにも結構見受けられます。根拠のないプライドにはしがみつかないことです。

                     

                    他にも気づいていることがいくつかありますが、それはまた次回以降にということで今回はこの辺で!

                     

                     婚活やの親父こと

                                哲

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                     

                    ※次回は5月10日を目途に更新予定です、よろしくお願い致します。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    幸せのオーラって何色?

                    0

                      前回から私のブログのタイトルの文言と背景とをご覧の通りに変更しました。

                      変更前は私が一人でソファに寛いでいる写真でしたが私は謙遜でなく自分の姿がひと様に見て戴くに足りるものとは思っていませんのでずっと抵抗があったのですが、ようやく私の主張が通り変更してもらうことになりました。

                      ついては文言も『親父』から『おじちゃん』に変更することになりました。これはウチのオクサンの提案!これについては特に反対する理由もありませんでしたのですんなりOK…といった過程を経て現在のようなものに変更されたという次第です。

                      文章はすべて私が書きますが、ブログの文章以外は私一人ではできませんのでなかなか思うにまかせません。しかし、現在お願いしている業者の方が我々からの無理難題にたいして柔軟に対応してもらっているのでその点は大いに助かっています。

                       

                      ところでひょっとすると私も花粉症とやらにかかったのかもしれません。2〜3年前もそう感じたことがありました。

                      昨年はそんなに意識しなかったように思うのですが、今年はウォーキングに出ると鼻水が止まらない状態でティッシュを沢山もっていかないと大変です。ウチのオクサンのはかなり重症でいつも花粉症の薬が手放せない状態,私はただ『大変だろうなあ』と同情していただけだったのですが、まさか自分までこんなふうにひどくなるとは思っていませんでした。明日は我が身ということだったんでしょうね。

                      特に最近はウォーキングを夕方から早朝に変更していますので結構寒い日もあります。そんな時は更にひどい状態になり苦しんでいますが、散歩の方だけは早朝に切り替えてからはお陰様で雨の日以外はサボることもなくなりせっせと毎朝真面目に歩いています。

                       

                      それから最近変わったこととしましては私たち夫婦は現在大谷翔平にどっぷりとはまっています。

                      最近のメジャーでの活躍による『俄(にわ)か翔平ファン』というのではなく彼が日本ハムにいたころからの大ファン。なんせエントリーのマスコットバードに平のの字をとって『太郎』と命名していることからもお分かりいただけることと思いますが、毎日彼の活躍をみたいということでBSTVにかかりっきり。16日は試合が中止になりましたが、午前3時過ぎからの試合をライブでみようと目覚ましをかけて夫婦で起きだして見ようとしたほど…

                      良い歳をして呆れた夫婦と思われるかもしれませんが、私達にとっては毎日大きな楽しみが増えたと喜んでいるところです。

                       

                      それはそうと、話は変わりますが、14日の土曜日はエントリーにとっては素晴らしい一日でした。

                      先ず最初の楽しみは昨年の3月下旬に成婚退会されたお二人が入籍したという報告にきてくれたこと。

                      彼女の方は昨年のうちにお母さんと一緒に素晴らしい男性との良縁がまとまったことへのお礼の挨拶ということで来てもらっていましたが、当事者のお二人がそろってこられたのは今回が初めて!

                      ピンポーン!とインターホーンがなってドアが開いた時からお二人の顔はこぼれんばかりの笑みであふれていました。

                      入籍も済まされ今は一緒に住んでおられるとのことでお二人の幸せのオーラがストレートに伝わってきました。

                      挙式は秋だそうですが、新婚旅行はその前に行かれるとのこと。

                      仕事漬けの毎日を送っておられた彼女ですが、今は初めて専業主婦としての幸せな毎日を送っておられるとのこと。喧嘩はまだ一度もしたことがないとのこと。そもそもお二人に喧嘩という言葉は似合いません。聞くだけ野暮でした。

                       

                      また、お二人が一緒に街に買い物にでられたとき、TVの取材をやっていたらしく突然インタビューを受けられたとのこと。

                      二人がそのお店に入った時から目を付けられていたような感じがしたそうですが、ウチのオクサンがすかさず『きっとあなた達に幸せのオーラが出ていたからよ』。それを受けて私が『幸せののオーラって何色だろう?』と問い返したことから金色とか紫色とか色々でましたが結論は出ませんでした。要するに幸せだったら何色だって良いということですよね。

                      何はともあれこれからも遊びに来てくださいね。待ってますから…

                       

                      その日はそのほかに2名の方が入会していただきました。お二人のどちらともがパートナーにするにはうってつけの素敵な方です。資料が揃ったら登録しますので今しばらくお待ちください。

                      最後に成婚退会されたカップルもおられましたが、今回はこれ以上かくと長すぎますので次回に紹介させていただきます。

                       

                      婚活やのおじちゃんこと

                                      

                                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                       

                       

                      ※次回は4月30日を目処に更新の予定ですのでどうぞよろしくお願いします。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/3PAGES | >>