結婚の条件

0

    三寒四温を繰り返しながら少しづつ暖かくなってきているようです。

    『三寒』の時はこれが宮崎かと思えるほど結構冷えましたので、今年は2月1日から始まった巨人軍のキャンプには一度も顔を出さないままに一軍のメンバーはさっさと沖縄での第二次キャンプへとへ移って行ってしまいました。落ち込む

    冷たいものです。

    小学生のころから筋金入りの巨人ファンだった私ですが、何年か前から沖縄に行くようになってから最近ではすっかりソフトバンクファンにと変わってしまったような感じです。

     

    来週あたりはそろそろ生目の杜でキャンプを張っているソフトバンクを応援しに行こうと思っています。

    毎年2〜3回は応援しに出かけていますが、今年は平昌オリンピックに加え小学生時代の同窓会があり、昨年に引き続き幹事を仰せつかりましたので例年にまして忙しい春となり今のところなかなか出かけて行く暇がありません。

    まあ何もすることがなくボンヤリしているよりかはマシなのかもしれませんが、体力が衰えてきてますのでオクサンからは『少しは自分の歳を考えて行動したら?』と注意される毎日ですが知らんふり!何せ気持ちだけは30代青春まっ只中ですから…

     

    オリンピックにつきましては冬の競技にあまり興味がありませんでしたのでどうでもいいや位にしか思っていなかったのですが、いざ始まってみるとスポーツ馬鹿の血が騒ぎだし結局は夫婦でドップリと浸かりきっています。

    ウチのオクサンとTV番組表とにらめっこであちこちチャンネルを切り替えてはその結果に一喜一憂しているところです。

     

    金を期待していた競技が失敗すると二人でガックリと落ち込み、脚の怪我で心配されていた羽生選手がショートプログラムで一位になると大喜びするとともに、次のフリースタイルは大丈夫だろうかと前日から心配でそわそわ… 見事優勝が決まった瞬間には二人でヤッターと狂喜乱舞?、おめでたい夫婦です。

     

    この後、私たちが気になっているのは今晩行われるスピードスケート女子500m!

    小平奈緒ちゃんが前評判通り優勝できるかどうかという一点にかかっています。

    今からビクビクソワソワしています。こればかりは蓮舫議員がなんといおうと私達にとりましては『1位じゃなきゃダメなんです。2位以下じゃダメなんですヨ〜』って感じ!

    夜になるのが怖いような待ち遠しいようなそんな気持ちでいます。

     

    といったところで話は変わりますが今年のバレンタインデー、婚活真っ最中の皆さんは如何でしたか?

    将棋の藤井6段のように沢山もらい過ぎて処置に困ったり、ホワイトデーのお返しに何を贈ろうかと頭を悩ませておられる…方ばかりだったら良いんですが、実態は如何でしたでしょう?

    悲喜交々いろんな方がおられたかと思いますが、沢山もらわれ処置に困っておられる方は私の方で無償で引き取りますから遠慮なく?ご持参ください!

    一個も貰えなかった方におかれましても毎度のことでしょうから?(失礼!)悲観し過ぎることなく来年の巻き返しを期して頑張っていきましょう!

    青春真っ只中の筈の私も今年はオクサンと姪から一個づつもらっただけという寂しい状況でした。

    そのことを『義理チョコすら一個も来ない』とオクサンにグチったら『大体その歳でそんなことを期待する方がおかしいのよ、バカみたい』と一笑に付されてしまいました。悲しみ

     

    最後に、会員さん達の婚活を見てて思うのですが二極分化の傾向が顕著に出ています。

    熱心な方はエントリープランのメリットを上手に活用してせっせと申込みを続けておられますし、活動に対して全く消極的な方は自ら動こうとはされず、ただひたすらに待ちの姿勢... 

    待ってるだけで相手がみつかるのであれば、結婚相談所に入会するまでもなくこれまでの段階で相手は見つかっていた筈。

    勿論自分が理想とするような人がその人をたまたま選んでそこで知り合いそこから結婚へと繋がるようなことも全くないということはありません。

    そういうチャンスにめぐまれたのであればそれはラッキー以外の何物でもないような気がします。

    私たちが14年この仕事をやって沢山のケースをみてきましたが、そういうケースはほんの一握り。

     

    エントリーにも自分は県外には行かないから…と頑なに県外の会員さんへの申し込みを拒否し続けておられる方も何人かおられます。特に素敵な方ほどそういった傾向は強くみられてきました。

    しかし、その方達につきましてもこれまでの事例から判断しますと、時間の経過とともにその方にもご家族の方達にも考え方に変化がみられています。

    すなわちお相手に求める条件も以前ほど高いものではなくかなりバーは下げられてきます。県外であっても人物として申し分なければそれでも構わない。年齢についても10歳位の差までなら可とか、職業は医師とか公務員とか弁護士とか最初考えていたものでなくても安定した収入を得られたら良い、とかいった風に変わってきています。

    ところが困ったことに今度は男性の方が出産年齢という大きな障害により35歳以上の女性の方については上にいけばいくほど次第に選ばなくなっていってしまいます。いくら外見が良くい素敵な方であっても若くて自分の子供を産んでくれそうな可能性の高い女性の方が良いという考え方に変わってしまったからです。

     

    婚活でお相手に求める条件については、私は性別・年齢別に限らず変化して当然ではないかと思っています。

    ところが世の中には初志貫徹ということなのでしょうか?頑として考え方を変えない方もおられます。

    そういう方は本気で結婚したいということを考えておられるのであればもう少し世の中の実態について目を向けるべきではないでしょうか?自分だけの殻に閉じこもっていると最終的に苦しむのはほかでもない自分であるということに気づいて下さい。

    自分にいろいろな要望・欲求があると同様に他の方にも同じような要望欲求があるのは当然なのですから…

     

    婚活やの親父こと

               

                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

     

     

     

     

    *次回は2月28日(水)に更新予定です。どうぞよろしくお願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    メークドラマ

    0

      暦の上では春を迎えたというのに連日ほんとに寒い日が続いています。

       

      我が家の裏庭の梅の木は大分前から蕾がふくらみかけていましたが、ここ最近の寒さが影響してか、全体としては六部咲きくらいのところで足踏みしているようです。

       

      特に北陸地方はケタ外れの大雪が降り続き交通渋滞で大変なようですが、宮崎でも氷点下の日が続くなど震えあがる寒い日が続いています。

      『寒い日の方が好き』と豪語?していた私ではありますが、ここまで冷たい北風にふきつけられると流石にギブアップ!

       

      ここ3日間ほどウォーキングの方はお休みにしていましたが、さすがにこれではあまりにも情けないということで今日は防風対策をしたうえでしっかりと歩いてきました。

      速足で歩いてきたので汗をかいてしまい、これだと風邪をひいてしまうと思い帰るとすぐにお風呂に飛び込みました。

      しばらくは雨も降らなさそうなので明日以降も宮沢賢治の精神で?ウォーキングを続けていこうと思っています。

       

      ところで1月31日・2月1日の2日間はNNR九州ブロックの定例会がありましたので久しぶりに私も福岡まで出かけてきました。

      毎年この時期に開かれる定例会ですが、さすがに福岡の方は宮崎よりも北の方にあるだけあって寒いというより痛いというほうがふさわしいような冷たい二日間でした。

      それでも親しい支部長さんや本部の会長さんを始めとする幹部の方達との勉強会や懇親会は楽しいものでした。

       

      翌日はエントリーで新規の無料相談が入っていましたのでそれに間に合うように朝早い便を予約して天神のバスターミナルまでいきましたが、宮崎・鹿児島方面だけ途中雪の為運行休止との案内があり予定のバスには乗れませんでした。

      2月1日には無料相談の予約が入っていたため何とかならないかと大分粘ってみましたが、こればかりは自然が相手だけにどうにもなる筈がありません。

      仕方がないので福岡〜高千穂〜延岡経由宮崎という路線で帰ることに急遽変更。途中高千穂の辺りは雪が積もっていましたのでどうなることかとハラハラしましたが、何とか出発から7時間後の16時前に宮崎に帰ってこれました。

       

      今回のことがあるまではTVで交通機関の欠航・欠便という報道ががあっても『あ、そう〜』と完全に他人事でしたが、そんな無関心な態度でいたから罰が当たったのかな?などと反省したことでした。

       

      それから2月8日には20代同士のカップルの成婚退会の報告がありました。

      このカップルの場合は男性の方が女性より7歳年下という珍しい組み合わせでした。

      この年齢差からして彼の方から申し込みがあった時点でも私達としましては流石にこの組み合わせは無理だろうと思っていました。しかし、外見からしますと彼女の方は20代前半といってもおかしくないくらい若々しい女性でしたし、彼の方は彼の方で30代前半といっていいくらい落ち着いた男性でしたので外見的には違和感のないカップルでした。

       

      彼からのお見合いの申し込みに対しても彼女としましては実年齢差からしてどうしたものかと迷っていましたが、ウチのオクサンのまあとにかく一度会うだけでも会ってみたら?とのアドバイスに従ってお見合いをされたらどういうわけか?彼女の方もお付き合いOKという返事がかえってきて交際開始ということになりました。

       

      私達としましてはそういうことであるならばあとはお二人のこのお付き合いの推移を見守ろうということにして、途中何度か進捗状況をお尋ねしましたが何の問題もなく順調に推移。

      交際開始後3か月目が来る時点でお二人に最終確認をしましたが、お二人の結論としましては目出度く成婚退会されるということになりました。

      彼の方が非常に熱心でした。彼女の方はおとなしい女性でしたが芯の強いしっかりした女性で且つ非常に優しい女性でしたのでご両親も彼女がこの人と決めたからには反対はしないといっておられたようです。

       

      式とか入籍とかはこれから二人で話し合って決めていかれるようですが、私達としましては出来るだけ早い時期に形をきちんと整えた方が良いですよというアドバイスをしました。

       

      年齢のことだけから判断すると難しいと思われるようなことでもお互いが納得したうえで付き合いを続けていかれるとこのようにハッピーエンドで終わることもあるというわけなのですね。

      何事も先入観だけでこれは無理だろうなどとかってな判断してはいけないという好事例かと思った次第です。

      これからあともいつまでもお二人仲よくお幸せにね!

       

      これから後は、バレンタインデーなるビッグイベントもあります。

      現在恋人がいないと嘆いておられる方達にとりましてもどんなドラマが待ち構えているかもしれません。

      古い話になりますが、20年ちょっと前に当時の長嶋茂雄巨人軍監督が『メークドラマ』なる言葉をつくりだして、巨人軍を最下位から優勝させたように人生どんなドラマが待っているかもしれません。

      やりたいことがあったらそれに向けて動きましょう!何もしなかったら何も始まりませんよ。

      メークドラマでいきましょう。何をしたいかターゲットを明確にした上でね。

       

      婚活やの親父こと

                   

                            (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

       

       

       

       

      *次回は19日を目途に更新しますので宜しくお願いします。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      自分のことをよく分かっていますか?

      0

        TVを見るたびに最強の寒波が襲来とかこの冬一番の寒い日とかいったニュースが更新されていきます。

        東京で氷点下ー4.7度を記録したそうですし、本場?の北海道では25日に氷点下ー31.3度まで下がってたようですから驚きです。

        宮崎でも13日に氷点下ー3.1度くらい迄下がりましたが全国的にみるとまだまだ良い方のようです。

         

        こんな風に寒くなり多くの人が縮こまっていると素直でない私の場合は逆にスイッチが入っていそいそと?散歩に出かけます。相変わらずオクサンからは変わった人という目で見られ続けていますが、私は全く意に介しません。

        更にこの時期は水仙が綺麗で、散歩道のあちこちでみかけることができるのも私の大きな楽しみの一つとなっています。

        大昔に流行ったフォークソング『7つの水仙』にあやかるわけではないですが、我が家の裏庭の花壇にも水仙を7本くらい植えていますので疲れた時などはそれを眺めては疲れをいやしています。

         

        そんな昨今ですが、20日(土)には4年ほど前に成婚退会されたカップルが2歳のお子さんを連れて遊びにきてくれました。

        『お二人が退会されたのはいつだったけなあ』と思いオクサンに尋ねたらすぐに『確か4年位前だったと思うわ』との返事がオウム返しに返ってきました。

         

        私の記憶の中では1年ちょっとくらいだったかな?となっていたので『そんなになるかなあ?』と疑いながら調べてみましたらズバリ3年と11ヶ月前。こういった記憶の確かさについてはとてもオクサンには太刀打ちできません。

        『暇な人間は覚えることが少なくていいよなあ』と精一杯の負け惜しみで返しましたが、正直なところオクサンの記憶力の確かさには驚かされることが度々あります。

        会員さん達のことについてもいろんなことを詳しく覚えていますので、最近は張り合うという無駄なことは止めて素直に教えてもらうことにしています。

         

        今回遊びにきてくれたご一家は男のお子さんを中心の三人家族で今なお息がぴったりの仲良し家族!坊ちゃんの方は、今回が二度目の訪問。もうそろそろ人見知りをする頃かなあと心配していましたが、全く人見知りをせずに私達ジジババを和ませてくれました。

        このジジババという言葉を使うとウチのオクサンはとても嫌がります。

        ジジは良いそうですがババにつきましては私と大分歳がはなれている為抵抗があるようです。それがわかっているだけに私は面白がって余計何度も使います。私も本気で私と同類に扱おうと思っているわけではないのですが、『抵抗を感じてるだろうなあ』と推察するのが楽しくてよく使います。

        しかし、今回は坊ちゃんがあまりに可愛らしかったのと私には何をいっても無駄だと諦めているからかご一家が帰られた後も余り文句はいいませんでした。

        坊ちゃんは年齢は3月で2歳になるそうで私達からするとほんとに自分たちの孫のように可愛い存在。お二人の相手はオクサンに任せ、私はお子さんのお守りに終始。お二人と直接お話しする時間が短かったのは残念でしたが、お陰様で良い思いをさせてもらいました。

         

        ひょんなご縁から我がエントリーでお二人が出逢いそして結ばれ、そのあとも私達としましては親戚のような感じでお付き合いをさせてもらっているということは私達にとりましては非常に嬉しいことです。これからあともずっとずっとお付き合い願えればと思う次第です。

        他にも10年ちょっと年賀状をやりとりさせていただいているご夫婦もあるなど親しくさせていただいているご家族が何組もあります。私達夫婦にとりましては何物にも代えがたい大切な宝物です。

         

        このようにエントリーには成婚退会された会員さんが良く遊びにきてくれます。中には忙しいだろうからと遠慮して来られない方もあるみたいですが、現在はエントリープランの採用でネット検索をされる会員さんが増えた関係上少しは時間に余裕もできました。お電話で確認の上遠慮なく出かけてきてください。

         

        最後に、婚活に関して最近気になっていることについて私見をのべてみたいと思います。

        お見合いはエントリーの会員さんである限りは、他のエントリーの会員さん達に対しては勿論、日本仲人連盟、良縁ネットの会員さんに対しましても原則として何方に対してもお見合いのお申込みをすることができます。

        しかし、当然のことながらどの会員さんもお申し込みをする権利があると同様に、どの会員さんに対してもお断りする権利もあります。その為入会したからといって必ず『お見合いできる』とか『結婚できる』といった保証はありません。

         

        そういう約束ごとがある以上は、とにかく少しでも早く結婚するということが一番の願望である人の場合はできるだけ断られずに済むような申し込みをしていった方が得策かと思います。

        また、どんなに時間がかかっても良いから自分が憧れの気持ちを抱けるような人にばかり申し込みたいというのであればそういう人に申し込み続けるというのも一つの方策です。

        但しその場合時間の経過とともにご自分の年齢の方も増えていき、結婚についての条件は更に難しくなるということは当然計算にいれておかなければなりません。

         

        私はこれまでも何度か書き、今でも信念として持っている言葉ですが、『敵を知り己を知らば百戦危うからず』の通りに婚活を進めていけば婚活ははるかに円滑に進むと思います。

        しかし、婚活に関しては私からしますと『敵(相手)』のことはある程度わかっている一方肝心の『己(自分)』のことが全く分かっていない人が非常に多いように思えてなりません。

        従ってそこに『不釣り合い』が発生し当然のごとく良い結果はうまれていません。

         

        私たちは会員さんがお申込みをされる度にはその方のそれまでのお申込みとその結果について検証し、今回のお申し込みはこれでよかったんだろうか?ということを常に考え、結末も予測します。そしてその予測が外れるということは今までの経験からすると一度もありませんでした。

        だからといってお申込みの段階でそれは『止めた方が良いですよ』といって止(と)めることは余程の場合でない限りは致しません。

        結果が出ていない以上は100%私達の読み通りになるかどうかは分からないからです。

         

        いずれにしても自分のことを知り相手のことも知ってお見合いをしていけば結末はかなりの高い確率でうまくいくのではないかと思われます。

        しかし、現状はどうかというと、お相手のことを知らないのは無理のないことだと思うにしても余りにも自分のことを知らなさすぎる人が多いようでそのことが残念でなりません。なかなか婚活が思うように進まない方は一つの出会いごとにその結果についての振り返りの大切さを充分認識されては如何でしょう?。

         

        婚活やの親父こと 

                     

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

         

         

        *次回は2月9日(金)を目途に更新したいと思いますので宜しくお願いします。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        結婚したい理由の優先順位

        0

          ほんとに落ち着かない天候が続きます。

          この冬最強の寒波とかで氷点下の日が続いたかと思うと、今日など宮崎市は21.5度で夏日といった暖かい一日。

          どうなってるんでしょうかねえ。明日も日中は暖かい一日だそうですが、そのあとはまた強い寒波が待っているそうです。

          私の方は暑いのはからっきし駄目ですが、出向で東北暮らしを7年ほど経験したおかげということもあってか私の体は寒冷地仕様に変わってきたみたいで少々の寒さの方は一向に苦になりません。

          ここ最近の氷点下の中でも私はしっかりと寒風吹きすさぶ中をウォーキングしてきました。こういう厳しい天候になると私の方は逆に燃えてくるみたいでしっかりと予定のコースを歩ききることができました。

          『変な人…』日ごろの軟弱な私を見続けているオクサンは呆れていましたが、私は気持ちの良い汗をかくことができて最高でした。

           

          といったところでガラっと話は変わりますが、エントリープランを導入後、特別な理由のない会員さん以外はほとんどの方がこちらの方に移動されましたので、その結果お相手探しのファイルを見るだけの為にエントリーにわざわざ出て来られる方は大幅に少なくなりました。

          その結果、ネットでお相手探しをされる会員さんが大幅に増えましたので、その分こちらが直接お相手する時間は軽減されましたのでその分はかなり楽になりました。

          しかし、それに相反するように以前に較べるとお見合いの件数は飛躍的に増えてきましたので、オクサンの方はお見合時間や場所の調整の為大忙しで、毎日アタフタとしています。

           

          一方その調整をオクサンの方に任せている私としましては狙い通り時間に余裕ができましたので、無料相談の方や会員さんの込み入ったご相談のお相手に時間を注いでいます。

          また、作り上げたばかりのホームページについて更に見直して改善した方が良いところはないかもチェックしています。皆様におかれましてもホームページにつき良いアドバイスがありましたらご指摘いただけますと助かりますのでどうぞよろしくお願いします。

           

          また、ネットを利用したお見合いや無料相談の申し込みが増えてきた分県外のかたとのお見合いの件数も増えてきまして、以前と比べますと県外からお見合いの為に宮崎までこられる方もかなり増えてきました。

          その結果お見合いされるお二方のお引合せの立ち合いの為に待ち合わせ場所に出かけるウチのオクサンは結構大忙しです。

          そこのところは私と二人で何とかカバーしあって...といいたいところですが、実のところこのお引合せについてはフットワークの良いオクサンが殆どひとりで頑張ってくれていますので、“負んぶに抱っこ”の私としましては大助かりです。

           

          以前は宮崎の人というか少なくともエントリに在籍しておられた女性会員さんの多くは、県外には出たがらないという傾向が強くいくら県外の人を薦めても『県外』と聞いただけで『NO!』という方が殆どでした。

          確かに親元に近い方が何かと便利ですし、私の姉達のケースを考えてみても私も『そりゃそうだろうなあ』と実感できましたので

          私たちはそういった会員さん達のご意向を極力実現させてあげれるように、エントリーの女性会員さんのお見合い相手は県内の人を中心にお見合いのお相手の選択をを薦めてきました。

           

          しかし、それでうまくいった場合は万々歳なんですが、お相手を選ぶ要因をそういう地理的要因を優先して選んでいくようにすると自ら門戸を狭くしていくわけですから自分の希望に沿う人をみつけるのは非常に難しくなっていきます。

          従いましてお見合いの成立件数も減ってきますし、そのあとに繋がっていきません。

          あくまで自分の希望に固執して時間はかかってもそういう人が現れるまで待ち続けたいという方につきましてはしばらくの間はご要望通り様子をみていきます。

          しかし、そのままいくとどうしてもすぐには見つからないであろうと判断した場合にはその方を説得し、ご自分がお相手に求めている条件を“ふるい”にかけるようにしています。

          その上でこれは外しても構わないのではないかとと思われるような条件については合格基準を緩めるといった現実路線を選択するようにお薦めしています。

           

          しかし、それとなくそのようなことをお薦めしても『いや、それでも私は自分の思った通りやっていきたい』と仰る方につきましては、当然のことながらご本人がその気になられるまではこちらからはお薦めしません。皆さんもいい大人ですから…

           

          一刻も早く結婚したいのに中々結婚できないけどどうしたらよいかと相談に来られる会員さんも結構沢山おられます。

          私はこういった悩みを抱いている方には次のようにアドバイスすることにしています。

           

          先ずその方に『そもそもあなたは何の為に結婚しようと思われましたか?そしてそう思われた理由を今でも明確に把握しておられますか?』と問いかけるようにしています。

          『好きな人といつまでもずーっと一緒に居たいから…』、『安定した生活の保障が欲しいから…』、『自分の子供が欲しいから…』、『一人で生きていくのは不安だから…』、『いつまでも一人だと恥ずかしいから…』、『精神的な支えが欲しいから…』etc. 皆さん夫々いろんな理由をお持ちです。

           

          そしてその希望を実現する為にお相手の方に対して望むことはどんなことかと聞いてみると『ルックスが良く、高学歴で、高身長の優しい人』、『経済力のある人』、『できるだけ若い人』、『思いやりがあり頼りになる人』、『家族を大切にしてくれる人』、『県外ではなく極力近いところに住んでいる人』etc.  沢山沢山出てきます。

           

          しかし、考えてもみてください。そんな何もかも揃っている人がいたら結婚相談所に来るまでもなくサッサと結婚が決まってしまっているんじゃないでしょうか?

          もしたまたま残っていたとしても競争率が非常に高く、そこを勝ち抜くのはどんな人であれ至難の業なのではないでしょうか?

           

          結婚相手を探すということは芸能人の人気投票をするのとは違います。

          しっかりと現実をみつめた上で相手に対する幾つかの要望事項について優先順位をつけて整理し直してみては如何でしょう?全部の希望が満たされなくても、優先順位の高い希望項目が入っていたらそれで良しとする位の気持ちでお相手に対する要望事項を整理していった方が良い結論にたどり着きやすいということは往々にしてよくあることです。

           

          例えば地理的要因にこだわる方についても、昔と違って近年は交通事情が大幅に改善されてきています。

          県外の人といっても交通の便如何(いかん)によっては県内の交通不便なところに住む方よりも時間的にはずっと早く会えるというケースは少なくありません。

          世の中は以前と比べて目まぐるしく大きな変化を遂げてきています。古い固定観念にとらわれることなく、門戸を広げ、チャンスの芽を自ら摘み取るようなことはしないで自分自身を客観的な目で正しく把握し、何事も前向きに考えていくことが大切なのではないでしょうか?

          相手にいろんなことを求めたくなる気持ちは十分理解できますが、時には自分にそれだけのことを求める資格が備わっているだろうか?というように自分の行動を見直す謙虚な姿勢も大切なことなのではないでしょうか?

           

          相手に対し求め過ぎず、卑屈になり過ぎず、自然体で接していけば自ずと道は開けてくると思います。

           

          私自身ももっともっといろんな人に接し、いろんなことを吸収して自分の中でそれらを充分に咀嚼(そしゃく)して完全に自分のものにしたうえで、アドバイスを必要としておられる方のお役に立てるようになれればなと心からそう思う次第です。

           

          婚活やの親父こと

                      

                            (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

           

           

          ※次回は1月30日(火)に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          新年にあたっての抱負

          0

            お正月三が日も終わり、七日正月や六日からの三連休も終わってようやく世の中も平静さを取り戻してきつつあるようです。

            私のお正月は一日に初詣に行き、エントリーの会員さん達の婚活が少しでも早く実を結ぶことを祈願することから始まりました。

            おみくじを引いたらなんとこれが『大吉』!きっと私共々会員さん達にとりましても良い年になるのではないかと期待しているところです。

             

            それ以外はおせち料理を食べながらTVの前に座り込んでの駅伝三昧!というぐうたらな三日間を過ごしました。

            駅伝の方は旭化成がぶっちぎりで優勝を果たしましたし、箱根駅伝の方も我が早稲田が優勝こそできませんでしたが何とか三位は確保することができましたので、まあこちらの方もTVの前に張り付いただけのことはあったなと良い気分に浸ったことでした。

             

            ところで『一年の計は元旦にあり』とかいいますのでさて、今年はどんな年にしたものかと私なりにいろいろ考えてみました。

            やはり第一にくるのは沢山の方にエントリーに入会して戴いて、エントリーの会員さん同士で成婚していただくこと!これにつきます。

             

            『少子高齢化』『人口減少』問題がわが国の現実的な大きな問題としてクローズアップされています。

            特に宮崎県の人口は全国平均より約5年早く高齢化が進行しているそうですから私達宮崎県民としましてはより深刻な問題として受け止める必要がありそうです。

            我がエントリーも仕事がらからいっても成婚退会者が沢山増え、赤ちゃんが沢山生まれてくるように応援していかなければならないなと強く思っています。

             

            尚、今年もOB会員さん達からたくさんの年賀状を戴きましたが、まだ見ぬお子さんが沢山誕生していました。

             

            それに年賀状を戴いた方の中にはお子さんが今年の4月から小学校6年や5年生になられるご夫婦もおられましたから驚きです。

            また、エントリーに連れて来てもらった時のあの小さかったお子さんが年賀状の写真ではぐっと成長されて写っておられるのを見ると、自分も年を取る筈だよなあとしみじみそう思いったことでした。

             

            さらに、若干年齢がいかれてから結婚されたカップルに可愛いお子さんが誕生していたのにも驚かされました。

            ご本人達もご自分達の年齢からして余り期待はしておられなかったように感じていましたが、なんのなんの相当頑張られたらしく?元気そうな男の子が誕生していました。

            戸籍上の年齢だけで子供が出来るとかできないとか決めつけてはいけないという顕著な例ということでしょうか。

             

            因みに、私は両親が結婚してから15年目に生まれたとのこと。両親も自分達にはてっきり子供は生まれないものだと諦めて子犬を飼っていたそうです。

            ところがそんなところに突然一番上の姉、そしてその2年後に二番目の姉、そしてその3年後に私が生まれたそうですから驚きです。

            歳をとってからの子供だっただけにちゃんと育つかどうか心配かけたみたいですが、お陰様で私たちは3人とも元気に育ちました。いちばん歳がいってからの私も小さい頃は結構ガキ大将でしたし、現在も慢性膵炎という持病こそ抱えていますが、お酒が飲めないという以外は普通の生活をしています。

            今現在たまたまお子さんに恵まれておられない方もこれからさきどういう展開がまっているかわからないので夢をあきらめずに頑張っていって下さいますよう…

            尚、我が家のこの話は嘘偽りのない実話ですので念の為!

             

             

            最後に、このブログを読んでいただいているということはエントリーのホームページ全体に目を通して戴いているということでしょうから、私としましては喜ばしき限り。

            目を通された上で、皆さんとしてのいろんな感想をお持ちかと思いますが、皆さんの抱かれている感想について私がいちばん心配(怖れ?)していますのは前回迄のホームページに較べ、今回のブログへの私の写真での露出が多い点…

             

            私としましては自分で自分の写真を見直すたびに本気で自己嫌悪に陥り、オクサンや業者の人には『絶対に自分の写真は出さない!』と抵抗し続けていたのですが、業者の人から『私たちがご結婚まで誠心誠意お世話させていただきます』と書いてあるのにそこにオクサンの写真しかなかったら読まれる人はどう思われますか?』と詰め寄られますと流石に私もギブアップ。

             

            たしかによくよく考えてみれば元々が勿体をつけれるような顔ではないし、単に前頭部がさだまさしのように大きく禿げ上がっているだけのことじゃないか…と観念しその勢いでも写真を三枚も載せてしまいました。『なるようになるさ』、完全な開きなおりです。

            そうです。この前頭部禿げ上がったオッサンが『哲』こと私の素顔です。

            これからあとも必要な場合は皆さんの気分を悪くさせない程度に掲載していきますので覚悟していて下さい。かといって流石にインスタグラムにまで進出するような厚かましさはないですが…   

             

            婚活やの親父こと

                         哲

                                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

             

             

            ※どうしようかと思っているうちに結局はまたしてもこれまで同様長文で同じような傾向の文章になってしまいました。

             次回は他の会員さんの書かれたブログや、エントリーの会員さんの意見も反映しながら書いていきたいと思っています。

             次回の更新の予定は前のブログの時と同様に大体10日置きに更新していきたいと思っていますので20日頃になるかと思いま すので、どうぞよろしくお願致します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            新年あけましておめでとうございます。

            0

              2018年戌年、またしても新しい年がやってきました。 

              私のように沢山年を重ねてきますと、また来たか...といった感じくらいで特別な感慨などというものはありません。

              やれやれまた一つ歳が増えてしまうじゃないか、来てくれと頼んだわけじゃないのに…。

              こんな風にひねくれた見方をするのは私だけ?...かと思っていましたら意外や意外私の周りにはそういう方は沢山いました

              私と同年配の皆さん、早く結婚したいと思いながらもなかなか良いご縁に恵まれないうちにまたしても年齢だけが増えることになり焦りを感じておられる方(特にお年頃の女性)等々。

               

              私と同年配の皆さんは別にして、そういう悩める方達に対してはウチのオクサンと一緒になってその方達が少しでも早く幸せな結婚という形で終われるよう全力でバックアップしていきたいと思っています。

               

              その為にも現在婚活に取り組んでおられる方達におかれましてはただ他人任せだけの待ちの姿勢で『運命のお相手』が空から降ってくるのを待つのではなく積極的に自らも行動しましょう!

              このブログのサブタイトル『何もしなかったら何も始まりません』の反意語として『何かをしたら何かが始まる』ことを信じて動くことです。

              私達と一緒になって全力で取り組んでいけば、今年が必ずやおめでたい年になると思いますので。

               

              ところで話は変わりますが、エントリーは昨年、特に年末にかけてはホームページのリニューアルでほんとに大忙しの毎日でした。

              それでも悪戦苦闘の末、このように何とか一応の完成をみることができようやく落ち着くことができました。

              ブログの書き方についてもそれまでとは大分変わったものになりましたので、メカに強くないというよりハッキリいって『メカ音痴』の私としましてはどんなふうに書いていったら良いんだろうと内容を云々というよりは書き方になれるまでが当分の間はかなり苦労しそうです。

               

              リニューアル以前のブログに書いていた私のブログはエントリーの会員さんや、不特定多数の婚活してみたい方、私の昔からの友知人等々を対象に書いていましたので一貫性がなくただいたづらに長いだけの文章だったのではないかと反省しています。

              今後は対象者がこれまでと異なり、いろんな方の目に触れるようになるみたいなのでどのような内容にしていくかはこれからじっくり考え、試行錯誤を繰り返しながら形を整えていこうと思っていますので今後ともどうぞよろしくお願いします。

              更新サイクルは10日に1回を目安に更新していきたいと思っています。

              お読み戴いていろいろご感想等ございましたらご指摘いただければ幸いです。

               

              婚活やの親父こと

                           哲

                                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)   

               

               

              次回は1月10日前後を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

               

              ※※昨年の最終回を読んでおられない方で関心がおありの方は上記旧ブログをクリックして戴ければご覧戴くことができます。


              | 1/1PAGES |