オンラインミーティング

0

    北海道、東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、兵庫、京都の8つの都道府県については特定警戒都道府県の指定が継続されましたが、同じく特定警戒都道府県に指定されていた茨城、石川、愛知、岐阜、福岡の5県を含む残る39県については緊急事態宣言の対象から正式に解除されたことが発表されました。

     

    我が宮崎県につきましては、一応緊急事態宣言は解除されたものの、基本的に県をまたいでの移動等に関する厳しい自粛要請等は残ったままなので、”たっぷり時間があるからこの機を利用して楽しい旅行を”などといったようなことはできません…と、いった感じで、確かに現状はいろんな自粛要請が出されています。

    従いましてストレスの為苛々しておられるであろう会員さんに対しての直接的な婚活支援とかいったことはなかなかできにくい状況下にあります。

    そんなわけでエントリーとしましては、コロナ騒動が落ち着くまでの間は対面での接触が避けられるオンラインを利用しての婚活支援に力を入れていくことにしました。

     

    基本的に、婚活というのは実際に直接お会いしての活動がベストだと思ってはいるのですが、今のように対面での接触が制限されている以上はそれを守らないと、そのツケは回り回って最終的には自分に戻ってきますのでしっかり守らざるをえません。

                                                                                                                   

    と、なってきますと、そのような状況下で効果的な婚活を続けていくためにはどうしたら良いものかといろいろ考えてみました。

    すると最近TVなどを見ていますと、芸能人たちがオンラインを利用してのオンライン飲み会 or ミーティングなるものを積極的に行っているというニュースが目に留まります。

    興味をひかれたので、よくよく注意してみていきますと、芸能人に限らず一般の人達も暇つぶしのストレス対策として結構頻繁にやっておられるということがわかりました。

     

    なるほど、そういう手もあるのか〜、そういうことであれば、何も悩む必要なんかないじゃない、『オンラインミーティングを積極的に利用するだけの話!』という結論に達し、早速我が家にあるパソコンやタブレット、スマホを利用してオンラインミーティングなるものにトライしてみました。

    確かに友人が言ってた通り、決してそんなに難しいものではなく意外と簡単にできました。

    こういうことならこれをうまく活用して会員さんたちのフォローをすることは難しくないんじゃないか?ということでこれまでに既に友知人を含む何人かの方とオンライン通話なるものを実際に実施してみました。

     

    最初は操作ミスや戸惑いもあったりで結構ぎこちない出だしでしたが、何人かと話し終わる頃にはすっかりスムーズに対話することができましたので、これからは他の会員さんや入会を考えておられる新規の方などともオンライン通話は可能かと思っています。

     

    思うに、オンラインミーティングというのは前述の通り両者の距離が離れているような場合にお互いに顔を見ながら話すことができるという点では非常に大きなメリットがあるかと思いますので、特に遠方に住む人同士の『お見合い』のような場合に使用するには最適なのではないでしょうか?

     

    但し、中にはオンラインで顔を見ながら話すのは非常に苦手であるというような方もおられます。

    従いまして一方の方が『オンラインによるお見合い』を希望されたとしましてもこれを受ける側の方が『オンラインによるお見合い』は苦手だとおっしゃるような場合にはオンラインを利用してのお見合いは成立しません。

     

    実際に今回エントリーでも、このようなケースが発生しました。

    どういうことかといいますと、今回エントリーのある会員さんから、他県の相談所の会員さんにお見合いの申し込みをしましたところお相手の会員さんからはオンラインを利用してのお見合いであればお受けしますとの返事が返ってきました。

    これを受け、双方の相談所を含む両会員さんとの間で協議を重ねました結果、今回は『オンライン』お見合いではなく実際に両者がお会いしての『対面式お見合い』をするいうことで決着がつきました。

     

    要はオンライン方式であれ、対面方式であれ肝心のお二人にとってベストな形でのお見合いが出来ればよいわけですから、取り敢えずは良かったなあと思ったことでした。

    あとは実際にお二人が実際に会われた後で交際に入られるとそれに越したことはないのですが、それについてはどうなりますことやら…、期待してその結果を待つことにします。                                       

                                                            (完)

     

     

    婚活やのおじちゃんこと

                     

              宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

    ※次回は5月31日(日)に更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     


    国や地方自治体からの支援金

    0

      もう5月に入ってしまいました。ほんとに早いものです。

      例年であるならば、5月というと4月下旬から引き続いて連休が集中していることから、まさに『ゴールデンウイーク』として日本国民の大多数が大移動する楽しみのたくさん詰まった期間。

       

      ところが今年に限っては新型コロナウィルスのおかげで4月16日に日本全都道府県に対してゴールデンウィーク明けの5月6日まで『緊急事態宣言』が発令されてしまいました。

      その関係で不要不急の外出は控えなければならないということになりましたので、今年のゴールデンウィークは例年に比べると極端に人の出入りの少ないダークウィークになってしまいました。

       

      おまけに、5月6日までの活動自粛期間については進捗状況がかなり目標を下回ったことから、『緊急事態宣言』が原則として5月31日にまで延長されることになりました。

      しかし、そうはいっても各県の動きについてみていきますと大きなバラツキが見られます。

      これを受け、西村康稔経済再生担当相は7日の記者会見で、緊急事態宣言の地域ごとの解除については5月14日をめどに検討するということを発表し、新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが5月6日時点で1週間続いた17県などに対しては「解除が視野に入っている」と述べました。

      最終的には重症者の受け入れ余力を含む医療提供体制の状況といったことも踏まえて判断する考えを示すなど事態は流動的です。

       

      それとともに国民が大きな関心をしめしているのが国や地方自治体からの支援金ということになるかと思います。

      こういった支援金なるものは現在の困窮事態に対するフォローのために支給するものなので、その性格からして極力支給時期を急いでもらうことが必要です。

      しかし、現実には支給基準が非常に厳しいものであったり、支給のタイミングが遅すぎる等の問題点が指摘されており、緊急事態宣言の発動により困窮した国民を救済するという観点からしますと、現状では実態に即したものにはなっていないというのが正直なところではないでしょうか?

       

      また、国民一人一人にいきわたることになっている一人10万円の支援金についても支給の手続きがかなり面倒。

      そういう面倒だという人に対しては国から届く書類を待ってそれに必要事項を記入して申請するという方式もあるが、そのための申請用紙の配布が5月下旬になってからということのようなので、それだと少しでも早く支給して欲しい人のニーズには応えきれません。

       

      更に受給を急ぐ人のに対してはマイナンバーカードを使って引き出すというやり方も案内されているが、マイナンバーカードの暗証番号をどれだけの人が覚えているかというとかなり疑問で、7日の混乱ぶりをみてもわかるとおり忘れてしまったという人が数多く手続きにかなりの時間がかかっている。

      スマフォを活用しての登録ができるという便利さもあるようであるが、私のようにスマフォが苦手な人間からすると却って戸惑うことの方が多いのでこれではお手上げ。

       

      幸いウチのオクサンはスマフォが得意なので私の記入ミスで大分苦労はさせてしまいましたが何とか受給手続きは完了できたように思います。しかし、果たしてこれで無事受給できるかどうかについてはもらってみるまで自信がありません。

      宮崎市の『オンライン申請に係るコールセンター』にもいろいろ問合せしましたが、手続きが始まったばかりのせいか要領を得た手際のよい返答は得られませんでした。

       

      また、同じ宮崎県においても都城市と宮崎市との間では受給の処理に大きな違いがあるようです。

      都城市の方では早くからこの問題に取り組んでおり、宮崎市より早いタイミングで受給できるやに聞いています。

      地域のリーダーの能力の差といってしまえばそれまでですが、同じ県内の住人であるからには、都城市を見習ってもう少し住民のためになるような情報の共有化を図って欲しいものです。

       

      また、話は変わりますが、最近はネットを利用しての『オンライン飲み会』とか『オンラインお見合い』なるものがあちこちで開かれるようになってきました。

      エントリーでも、こちらから県外の他相談所の会員さんに対してお見合いの申し込みをしましたところ、オンラインによるお見合い

      でしたらお受けしますとの返事がきました。

      それを受け、申込をされたエントリーの会員さんの都合を聞きといろいろ調整した結果、結論としましては face to faceで顔付き合わせたうえでの従来通りのお見合いしたいというエントリーの会員さんの意向を受け、エントリーの会員さんが先方の現在住んでおられる土地まで出向き、そこでお見合いをすることになりました。

      但し、時期については現在のコロナが蔓延している状況を受け、実施時期はコロナ危機が現在より少しは落ち着くであろう6月に行うことで話がつきました。

       

      新型コロナウィルスのおかげで世界中が大変な被害を被っていますが、一刻も早くこの騒動が終幕を迎えてくれることを心から祈る次第です。(完)

       

      婚活やのおじちゃんこと

                      哲               

       

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)  

       

       

       

      ※次回は5月20日(水)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。

       

       

       

       

       

       

       

       


      ひょっとしてコロナ…???

      0

        米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウィルス感染症による死者が4月28日現在、世界全体で20万人を超えたとのこと。10日に10万人を超えてから約2週間で倍増。増加ペースは鈍化せず、死者の9割近くを占める欧米を中心に依然として被害拡大が続いているようです。

         

        また、世界各国でのウィルス検査の拡充を反映したおかげで感染者数は約300万人にまで増えてきました。死者は3月31日に4万人を上回ってからは、1〜2日ごとに1万人以上が増える状態が4週間近く続いてきました。

        4月2日に死者が5万人を超えた後、10日に10万人、17日に15万人と約一週間ごとに死者が5万人ずつ増えてきました。

        感染者数が90万人以上で世界最多の米国が,死者も最も多く5万人を超えています。

        次いでイタリア、スペイン、フランス、イギリスの欧州4か国でもそれぞれ2万人以上が死亡しています。恐ろしいことです。

         

        ところで、新型コロナウィルスてについては以上述べてきた通りで相変わらずの状況ではありますが、そのウィルスについて私にとって、最近どきっとすることがあり肝を冷やしました。

        どういうことかといいますと一昨日の晩からからウチのオクサンが急に具合が悪いと言い出して早くからベッドに入り休みました。

        普段は殺しても死なない?というくらい元気いっぱいのオクサンだけに私としましては超びっくり。

        早速熱を測ろうにも体温計の電池がなくなっていました。電池を新しく買おうとしましたが、残念ながらどこにも販売していませんでした。

        それならということで今度は体温計自体を新しく買おうとしましたが、今度はマスクの時と同じでそれすら店頭には並んでいませんでした。

        仕方がないので近所に住む姉のところから体温計を借りてきて熱をはかりましたら37度9分!目安の37度5分を超えていました。ひょっとしてコロナウィルス???ということでそのあとも時間を空けて何度も計り続けていましたら有難いことに36度台にまで下がってきました。

        ウチのオクサンは責任感が強いので『やばい、これでコロナウィルスにでもなったら家族に迷惑をかけてしまう』と思ったのでその気力で熱を下げたのではないか?と思ったほどそのあとは何度計りなおしてもずっと36度台。

         

        それでも私は心配でしたので病院に連れて行こうとしましたが、『いや、大丈夫。私は一人で行く』と言い張って私のいうことをききません。

        仕方がないので何かあったらすぐ連絡するようにといってひとりで行かせましたが、結果としてはコロナウィルスではなさそうだということで、アビガンならぬ他の胃腸薬等をもらって帰ってきましたので一安心。

         

        コロナウィルスの場合だと最近致死率が上がってきているように感じていますので心配でした。

        病院についてはこれまで私は何度も煮え湯を飲まされ続けてきたことがあり、一部の宮崎の病院に対して強い不信感をもっています。

        そんな経緯もあり、今回もその診察結果に対しては殆ど信用してはいなかったのですが、今回は予想に反してまあまあ私の想定内の結果が出ていたように思います。

        私はこれまでも、そして現在も何やかにや沢山の病気をしてきたおかげで、これまで沢山の病院に出かけて行って診察してもらってきていますし、ネットでもその診断結果についてはいつも自分なりに検証してきました。

        従いまして、何を生意気なと顰蹙(ひんしゅく)を買いそうですが、おおよそのことについてはある程度の判断ができるような気がしています。勿論過信などしてしまったことにはとんでもないことになってしまいますので自分なりにセーブしてはいるつもりですが…

         

        今回は私の予想に対してそんなにかけ離れた酷い診断結果ではなかったように思いました。

        従いまして都合の良い事だけは信じてやることにして、それでちょっとの間様子をみることにしました。

         

        今日もまだ病院から帰ってきたばかりですので大事をとって休んでもらっていますが、お陰様で熱もなく元気にしていますので、とりあえず安心しています。

        それでも決して油断することなく間違っても先日亡くなった女優の岡江久美子さんのような取り返しのつかない状態にだけはしないつもりでしっかりフォローしていこうと思っています。

        そしてそれから一日たった本日は朝から熱も下がり、体調もよいようです。

        今回ばかりは医師から処方してもらった薬が効いているようで、私としてもほっとしているところです。

         

        婚活やのおじちゃんこと

                        哲

                               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)   

         

         

        ※次回は5月10日(日)の更新を予定していますので、どうぞ宜しくお願い致します。

         

         

         

         

         


        『緊急事態宣言』が日本全国に発令

        0

          前回のブログで紹介しましたように、4月7日になってようやく新型コロナウィルス特別措置法に基づく『緊急事態宣言』が特定の7都府県に対して発令されましたが、今度は4月16日に前述の7都府県を含む新たに日本全都道府県に対して同様の『緊急事態宣言』が発令されました。

           

          ここのところは、毎日朝から晩まで新型コロナウィルスに関する話題ばかりです。

          ブログの方も少しは明るい話題を提供したいものだとは思っているのですが、入ってくるニュースが暗いものばかりにつきなかなか切り替えが難しく思うに任せません。

          少し明るいニュースをと無理して探すと星野源が作った『うちで踊ろう』に合わせていろんなミュージシャンや芸能人が歌ったりフリをつけたりといったのが明るいニュースとして取り上げられたりしたことがあげられるかもしれませんが、これについても『うちで踊ろう』をバックに安倍首相の寛いでいるシーンが問題になったりとなかなか難しいものですよね。

           

          それにしても全国の『個人事業の人たち』に対しては、感染を早く収束させるようにと、いろんな規制がかけられています。

          従って営業自粛等々の規制により収入が落ち込んだ分についてはどうやってカバーしていったらよいのだろうと、切実な問題を抱え悩んでおられる方たちが全国に溢れています。

          本来であるならば規制をかけた側がその落ち込んだ分を補填するのが当然なんでしょうが、何分相手がウィルスだけにそう簡単には事が運びません。

          かといって難しい問題だからということでこのまま放っておいたら世界中の誰もが感染し、死にいたる危険性をはらんでいますから厄介です。

           

          政府も大いに頭を悩ませ、当初は特別苦しいだろうと思われる人に対してのみ30万円支給するという方針を打ち出していましたが、いろいろ検討した結果、今度は国民全員に一律10万円支給といったような方針に変わってきました。

          支給時期、支給方法等まだまだ詰めなければならない問題は多々残っているようですが、経済より生命です。いずれにせよ少しでも早く、少しでも多くの補償金が支払われることを望む次第です。

           

          結婚相談業においても、政府からのとにかく不要不急の場合は極力家から出ないようにとの強いお願いが出されていることもありますので、婚活を続けること自体が容易なことではなくなってきています。

          今月エントリーに来られた方の中にも、やはり政府からのお達し事項を気にされる方が何人かおられました。

          ある人は契約するに際し、今、契約しても来月になってから契約してもそんなに大きな違いはないだろうからといって、割とすんなりと契約してもらえました。

          しかし別の人はせっかくここで今契約して入会したとしてもしばらくは表立った活動は難しいだろうから、5月になって少しお落ち着いてから契約しにきますとのお返事。

           

          どうせなら入会を思い立った時が他の人に先んじてお相手探しができますので、その方がお相手探しには有利だと思うのですが、こればかりはいろんな考え方がありますのでこちらから無理強いはできません。

          こういう人に対しては、その後こちらで充分にフォローしていって一番良いと思われるタイミングに改めてお勧めするしかないのかなと思っています。

           

          そんな訳で結婚相談業を営む私達にとっても大きな影響はでています。

          前年同期と比べますとやはり実績はダウンしていますが、4月から5月の前半につきましては世界中の色んな業種の人たちが新型コロナウィルスのおかげで苦しめられているわけですから、ある程度の困難はやむ無しと腹をくくっているところです。

           

          また、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、現行のルールではお見合いや交際を続けることについて対応が難しくなってきたことがいろんな面でみられるようになってきています。

          現行のルールで問題があると思われる点につきましては、後になってトラブルがおきないように暫定ルールがつくられ現行ルールに優先して適用することになりましたので、下記にその主な内容について紹介しておきます。

          但し以下の暫定ルールは新型コロナウィルスの感染拡大に伴う期間限定の対応となりますので、その感染の状況に応じて逐次変更される可能性がありますので、その際は別途案内するということを予(あらかじ)めご承知おき下さい。

           

          .交際後一度もお会いしてない場合のペナルティーについて

            仝醜團襦璽襦 [姫錺優奪汎瓜里琉瞳錣里Δ繊交際後一度も会ってない場合、会員は1万円のペナルティーを請求されます。                                  

            ∋団螢襦璽襦 〇団蠹に5月末までのお見合いに関してはペナルティーを免除します。オンラインでの交際も期間限定で許容

                    されます。その後については、5月の理事会で期間延長となった場合は改めて案内します。

           

          2.お見合い日の設定について

            仝醜團襦璽襦  ,見合い日は申し込んで一か月以内に設定しなければならない

            ∋団螢襦璽襦  ,見合い日の設定について感染が落ち着くまでは期限は設けない

           

          3.交際の期間について  

            仝醜團襦璽襦  仝鮑欖間は3か月とする

            ∋団螢襦璽襦  仝鮑欖間の延長を原則として6か月まで認める

           

          と以上のようにルールを暫定的に変更しました。これが再変更になる場合はその都度対象者にエントリーより案内します。

           

          とこのように新型コロナウィルスは結婚相談業に対してもいろんな面で大きな影響を与えていますが、私達としましては会員の皆様に迷惑のかからないように、冷静にその推移をフォローの上対応していかなければと思っています。(完)

           

           婚活やのおじちゃんこと

                           

                      宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)          

                                

           

           

           

          ※次回は4月30日(木)に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。

           

           

           

           

           

           


          疫病神新型コロナウィルス、未だ衰えを見せず

          0

            今年に入ってからずっと朝から晩までひっきりなしに話題に上がり続けるのが例の疫病神新型コロナウィルス!

            ほんとにもういい加減にしてくれと叫びたくなるほどのこの疫病神は、まだまだ元気いっぱいみたいで世界中で暴れまわっています。特にこの数日は、感染経路の分からない感染者が増え続けているそうです。

            感染が急速に広がって、国民生活や経済に深刻な被害を与えるとともに、医療体制も崩壊しかねない段階に入ったという判断で、事態は重大局面に入っていると考えられています。

             

            このような背景を受け、腰の重い政府も4月7日になってようやく新型コロナウィルス特別措置法に基づく『緊急事態宣言』を発令しました。

            対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、福岡、兵庫の7都府県。

            宣言は7日夜に官報で公示され、4月7日から5月6日までの約一か月間効力が生じることになりました。

             

            安倍首相は記者会見で、『人と人との接触機会』を7〜8割減らすように求めました。

            特措法による緊急事態宣言は初めての出来事で、私権制限を伴う措置に法的根拠を持たせ国内対応を強化しようとしています。

            これによってかなりの効果は期待されますが、その反面、対象業種の人達からするとそれこそ死活問題といった事業の存続が危ぶまれるような大きな問題であるということを決して忘れてはいけません。

             

            政府はそういう人たちに対しできる限りの保証で救済すべくいくつかの案を出してはいますが、現実の問題を解決するには程遠い内容となっています。

            いろいろ難しい事情もあるのでしょうが、TVのコメンテーターも指摘している通り政府の詰めの甘さにはウンザリしています。

            とにかく一部の対象業種の人たちのみの多大な犠牲によって問題解決を図ろうとするのではなく、そういう犠牲を払う人たちに対しては全額とはいわないまでもできるだけ支払った犠牲に見合った保証をしてやらないと余りにも酷過ぎると思います。

            対象地域の人たちについてみると、同じ地域に住んでいてもお役人さんの給料は影響を受けません。不公平ではないでしょうか?

             

            お役所仕事という言葉がありますが、私はこの言葉がほんとに大っ嫌いです。

            TVでお役人たちの対応をみているとほんとに腹が立ちます。

             

            前述の通りお役人さんたちは自分の収入は減りません。それが原因かどうかは分かりませんが、対応がどうも他人事(ひとごと)過ぎるような気がしてなりません

            民間の人たちの苦労がどれくらいわかっているのでしょうか?

             

            ちょっと熱くなってきましたので話題を変えます。

            今やコロナを避けるためのマスクは私達にとって必要不可欠のものとなってきています。

            それなのに政府は『在庫は充分にあります!』と力説していますが、現実にはいくら並んで買おうとしてもなかなか現物は購入できません。どうなっているんでしょう?

            ウチのオクサンも薬局やスーパーなどに並んで買おうと努力していますが、思うようには手に入ってきません。

             

            そんなある日『オトウサン、ちょとこっちに来て見てみて。お宝発見よ!』とのオクサンの歓喜?の声!

            急いでいってみるとそこには30〜40枚ほどの未使用のマスクがありました。

            オクサンがたまたま非常用リュックの中味を入れ替えようとしていました時に、リュックの中にストックしたまま忘れられてたいたものの中から発見したんだそうです。ラッキーでした。

             

            オクサンはこのお宝がなくなったら、その次からはガーゼやハンカチを使った手作りのマスクで対応すると張り切っています。そのための簡単な設計図も出来てるそうです。

            ウチのオクサンはバイタリティーがありますし、手先も器用ですから必ず実行することと思っています。

            これで我が家は暫くの間はマスク探しから解放され…るのかな?

             

            最後に本命の婚活について。

            こういうご時世につきお見合いの話など全くないんじゃないか?と思われがちですが、エントリーの場合、お見合いの話は先月も、そして今月もコンスタントに発生しています。

            お見合いに限っていうとその性格からも好不況の影響は余り受けないのかもしれませんね。

             

            但し、結婚式となると今回は挙式の日取りを延ばすカップルが沢山出てきているようですが、非常事態宣言が解けるころになると少しは状況も変わっていくのではないか?というか是非そうあって欲しいと心から祈る次第です。(完)

             

             

            婚活やのおじちゃんこと

                           

                                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

             

             

            ※次回は4月20日を目途に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します

             

             

             

             

             


            東京オリンピック2020は延期が決定

            0

              とうとう東京オリンピックが一年間延期になりました。

              コロナウィルスが未だ収束しないことによるものですが、たかがウィルスと思っているうちに全世界のスポーツの祭典オリンピックまでもが延期という事態にまで追い込まれたてしまったことには本当に驚かされてしまいます。

              いつどうなるかわからない現況下においては仕方がない事かとは思われますが、願わくば一刻も早く収束して欲しいものです。

               

              また新型コロナウィルスの感染者が東京都内で急増していることを受け、東京都と都に隣接する神奈川、埼玉、千葉、山梨各県の知事計5人が26日夜、緊急のテレビ会議を開き、都県間の往来を含めた不要不急の外出自粛を市民に求めていくことで一致しました。

              会議では「感染者の爆発的な増加ややロックダウン(都市封鎖)などの最悪の事態を回避するため連携し、断固たる決意をもって対策を進める」などとする共同メッセージを採択。

              在宅勤務や時差出勤の呼びかけや若年層に慎重な行動を求めていくことなどを決めた。

               

              都によると、各県などからは一日当たり270万人超の通勤・通学者が東京を訪れており、東京都の小池百合子知事が首都圏での感染拡大を食い止めるために会議の開催を呼び掛けていた。

              一刻でも早い収束を望む為にはこのように各自治体が一体となっての取り組みは必須のものかと思われます。

               

              次は暗い話しから一転して明るい桜の話題について。観測史上最も早く桜の開花が発表された今年の東京ですが、桜の名所上野公園では3月21日朝の時点で5分咲きとなり、青空のもと多くの人が花見を楽しんでいたようです。

               

              ただ、このお花見にもコロナウィルスが暗い陰を落としており、例年ですと公園内で大勢の花見客がレジャーシートを広げて宴席を張り賑やかな宴会が催されていたものですが、今年花見に訪れた人は桜並木を通り抜けながら写真に収めるなどといったようにごくごく大人しいお花見に終始しているようです。

              しかし、それでも中には禁止エリアの中に陣取ってお花見をする人の姿もちらほら見られたとのこと。こういったことはいくら禁止されたからといってもそう簡単にはなくならないもののようです。


              宮崎の県内の桜の名所においては、来週前半から次第に見ごろになってくる見込みとのことで今から楽しみです。

              宮崎に住む私達の場合は首都圏のようにそれほど緊張した状態にはおかれていないため、毎年恒例になっている西都原古墳群に出かける予定です。土日だと見物客が多いので平日を選んで出かける予定です。

              その時雨が降っていなければいいのですが、どうなりますことやら…結構私は雨男?なので自信はありません。

               

              ところでコロナウィルスは私の大好きな趣味の世界にまで意地悪をしかけてきます。すなわち私がはまっているメジャーリーグの大谷翔平や日本のプロ野球における佐々木朗希の活躍等をすんなりと見せてくれません。

              私としましては毎日その動向を知りたくて新聞やネットを開いているのですが、なかなかお目にかかることが出来ません。

              いい歳して何をばかげたことを言ってるんだと嘲笑されるかもしれませんが、趣味ですのでこればかりはどうしようもありません。

              日本のプロ野球は開幕が延期されても、せめてメジャーリーグの方は関係なく開幕されるだろうと思っていただけにガックリきました。

              まあ、それでもコロナウィルスが退治されさえすれば問題は一挙に解決することと信じていますので、ひたすらその日が来ることを信じて待ち続けることにします。

               

              最近はめっきり足腰が弱くなってきましたので、歩いていて時々膝がガクっとなるときがあります。本当に運動不足なんでしょうね。そういう時は真剣に反省するのですが、直ぐに面倒臭くなって2〜3日たつとウォーキングを中止してしまいます。

              救いようがないというのは私みたいな人間のことをいうのかもしれませんね。

               

              婚活やのおじちゃんこと

                             

                                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

               

              ※次回は4月10日(金)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願いします。

               

               

               


              気候は今まさに春

              0

                時は春…、ようやく気候の方もまさしく春といった穏やかな気候になってきました。

                しかし、コロナウィルスの方は相変わらず猛威を振るっていてイタリア、スペイン等々いまや中心はアジアからヨーロッパの方に移ってきているようです。

                 

                このコロナウィルスについては高齢者を中心に死者も沢山出てきていますし、経済面においても各国が多大な被害を被っています。

                更に、我が国が大いに関心のある東京オリンピックについても、当然のごとく主催国として開催するということを強く主張してはいますが、コロナウィルスの収束状況如何によってはどうなるか現時点では先が読めない状況です。

                 

                ところでネットを検索している中で面白い記事を見つけました。『中国駐名古屋総領事館が3月17日、名古屋市千種区の市立東部医療センターに医療用マスク3万枚を寄贈した。』というニュース。

                クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客で、新型コロナウィルスに感染した中国人男性を2月に我が国が治療したことに対する感謝の気持ちということだそうですが、男性は治療を終え既に帰国しているそうです。

                心温まるニュースですが、この記事のことを私が面白い記事と書きましたのは舞台となった市立東部医療センターのことを、私がよく知っていたからです。

                と、いいますのはその病院は1999年に私が出向中軽い脳梗塞になった時に10日間ほど入院した病院でした。

                初めての入院という体験でしたので不安だったのですが、幸いにして発見が早かったため点滴だけで完治することができました。

                そんなわけで、その病院のことは一度も忘れたことがない思い出の病院でした。

                その病院が、良い事例の舞台となったことは私にとっては喜ばしい出来事でした。

                 

                ここでまた話はがらっと変わりますが、前回このブログでも案内した成婚退会の2組は予定通り入会手続きに来られましたのでほっとしたことでした。

                これもコロナウィルスの影響で中止または延期になるんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、これに関しては私達の取り越し苦労だったようでお2組ともルンルン気分で予定通り3月に手続きにお出で頂きました。

                 

                それでも聞くところによると、やはり今年は結婚式を延期される方が大分多かったそうです。

                今回の1組目のカップルは、手続きに来られた日の午後に結婚指輪を二人で一緒に買いにいかれるとのことでした。

                しかし、婚約指輪については彼が一人で行って選ばれるとのこと。女性の立場からするとその方が嬉しいのかもしれませんね。

                 

                そういうことで、3月15日は2組のカップルが成婚退会されましたし、更にその他に一人の女性が新規入会されましたのでエントリーにとっては非常に良い一日でした。

                更に面白いことに、その新規入会して頂いた方は丁度1年位前にエントリーに無料相談に来られ、結論が出ないままそのままになっていた女性でした。

                どこかで見たことのある顔だなと思っていたら、その方の方から『私ずっと前にこちらに無料相談にお邪魔したことがあるんですよ。覚えておられませんか?』と言われました。

                するとすぐに記憶力抜群のウチのオクサンが『あ〜、一年くらい前にお二人でお見えになった方ですよね』との返事。

                『はい、そうです』とそこまで言われて始めて、私は自分がその方に説明させていただいたことをおぼろげながら思い出しました。

                オクサンの記憶力の凄さには毎度のことながら恐れ入ってしまいます。

                 

                それにしても、以前無料相談に来て下さった方が再び来て下さったということは、私達にとりましては嬉しい限り!

                おまけに入会については過去に一度システム等について一度詳しく説明させてもらっていたこともあってか簡単に入会OKという返事をもらいました。有難い話です。

                前回来られた時にもし私が悪い印象を与えていたとしますと二度と来てもらえなかったことと思いますので、そういう点から考えると今回再び来てもらって入会してもらえたことは私にとっては非常に嬉しい出来事でした。

                やはり何事も心を込めて真剣に対応しなければならないということを改めて強く感じた次第です。

                今月もまだ日にちが大分残っていますので、夫婦共々さらなる追い込みに精を出していこうと思っています。

                 

                最後に今年の冬は、暖冬の影響よりも1月下旬以降の高温の影響が非常に大きいとみられるため平年より大幅に早い開花となるそうです。東京の開花は観測史上最も早い14日でした。我が宮崎は3月25日に開花との予想が出ています。

                もう少しでお花見が楽しそうで、お調子者の私は期待でワクワクしているところです。皆さんはいかがですか?

                 

                婚活やのおじちゃんこと

                               

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                 

                 

                ※次回は3月31日(火)に更新する予定です。どうぞ宜しくお願い致します。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                新型コロナウィルス拡大

                0

                  前回のブログでも書きましたが、まさに三寒四温の名の通り暖冬から一転して、冬らしい厳しい寒さになってきました。

                  冬らしい寒さ…といっても2月4日に既に立春を迎えていますので、暦の上ではとっくに春なんですけどね。いつになったら暦どおり すっかり春”になってくれるんでしょう??? 待ち遠しいものです。                                   

                   

                  それはそうとこれは前々回のブログで詳しく書きました通り、現在中国・韓国を始めとして世界中は新型コロナウィルス対策で大わらわの状況です。

                  そして我が日本も不名誉なことに中国・韓国・イラン・イタリア等とともにしっかりとワースト国として名を連ねています。

                   

                  出だしの頃はここまで影響が拡大するとは思っていなかったのですが、後手後手の政府の対策の遅れが大きく響いているようです。

                  それに宮崎市でも70代無職の男性に感染が確認されたとかで、私達の身辺にも現実のものとして危機がせまってきているようですから他人事ではなくなってしまいました。

                  おまけに安倍首相が中国・韓国からの入国制限を強化すると表明したことを受け、またしても我が国に対して短絡的な反応しかしない韓国がまたしても過剰な反応を示しています。

                  韓国に対して入国制限を課す国・地域は100か国・地域を超え、中国も韓国からの入国者に対しては隔離政策をとっていますが、中国に対しては韓国は何もいってません。韓国ってほんとに成熟していない幼稚な国なんですね。全くもってウンザリします。

                   

                  政府は当初、このコロナウィルスに対しては先手先手を打って対応していく旨のことを表明していましたが、実際にはすべて後手後手の対応で被害は拡大していく一方…

                  現在は、中国や韓国・台湾などからもその対応の遅さについて同情されるという情けない状況に陥っています。

                  国内では人が多く集まる催しについてそこからの感染が広まっていくことを恐れ、突発的に十分な根回しもされないままに全国一斉に学校の休校措置が発表されたり春の全国高校選抜野球大会を無観客試合にするということが発表されたり、大相撲春場所も同様に無観客試合となり、その他多くのイベントが中止や延期となりました。大変な影響です。

                  経済界が受ける影響も甚大なものがあり、全世界的に中小企業等倒産企業も相次ぐ恐れがあります。

                  もし、オリンピックが延期にでもなったら日本が被る被害は更に大きくなっていくものと思われます。

                  ほんとにこのような事態が起きるということは夢想だにしていませんでした。

                  かといって愚痴ばかり言っていても問題は解決しません。全世界の夫々の立場の人が英知を結集して乗り切っていかなければなりません。

                  このコロナウィルスについて書きだすと書きたいことがありすぎてまとまりがつかなくなってしまいますし、決して明るい話題でもありませんので、この辺で話題を婚活に切り替えたいと思います。

                   

                  エントリーにおけるここ最近の新規の入会状況は、最近の厳しい世相を反映してか現時点では芳しくありません。

                  それでも、そういう中にあって今月は成婚退会されるカップルが2組あります。

                  一組目は、女性のエントリーの成婚退会される会員さんでして、お相手の男性は県内の他の相談所の方でした。

                  エントリーの女性会員の方は入会されてもうすぐ2年になろうとする細身のきれいな方。

                  非常に人気があり、申し込みも多かったのですが、どういうわけかなかなかご縁がありませんでした。

                  暫く活動を休止され、再会されたら直ぐにお申し込みがあり今度はとんとん拍子でした。やはりこういったものはなんでしょうかね。

                  何はともあれ、お二人とも良縁に恵まれたと喜んでおられたので何よりでした。私達の一番うれしいひと時です。

                   

                  次の二組目は12月1日に開いたお見合いパーティーでカップルになった人たちでした。

                  お二人とも中々お似合いの素敵なカップルだと期待していましたので期待通りになって良かったなあと思っているところです。

                   

                   婚活やのおじちゃんこと 

                                  

                                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                   

                  ※次回は3月20日(金)の更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

                   

                   

                   


                  お・め・で・た!

                  0

                    ここ何日かは随分と暖かくなりました。

                    この季節は三寒四温ということで多分こうなるであろうとの読み通り!ということは今度はまた必ずや寒い日がぶりかえしてくる筈。果たしてその日はいつになるのかなあと厭々ながら?覚悟して待っているいるところです。

                     

                    ところで2月20日は比較的暖かい日でしたので、オクサンと二人で前から予定していたオリックスのキャンプ見学に行ってきました。 グズグズしていたため午後2時過ぎに我が家を出かけることになり結局有力な選手にはひとりも会えずじまい…

                    残念でしたが、巨人・ソフトバンクについてはある程度しっかりと見学することができていましたので、まあいいかとオリックスの方は潔く諦めました。

                     

                    その代わり売店で売っていたソフトクリームを食べましたが、これがまた絶品!ほんとにおいしかったです。私達は家族揃ってソフトクリームが大好きで、これまで家族で出かけた観光地では必ずと言っていいほど買い求めてきたものです。

                    牧場があるところではミルクがたっぷり入ったソフトクリーム、宮崎ではマンゴーを使ったソフトクリーム、その他各土地柄の特産品をベースにしたものを行く先々で食べてきましたので、ソフトクリームに関しては結構”舌”も肥えてきたような気がします。

                     

                    このあともう一度ソフトバンクのキャンプを見に行く予定です。前回は巨人と二つかけもちで行った為、野球選手の動きについては余りゆっくり見学出来なかったため、今回は少し早めに行ってゆっくり見学してこようと思っています。

                    そして勿論、串刺しの焼き鳥や、焼きイカ、焼肉それに肉巻きおにぎりをたらふく食べてこようと思っています。

                    こういう話になるとオクサンとの相性もバッチリで今から楽しみにしているところです。

                     

                    話し変わって、21日には昨年秋に成婚退会したカップルが遊びにきてくれました。

                    お二人は成婚退会されるとすぐに同居され、その翌月には入籍されたそうです。

                    彼女は自分で体質的に妊娠しにくいのではないかとと思って悩んでおられたそうですが、それが何と同居してたった一か月で目出度く妊娠されたとか…

                    両家にとっては初孫になるということから、直ぐに夫々のご両親に報告されたそうですが、両家とも大喜びだったそうです。

                     

                    それで我がエントリーにもびっくりさせようと報告にきてもらったようですが、お二人の口からお目出度(おめでた)の報告を受ける前にウチのオクサンは先にそのことを察知し『わ〜、赤ちゃんが出来たのねぇ、おめでとう!』と叫んでしまったようです。

                    お二人がエントリーの玄関から入ってきたときに彼女の持参したミニリュックにつけてあった『赤ちゃんができました』というピンクのハート型のストラップを目ざとく見つけていたようです。

                    せっかくお二人が報告して驚かそうと思っていた楽しみをあっさりと奪ってしまったようです。相変わらず空気が読めない?オクサンで困ってしまいます。

                    いつもこんな風にめざといので、私としましては隠し事が出来ずホントに困っています。お分かり頂けるでしょう?

                     

                    それはともかくとしてお目出度いニュースでほんとに良かったです。結婚式は出産予定日が来年の8月ということらしいので、それ以降に、子供連れの暖かな結婚式にするとのことです。

                    ほんとに突然このようなハッピーなニュースを聞かせてもらって私達までほのぼのとした幸せな気持ちにさせてもらいました。

                    現在もいろんなことをお互いに話し合い、助け合いながらの毎日を送っておられるそうで『結婚してよかったぁ』とお二人でと幸せをかみしめながらの毎日を送っておられるとのこと。

                    これからもお二人で助け合いながら、いつまでも末永く幸せな毎日を送ってくださいね。

                     

                    婚活やのおじちゃん こと

                     

                                   

                                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                     

                     

                    ※次回は3月10日(火)頃を目途に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。

                     

                     

                     


                    楽しみなバレンタインデー

                    0

                      三寒四温…、暖冬ということで暖かい冬に慣れきっていましたがここ3〜4日はいかにも冬といった厳しい寒さに見舞われ震えあがっています。

                       

                      2月17日はこの冬一番の寒さとかで宮崎でも山間部は雪が降りましたが、宮崎市はお陰様でというか残念ながらというか、またしても降雪は免れました。

                       

                      そんな中にあって我が国を始めとする関係諸国のここ最近の話題はどこもかしこも新型コロナウィルス一色!

                      3千人を超える多国籍の乗客乗員を乗せたまま、横浜港に停泊するクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』が話題の中心となっていますが、そこでの感染者数は日に日に増え続けており、船内待機の方針を決めた日本政府の対応については海外メディアから批判が集まっています。

                       

                      そもそもクルーズ船の問題の発端は乗客だった香港人男性で、1月下旬に下船した後に感染が確認された。

                      これを受け2月5日に厚生労働省は、その男性と長時間接した人や、発熱や咳などの症状がある人にウィルス検査を実施。陽性の人は医療機関で治療し、残りの人は14日間待機してもらう方針を決めました。

                      12〜13日とされるウィルスの潜伏期間を考慮し新たな感染を防ぐ狙いでした。

                       

                      しかし、現実には狙いに反し、数日もすると陽性反応の人が一気に数十人増える日も相次ぎ、不安が増大していきました。

                      これに伴い乗客・乗員たちがSNSなどを通じて待機生活の苦痛や観戦への恐怖を訴えるようになり、これに海外を中心としたメディアが好き勝手に反応し日本政府の対応についての批判が大きくなってきました。

                      だからといってより具体的効果的な対策が各国から提示されたかというと決してそうではなく、ただ一方的に批判するだけ…

                       

                      その後になって、各国も自分たちも具体的な行動を起こさなければとの当事者意識のもとに自国民救出に向けての具体的な動きがとられるようになってきました。

                      それでもこの問題に対しては相手が新型ウィルスであるだけにまだまだ現状では先が見えていません。

                       

                      現在、この感染問題についてははクルーズ船乗客の封じ込めというだけに終わらず、人から人への感染が顕在化してきているため広く全世界が一つになって解決していかなければならない大きな問題となってきています。

                      ましてや時期がオリンピック直前という大事な時期だということもあり、オリンピックまでに新型ウィルス対策は収束できるのかとか、中国の習主席の訪日は予定通り実施されるのか等々、各国が喫緊の課題として取り組んでいかなければならない大きな問題が目白押し。

                      東京マラソンも一般参加は中止となりましたし、天皇陛下の誕生日を祝う祝賀行事も中止になったりといったように世界は新型ウィルスをめぐる大きな問題で揺れに揺れています。

                       

                       

                      そういう大きな動きの中にあっては、私ごとき凡人がいくらもがいたところでどうにかなる話でもありませんので、お偉い政治家及び専門家の方々のご判断にお任せすることとし、問題をぐっと身近なところに焦点を当てなおしてこれから先を書き続けていきたいと思います。

                       

                      2月という現時点で結婚相談所に一番身近な問題としましては何といっても2月14日のバレンタインデー…、

                      男性の皆さんは意中の…とまではいかなくてもとにかく女性からチョコレートをプレゼントしてもらわれましたか?

                      私の若い頃は『いい若いもんがチョコレートを一個ももらえないというのは甲斐性なし!』というような捉え方をされていましたので、チョコをもらえるか否かというのは女性の自分に対する一つのモテ度のバロメーターということで結構真剣に考えていました。

                      年頃の?男性が一個ももらえないような情けないことだけは避けたいとその時期が近づくと結構下手な鉄砲を沢山撃っていたような気がします。

                      努力?のせいあってか、少なくとも独身時代にはチョコを一個ももらえなかったといったことはありませんでした。

                      内容的には「義理チョコ」が一番多く、「同情チョコ?」がそれに次いで多かったような感じです…

                       

                      因みに今年については、家族からの「義理チョコ」ならぬ「同情チョコ」を一個だけは何とか確保できました。

                      「同情チョコ」すらもらえなかったらどうしようと思っていましたので?その意味においては義理だろうが同情だろうが、動機はともかくチョコレート大好き人間の私にとりましては大好きなチョコレートが一個手に入ったという一つの事実だけでとりあえずのところは大満足…ということにしておきます。

                      私の友人たちのように飲み屋街を徘徊すればそれだけでそれなりの数は確保できるということは何年か前迄の経験から分かってはいるんですが、そういう虚しい努力をする気力はなくなってきました。歳なんですかねえ…

                       

                      その代わり、一か月後の3月14日(ホワイトデー)にはしっかりとお返しチョコをしなければなりません。

                      そうでないと来年は同情チョコすらもらえないのは間違いない?と確信していますのでこれだけは必ず忘れないように贈ろうと思っています。

                       

                      また、バレンタインデーで嬉しいこともありました。それはエントリーの会員で交際中のある男性会員さんから、お相手の方からチョコをもらいましたという『喜びのメール』が入っていたこと、それも2人から…

                      その2組は来月で交際3か月の期限がやってきます。

                      いずれも順調に進んでいるようなので今から非常に楽しみにしているところです。

                       

                      最後に今日は交際中のカップルから成婚退会の報告がありました。一か月延長したカップルでしたので最後までうまくいくかどうか不安なところがあったのですが、無事にトラブルことなくゴールインされましたので安心しました。

                      一か月延長されたのは慎重派のお二人だけに失敗しないようにより慎重にと考えたからということで安心しました。

                      これから先も末永くお幸せに!

                       

                      婚活やのおじちゃんこと

                                     哲

                                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                       

                       

                      ※次回は2月29日(土)の更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

                       

                       

                       


                      | 1/9PAGES | >>