梅雨のあとに台風…

0

    5月の終わりころから6月の初めの頃、裏の竹林ではウグイスがしきりに鳴いてその美しい鳴き声で目が覚めたものですが、7月になったら雨の合間を縫って、ウグイスの代わりにセミがけたたましい鳴き声で安眠の邪魔をしてきます。晴れ間は少ないんですがセミも少ない日照時間にしびれをきらしてるんでしょうね。

    ウグイスにセミ…、我がエントリーの周りはほんとに自然に恵まれた暮らしやすいところです。

     

    6月以降の私のブログを読み返してみますと、長引く梅雨のことばかり書いてきているような気がします。

    今度はそれに加えて台風5号が発生しました。

     

    台風5号は23日にかけて東シナ海から日本海を北よりに進むとのこと。

    梅雨前線に向かって、大雨のもととなる暖かく湿った空気が大量に流れ込む予想で、九州から北陸にかけて所々で大雨となる予想ちなっています。

    九州を中心に記録的な大雨となる恐れがあり、土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒が必要です。

    来週半ば頃からは西日本を中心に晴れ間の出る日が増えて、平年より遅れてようやく「梅雨明け」を迎える所が多くなりそうです。

    日照時間が大きく不足していることにより、当然農作物には大きな影響が出始めています。ほんとに梅雨には一刻も早く消え去ってほしいものだと心から願う次第です。

     

    話は変わりますが、最近も私達夫婦は相も変わらず大谷翔平君の野球を楽しみTV観戦に没頭しています。

    翔平君は打率こそ3割前後ではそこそこ頑張ってきていますが、ここ最近はホームランの方が途絶えています。

    翔平君の魅力はなんといってもあの大きな特大ホームラン…、現在の私はホームラン欠乏症でストレスが溜まって困っています。

     

    そんなにいつもいつもうまくいく筈はないじゃないか、と分かってはいるものの身勝手なものでついつい過大な期待をかけてしまい、それができないとフラストレーションが溜まってしまうという悪循環。ホントに勝手なものです。

    過大な期待をかけすぎなければ済む話ということは分かっているんですが、ファンの心理というのは(歳が)いくつになってもかわらないものなんですかねえ。(私だけかな???)                                

     

    また、最近の私はブログを書くのにも四苦八苦しています。

    私はまさに『下手の横好き』で文章を書くこと自体は嫌いな方ではありませんし、書こうと思ったらいつでもどんな風にでも書けるという自信はあったのですが、結婚相談所のホームページに掲載するブログとなるとそう簡単にはいきません。

     

    おまけに私のブログは御覧の通りどれもこれも長文で、これまでに10数年以上にわたってこのスタイルで書き続けてきました。

    従いまして、結婚相談に関するテーマについては大抵のことはこれまでに取り上げて書いてきたように思うので、正直なところ書くべき『ネタ』が乏しくなってきました。困ったことです。

     

    ついでに紹介しますと実際に私は小学校5年生の頃から、毎日日記帳(diary)を書き続けています。

    これは殆ど途絶えることなく書き続けてきました。本棚には今まで書き綴ってきた日記帳が沢山保存してあります。

    飽きっぽい性格の私ですが、私が小学生のころなんとなく書いてみたいなと思って自ら書き始めたものだけに、どういうわけかこれまで挫折することなくずーっと続けてきました。

    この日記帳(diary)につきましては、それこそ1年365日毎日書きますが、生活している以上『ネタ』がなくなるということはありません。

    おまけに他人に見せることを前提としていませんので何を書いても自由!

    更に他人から強制されて始めたのではなく、自分の意志で始めたものにつきいつでも止めれるという気持ちがあるからでしょうか却って簡単にはやめようという気がおきてきません。変人なのかもしれませんね。

     

    更に補足しますと、私の場合ははせっかくそこまで続けてきたものを簡単にやめてしまうのは非常に惜しい・勿体ないという気持ちが強く働き、それがもとでやめることができませんでした。

    早い話ケチンボーなんでしょうね、私という人間は…  従いましてこの調子ですと棺桶に入る寸前位まで?続けるんじゃないかと思っています。

     

    これに対して今現在、私がホームページに書いているブログというのは完全に読者を意識し、結果はともかく狙いとしては読者の参考になるようなものにしたいという思いで書いているつもりです。

    しかし読み直してみますと自分勝手なひとりよがりの文章になってるみたいでガッカリしています。

     

    基本的には会員の皆さんをお世話させていただく私達夫婦の人となりを知っていただき信頼してついていっても大丈夫かということを判断していただくとともに、私たちが毎日の活動の中で得たものを会員さんをはじめとするエントリーに関心を持っていただいている方に婚活の参考になるような資料を提供したいという思いで書き綴ってきました。

    私は基本的には他の相談所の方のブログは読まないようにしています。他人は他人、』自分は自分ですから…

    それでも何か月に一回くらいはパラパラっと目を通すこともあります。

    上手だなあと感心するものもありますし、読んでるこちらの方が恥ずかしくなるようなものもあります。

    上手に書かれているものについては参考にさせてもらうこともありますし、そうでないものついては反面教師として参考にさせてもらっています。

    しかし、皆さん真剣に取り組んでおられるのが伝わってきて自分はまだまだだなあと反省させられることの方が多いです。

     

    従いましてこれから以降は少し視点を変えて、これまでの間で書き切れていなかったものを中心に書いていこうかなあと思っているところです。

    構想はまだ漠然としていて自分の中でも未だ整理しきれていませんが、今後どういう風に進めていくかについて徐々に頭の中で整理しながら書き続けていこうと思っています。

     

    婚活やのおじちゃんこと

                     

                            (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    ※次回は7月31日(水)に更新の予定です。どうぞ宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     


    至福の時…

    0

      停滞する梅雨前線が活発化し、鹿児島、宮崎両県では記録的な雨量を観測。熊本県を合わせた3県では196万人超に避難指示・勧告が出ました。

      鹿屋市では3日正午ごろ、1時間の雨量が81ミリを観測するなど各地で激しい雨が降りました。

       

      6月28日の降り始めから3日午後10時までの総雨量ではえびの市で1075・5ミリ、鹿屋市で873・5ミリ、薩摩川内市で834ミリ、熊本県湯前町で610・5ミリに達したとのこと。それにしてもほんとによく降るものです。

       

      4〜8日はいったん小康状態となりましたが、そのあともまた大雨が降る可能性があるとのこと。ほんとにもう結構です。おかげで散歩の方も中断したままで、そのせいかどうか運動不足で、寝ていて朝方になるとふくらはぎがつった状態になり、その痛さで目が覚めます。

      普段真面目にウォーキングしてるわけでもないのですが、それまで痛みを感じられないでいたのは、やはり歩いていると少しは効果があったということなんでしょうね。

      そんなこともあって、雨がやんだ後は休むことなくしっかりと歩いています。

       

      と、いうところで話は変わりますが、6月28日はわが母校大宮高校の同年度卒だけの同窓会に行ってきました。

      この集まりも、第一回目の参加者は120〜130名くらい集まりましたが、今回は60名弱しか集まりませんでした。

      それでも最初案内状を出して一回目の集約時点ではたった28名しか参加希望者はいなかったそうですから、幹事がよく頑張って追い込んだものだと思って感心しています。

      また参加者名簿をみていると、物故者(故人)が毎年少しづつ増えてきているのが分かります。次回の開催は再来年だそうですが、その時にはまた何人かメンバーに変更があるんだろうなと思うと怖いような寂しい気持ちになりました。

       

      蛇足ながら前回のブログで簡単に紹介しました私の初恋の女性の件、期待どおり彼女も参加していました。

      他にも女性は沢山参加していましたが、彼女だけは特別に輝いてみえました。

      私の贔屓目(ひいきめ)といわれるとそういう部分もあるかもしれませんが、ほかの男性もかなり彼女の席の周りに群がっていましたので誰が見ても良いものは良いということだと思います。

       

      3年生の時のクラス別で座席が割り振られていましたので、二人の座席はそれぞれ離れたところに設定してあり、結局お互いに目礼を交わしただけで言葉を交わすことはできないままで終わってしまいました。一年に一回しか会えず、次回からは2年に一回しか会えなくなるというのにどうしたものかと心の中で葛藤ましたが、結局は何もできないままそのままで終わりました。

       

      それでもそんな私でも、2年前の同じ同窓会時にがちょっとだけ冒険したことがありました。

      どういうわけか私が大胆な気持ちになり『ま〜まよ、なるようになりゃいいさ』ということでその時は二次会時に思い切って彼女の隣に座り、『このあともう一軒だけ行かない?』と誘ってみました。

      そうすると『いいわよ』という全く予想外の返事がありました。

      私としましてはまさに『ビックリ、仰天、有頂天!』ってな感じで舞い上がってしまい、それならその他大勢の中で時間をつぶすのは勿体ないということで、私の親友と彼女の友人とを加え二次会の途中でその場を抜け出しました。

       

      出口のところでは何人かの男性が彼女を取り囲み『もう帰るの?まだ早いじゃない』といって彼女を引き留めにかかりましたが、私は全く無視!『遅くなるといけないから行こうか』と彼女手を取って連れ出しました。

      その時の気持ちの良かったこと良かったこと…、気分はまさに最高潮でした。

       

      三次会場は私が知ってるお店にしましたが、会場には誘いもしないのに彼女にあこがれている同窓生が数名勝手についてきました。

      彼らは彼女と話したそうにしていましたが、私は彼らのことは全く無視し、親友の協力をえて彼女と二人並んで座りいろんなことを話したり歌ったり夢のような至福のひと時を過ごしました。

       

      あの時のような夢をもう一度と思わないでもなかったのですが、お互いにそういう歳でもありませんし立場でもありません。

      せっかくの思い出がこわれないようにと、今回は私が積極的なそのための行動をとれませんでしたがそれはそれでよかったと思っています。

       

       

      最後に、6月1日には小中学校が同じだった友人の訃報に接しました。

      非常に人柄がよく誰からも好かれる仲の良い友達でしたが、高校が別々でしたので高校時代からは自ずと疎遠になっていました。

      中学時代の同窓会をやるときに彼が幹事をやっていて、私にも手伝ってもらえないかという話がありましたので、それをきっかけに再び交際が復活しました。

      それ以降は年賀状のやりとりなどしていましたが、今回の訃報はその年賀状をみた彼のお嬢さんから連絡があって初めて彼の死を知りました。

      彼は末期ガンだったそうです。私と会っているときはそんな様子はオクビにも出さなかったのでその訃報に接するまでは全く気が付きませんでした。できるだけ他人には迷惑をかけたくないというのが彼の身上でした。

      死に顔をみせてもらいましたが、ほんとにやさしさのにじみ出た安らかな顔で棺に横たわっていました。心からご冥福をお祈り致します。

      これからはこういうことが増えていくんだろうなと思うと何だか寂しくなりました。

       

      婚活やのおじちゃんこと

                      

                               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

       

       

      ※次回は7月20日(土)の更新を予定していますのでどうぞ宜しくお願い致します。

       

       

       

       

       


      無料相談

      0

        我が南九州地区は雨が降ったり止んだりを交互に繰り返すまさに“梅雨の真っ只中“といった状態が続いています。

        おまけに28日には低気圧が発達し令和初の台風になりそうな気配とか…、まあこの台風だけは九州地区は一応外れてくれるみたいですが、それにしてもまだ6月の梅雨時(つゆどき)だというのに台風とは、今年の天気は一体全体どうなってんだろう?とウンザリしています。

         

        ところで、今年も例年通り6月22日にはしっかりと夏至(げしを迎えました。と、いうことはこれから先は日毎に一日当たりの日照時間が短くなっていくというわけです。

        面白いもので減るとか短くなるとかいったマイナスイメージの言葉を耳にすると、昔から私は感傷的になり何となく寂しい気持ちになって溜め息が出ます。

        しかし、今は豪雨の降り続く梅雨の真っ只中ということで、そういう感傷に浸っている精神的な余裕はありません。

        る』と書く夏至(げしには暦通りにしっかりとなっているわけですから、早いとこ梅雨を卒業し本当に早いとこ夏に至ってほしいものです。

        特に南九州地区については、何をトチ狂ったか今年は5月31日には梅雨に突入したわけですから、もうそろそろ勘弁してもらってもよいのではないかと思っているのですが、気まぐれな天気の神様、いかがなものでしょうか?

         

        ところで、今月も末になってようやく無料相談の申し込み件数が増えてきました。

        無料相談というのはこれまでの経験からいうと、入ってこない時にはいくら待ち望んでいてもなかなか入ってきてくれません。

        それでもこの6月の月末になりますと状況が一変…というほど劇的なものではありませんが変化が見られました。

        即ち、月末のある日突然申し込みが1件入ってきましたが、そうすると続いて無料相談の申し込みが2件、3件と入ってきましたから不思議なものです…というか私達にとりましては大変有難い状況になり感謝しているところです。

        思うに、おそらく民間の給料日である25日を迎えると、婚活にも目を向けられるほどの精神的なゆとりができるからかな?等と自分がサラリーマン生活を送っていたころと照らし合わせてそんな風に勝手に解釈しています。

         

        そしてこういう時期に申し込んでくださる方達の特徴としてはエントリーのホームページをよく読みこなしてきておられます。

        と、いうことは当然他社のホームページもじっくり吟味されたうえで、入る入らないは別としてある程度の興味をもってエントリーに無料相談の申し込みをしていただいたのかな?だとすると嬉しいんだけど…等と勝手に都合よく解釈しては悦にいっています。

        ホームページの原案を作りました私としましては非常に嬉しく且つ大変有難いことだと思って感謝しているところです。

         

        これまでエントリーの無料相談に来ていただいた方は、これまでの例でいきますと大体殆どの方が入会して下さいました。

        それでも100%の方がそうだという程厚かましくはないつもりです。勿論、中には入会して欲しいなと思っていても入会して頂けなかった方もおられます。

        そのような方の場合は、エントリーよりもその方にとってもっとよくフィットするところが他にあったか、よほど私との相性が悪かったのどちらかだったのだろうなあとさっぱりと諦め、その後しつこく追いかけるようなみっともない真似だけは決してしないことにしています。

        ただし、当然のことながらエントリーを選んで頂けなかったことについては自分なりにあれこれ考え、反省しなければならないと考えられる点については充分振り返って反省し、それを次に生かすようにはしています。

         

        それからこの6月は無料相談の予約をしておられた20代の女性から、予約していた当日の数時間前になって『体調を壊したから今日は行けませんという』素っ気ないメールを頂いたことがありました。

        通常、メールで前もって予約される場合はいろんな方からの予約の集中するゴールデンタイムでキャンセルされたその時間はその方が予約されて以降、結構『空いてないか?』と問い合わせの多かった時間帯でした。

         

        勿論、急に予期せぬ用事が入るということは誰にもあることなので、そういうことについてまでとやかくいうつもりはサラサラありません。

        しかし、キャンセルによってエントリーだけでなくほかの会員の方に対しても迷惑をかけることになるということへの気遣いの全く感じられないメールには流石にガッカリします。

        そういうメールの場合はでわざと『本日の予約キャンセルの件は了解しました。それでは次回体調がよくなられてからの予約はいつにしましょうか?』ということをメールの返信ではなくわざと電話で伝えますと、ビックリしたような感じで突然予想通り電話がプツンと切られました。

        『ホーラ見ろ』、予想通り狼狽(うろた)えているようでした。

         

        どうせなら『急な連絡で大変申し訳ないのですが、もう少し考えてからお願いしたいと思いますので今回は遠慮させて頂きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします』とか『他に自分に合いそうなところをみつけたので今回はそちらに行くことにしました』とかいったようにハッキリいってもらったらそれはそれで済む話なのですが、ミエミエの嘘をつき、挙句の果ては『プツン』と電話を切るというような非常識な振る舞いは決して誰だって気持ちの良いものではないのではないでしょうか。

        世の中にはいろんな人がいるんですね。改めて良い勉強になりました。

         

        最後に6月28日(金)の夕方から大宮高校時代の同窓会があります。

        もうこれまでに何回か参加しましたので今回は遠慮しようかと思っていましたが、現在、山梨県に住む私の小学校のころからの親友から、参加するという連絡がありましたので彼に会いたいという気持ちが強くなり予定を変更し急遽参加することにしました。

        それに私の幼き頃からの初恋の人も参加するという情報が入りましたので余計楽しみが増えました。

        年に一度しか会えない私にとっての七夕の織姫様です。

         

        婚活やのおじちゃんこと    

                      哲

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

         

        ※次回は7月10日(水)頃を目途に更新する予定ですのでどうぞ宜しくお願い致します。

         

         

         

         

         

         

         

         


        自己中心(ジコチュー)!

        0

          6月18日午後10時22分頃、新潟県村上市震度6強の地震がありました。

          震源地は山形県沖で、震源の深さは約10キロ。地震の規模は(M)マグニチュード6.8と推定されるとのこと。

          昨年9月に北海道厚真町で震度7を観測して以来の大きな地震。災害列島日本とはいえこうも大きな地震が頻発したのではたまったものではありません。

           

          私の親友が新潟にいますので、心配になり夜遅くではあったのですがすぐに電話しました。電話はすぐに通じその時点では相当大きい揺れはあったそうですが、直接的な被害は明るくなってからでないとわからないとのこと。何事も起きてなければ良いがと祈る次第です。

          今朝は宮崎は雨。新潟の方も雨だそうです。せめて地震の後くらいは雨も遠慮すりゃあいいのにと腹立たしくなってしまいます。

           

          ところで、暫く雨の日が続いていましたがようやく梅雨の中休み状態になりましたので、散歩もどきのウォーキングを再開しました。

          それほど長く休んでいたとは思わないのですがいざ再開してみると随分と体が重く感じられました。歳なんですかねえ…

           

          裏の竹林の竹も季節が季節だけにグングンと伸びてきています。このままですと荒れ放題の竹林という状況になってしまいますので、こちらの方もそろそろ手入れしなきゃあなと思っています。

          これは本来ならば市役所の方でやってもらわないといけない作業なのですが、当てにして待っているといつまでたっても放ったらかしの状態が続きみっともないので、逞しい(?)ウチのオクサンと協力して近々伐採予定です。

           

          それから、先週は6月13日(日本時間14日)に我等が翔平君がサイクルヒットという偉業を達成してくれましたので実に気分良い一週間を過ごさせてもらいました。

          おまけに私達の日頃の行いが良いからか?私達はこの試合の中継を最初から最後までしっかりとみ届けることができました。達成した瞬間はほんとに二人で飛び上がって喜びました!

          と、こういう風に書きますといい歳してなんてノー天気なバカ夫婦と思われそうですが、私達は一向にへっちゃら

          いい歳になってもこういう楽しみに出会えたことを『なんて幸せなんだろう…』と開き直っており、これからもずっと夫婦二人で熱くなって応援し続けるつもりでいます。

           

          ところで話は変わりますが、私達は仕事柄他の職業の人たちと較べるとどうしてもいろんな人たちと連絡を取り合う機会が多いかと思います。こういったやりとりは参考になることが多く、大変勉強になります。

          連絡を取り合う手段として一番多いのはメール、次いで電話、その他としては直接対面しての会話他といったような順になるかと思います。

          また、連絡を取り合うお相手としては最も多いのがエントリーの自社会員さんたち、それから他相談所のオーナーさん達や、エントリーが現在所属している連盟の担当の方、それに無料相談等に来られる一般顧客の皆様方等々といった感じです。

           

          私は文章を書くのは嫌いな方ではないので、メールのやり取りは結構楽しみな方です。

          しかし、最近はメールのやり取りを通して悲喜交々(ひきこもごも)、いろんなことを経験しています。喜んだり悲しんだり憤慨したり…

          無料相談や成婚退会報告のメールが入りますとヤッターと跳びあがって喜ぶのですが、その反対に非常に不愉快になることも多々あります。

          それはどういうときかといいますと、私たちが返信が必要なメールを送った時になかなか返事を返してもらえない時。

          勿論皆さん生活しておられるわけですから、いろんな用事をかかえておられるということは充分理解しているつもりです。

          従って私たちの用事だけを特別優先して対応して下さいといったようなことを要求するつもりはありません。しかし、お見合いをした後に相手の方とのおつきあいをどうされるかの返事についてはお二人をお引き合わせたときに『お返事はいついつまでにお願いします』と必ず申し上げています。

           

          ところがその時刻になっても片方のひとはキチンと約束通りにお返事をいただけるのに、その相手の方はウントモスンとも反応なし!その後も、何回連絡しても電話に出ることもしない人がいます。

          そういう時には本当に『こういう最低限度のエチケットすら持ち合わせていないような人は本気で婚活する気があるんだろうか?』と不愉快になってしまいます。

           

          そしてそういう人に限って同じような場面で逆の立場になった時は、一方的に強い調子で私たちに向かって相手の方のことをきつく非難されます。自分はやるべきことをやらず相手の人に迷惑をかけたことがあるくせに…

          ほんとにその自分勝手な『ジコチュー(自己中心主義)』ぶりにはあきれ果ててしまいます。『あなたはそんなことなかったの?』といいたくなります。

           

          ウチのオクサンは比較的気が長いので大抵のことは我慢しているようですが、私はある程度のところまでは我慢しますが度が過ぎる人に対してはハッキリと口に出して注意するようにしています。それが当然だと思っていますから…

           

          県外の相談所の方とやり取りする場合も結構ルーズな対応をする相談所もあります。

          私達相談所の人間は会員さんと会員さんとの間を取り次ぐという大切な使命を負っていますので、待ってる会員さんの為にも早め早めの対応をしなければならないと思っています。

          しかし、そのためには返事をすべき当事者がそこのところを怠っておられると、いくら私たちが早め早めの対応をしたいと思っていてもどうにもしようがありません。

           

          相談所でも他県のある決まった相談所とはいつもこの点でもめてしまいます。

          そういう相談所とは取引しなければよいのですが、システムの違いもあるようですし直接申し込まれるのはエントリーの会員さんなので、それもなかなか叶(かな)いません。

          もう少し話し合いを続けていくとともに、システムの違い等からから遅れるということを事前に会員さんに連絡するなどの対応策をとっていきたいと思っています。

           

          勿論、かくいう私達もついうっかりと対応が遅れて会員さんたちにご迷惑をおかけしたことがなかったかといいますとそれについては正直なところ全く自信はありません。

          しかし、何度催促されてもそれを無視しつづけるような失礼なことだけは絶対にしてこなかったという自信はあります。

          とにかく何をするにつけても他人様(ひとさま)に迷惑をかけることだけはしないように気を付けていきたいものだと強く思う次第です。

           

          婚活やのおじちゃんこと

                          哲

                                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)  

           

           

          ※次回は6月30日(日)に更新したいと思っていますのでどうぞ宜しくお願いします。

           

           

           

           

           

           


          エントリーのお見合いパーティー

          0

            令和元年、九州南部は5月31日に梅雨入りしました。これは昨年よりかは5日早く、丁度平年並みだそうです。

            梅雨大っ嫌いの私としましてはせっかく、昨年5日程遅く入梅したのに、令和になったらといって律儀にも直ぐに平年並みに戻ってしまったので『あ〜やれやれ』とウンザリしています。

             

            更に、今年の梅雨明けは現在の予報としましては7月14日頃となっています。昨年の梅雨明けは今年より5日早い7月9日だったとのこと。即ち、今年は昨年に比べ5日早く梅雨入りし5日遅く梅雨明けするというようなことになっていますので今年の梅雨の期間は昨年の梅雨の期間に対し10日ほど長くなる見通しだそうです。

            もっともこればかりはなってからでないと気まぐれなお天道様のことですので何ともいえませんが 少なくとも現時点ではそういう予報が出ています。

            願わくばせめて梅雨明けの方だけでも昨年並みの7月9日以前であってほしいものですがいかがなものでしょう?

             

            しかし、同じ九州でも北部地方は7月8日現在でまだ梅雨入りが報告されておりません。どういうことなんでしょう?同じ九州なのに…

            もっといわせていただくならば、南部地方は梅雨入りが平年より5日も早かったわけですから、梅雨明けの方はせめてその分だけでも早くしていただければなあと願ってているのですが、いかがでしょうか?…等と一人でぼやいていますが、こればかりは気まぐれなお天気相手ですし、雨を必要としておられる農家の方々などもおられるわけですから自分ばかりの都合で勝手なことばかりいってもおられません。分かっちゃいるけど…ついついどうしても愚痴が口をついて出てしまいます。

             

             

            ところで、毎朝10時を過ぎると私達夫婦はそわそわしています。大リーグのエンゼルスの試合がその時間から始まることが多いからです。と、いうことは勿論、我らが翔平君が登場するからです。

            しかし、今シーズンは手術明けということもあり出だしから翔平君の調子が悪くガッカリし通しの毎日!

            それでも何とか3番打者ということで打席を重ねているうちに、最近になってようやく少しづつ調子が上がってきているようです。『ヤッター!』と大声を出しショータローをびっくりさせる日がすこしづつ増えてきました。

            エンジン全開までもうちょっと、というところまでは来ているような気がしています。

             

            とまあこんな風に現在の私のモチベーションは翔平君の活躍如何にかかっているといっても過言でないような平和(呑気?)な毎日を送っています。

            これが成婚者数の拡大で『ヤッター!』と叫べる日が続くようだと最高なんですが、こちらの方はコンスタントに増えてきてはいるものの残念ながら今のところは『良かった〜』といったような程度で終わっています。

             

            こちらの方こそ『スゲェ、また増えた〜!』と絶叫してショータローがビックリして部屋中を飛び回るようなくらいに盛り上げていかなきゃいけないんですけどね。残念ながらこちらの方はホームランではなく二塁打くらいでとどまっている状況につきもうひと踏ん張りが必要かと思っています。

            この点については今後更に一層努力して会員の皆さんが極力早くゴールインしていただけるように頑張っていかなければと強く願う次第であります。(…と、こいう話になるとついつい政治家口調で逃げにかかってしまうみたいです。反省!…)

            翔平君の活躍の問題からとんだところに話が飛躍してしまいましたが、翔平君も負傷あがりとはいえ復帰後の日数もかなり経過してきましたので、そろそろ本領を発揮して昨年以上の活躍をみせて欲しいものです。

             

            最後に6月2日開催のお見合いパーティーについて!

            当日は天気予報通り雨でした。外れてほしいと願うときには外れずに、しっかりと当たるのが我が国の天気予報!…な〜んてこういう悪たればかりついてるから私には天が味方してくれないのかもしれませんね。

            それでも当日は予定していた会員さんたちは(お一人の方を除き)皆さんしっかりと参加していただきました。

            お一人の方というのはパーティーの前日になって男性の方から連絡が入り、どうしても外せない急用が出来たのでどうしても出られなくなりましたということでした。そういうことであれば、勿論こちらの都合だけを押し付けるわけにはいきません。前もって皆さんに案内していた通り前日分のキャンセル料だけ頂戴し、結局その方だけは残念ながら不参加となりました。

             

            男女の参加者数を揃えるために最後の最後まで追い込みましたが、何せ前日のキャンセル分だけにつきましてはどうしてもカバーすることができず、結果的に男性が一人不足のままでパーティーを開始しました。

            その分女性の方にはご迷惑をおかけすることになりましたが、参加された皆さんのご協力のもとなんとか無事に済ませることができました。

             

            出来たカップル数は4組でした。私たちの希望としましてはもう2〜3組は出来て欲しかったのですが、こればかりは強制できる話ではありませんので、このあと私たちにできることはカップルになられた4組の方が全員ゴールインできるように積極的に支援していくことだろうと思っています。

            前にも紹介しました通り、最近はいろんなところが企画するパーティーが増えてきていますので、参加希望者の間で『パーティー慣れ・疲れ』といった現象がみられるようになってきており、以前に較べるとパーティーの参加希望者を集めるのは非常に難しくなってきています。

             

            勿論、参加者が以前ほど集まりにくくなった理由としましては、『パーティー慣れ・疲れ』といった現象のほかにもいろいろあるかと思っています。

            その中でも特に大きいと考えられるのは、私達が参加対象資格者を『エントリーもしくはNNR支部所属の会員さん』という風に限定していることにあるのではないかと思っています。

            従いまして身元のハッキリしない方が紛れ込むという不安は全くありませんので慎重な方も安心してご参加いただけます。この点は大きなメリットとして評価されています。

             

            その一方で、会員でない方は参加できないという大きな制約がありますので、パーティーだけに出たいと思っておられる方を見つけたとしましても声をかけてお誘いするわけにはいきません。こういった事情もありますので、参加者集めにはかなり苦労します。

             

            しかし、参加された皆さんは単なる交際相手ではなく真剣に結婚相手を求めておられる方とカップルになることができるわけです。カップルになられて以降、ゴールインまでの確率はかなり高いものがありますので、他の手段と比べても結果的にはよりスピーディーに結婚できる確率はかなり高いものがあります。

            出来るだけ早く結婚したいと思っておられる方にとりましては可能性に満ちた有利な選択であるということは申し上げても過言ではないのではないでしょうか?

            勿論このほかにも工夫すればより有効な手段は沢山あることと思いますのでこのテーマの達成にむけて真剣に取り組んでいきたいと思う次第です。

             

            婚活やのおじちゃんこと

                           

                                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

             

             

            ※次回は6月20日(水)の更新を予定していますのでどうぞよろしくお願い致します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            異常な暑さ

            0

              まだ5月というのに、日本列島は異常気象に覆われています。

              20日、気象庁は北海道から九州南部にかけて高温に関する異常天候早期警戒情報を発表しましたが、全国の多くの地点で35度を越す真夏日が続いており、特に北海道佐呂間町では26日午後2時すぎに気温39.5度を観測したとのこと、恐ろしい話です。

               

              しかし、この佐呂間町の39.5度につきましては5月としての全国の史上最高気温でして異常気象というよりフェーン現象による影響が考えられるとのこと。 北日本では上空に暖気が入り、その結果季節外れの高温になったとみられているようです。

              そりゃあそうでしょうよね、5月でこうだということは、このままの流れで真夏の7月から8月を迎えたときにはどんな気温になるのだろうと考えるとそれだけで恐ろしくなりますから…

               

              それにしても宮崎というところは住みやすくてほんとに良いところですよねえ。日本の南の方に位置しながら極端な暑さに見舞われることもなく穏やかな天候が続いています。南国にあるだけに常識的に考えると北の方にある地域と比べるとかなり暑いはずなんですが、全国の他地域の気温が真夏日を記録していても、どういうわけか宮崎の気温は30度前後という非常に過ごしやすい気候に恵まれています。

              私などはこういう恵まれた地域に住んでいながら僅かばかりの感謝の念すらもつこともなく、この過ごしやすい気候を宮崎に生まれ育ったことからくる当然の恩恵として享受していますが、宮崎に住む私たちは本来ならばこの恵まれた環境に対してもっともっと感謝すべきなのかもしれませんね。

               

              ところで最近の私は休日だからといって休暇をとるでもなく旅行をするでもなしといった比較的おとなしい毎日を送っています。

              毎年この時期になりますと私のこれまでの旅行した実績を調べたアチコチの旅行社から海外旅行のパンフレットが送られてきます。

              今年もご多聞に漏れずヨーロッパを中心にあちこちの名所旧跡を案内する資料が届きました。海外につきましては私が行きたいと思っていたその主なところについては大体行ってきましたので、今ではパンフレットを見てもそんなに胸は騒ぎません。

              それでもただ何もしないでボサーっとしていることだけは私の性に会いませんので何かは楽しいことをしようといろいろ考えているところです。

              秋口に入ったら多分国内を中心に古い友人を訪ねての旅行等にでかけてみていることになるのではないでしょうか?

               

              それはそうと、少しばかり本業のことについて触れてみたいと思いますが、この5月という月はいつもの月に比べて日毎の入会者数の変動が結構激しい月でした。

              前半はやはりGWという長期休暇の心理的影響が悪さをしたのではないかとしか思えないほど、仕事の方は期待通りにはすすみませんでした。

               

              国を挙げての10連休という初めての長期休暇ということで、期待が大きかった割にはその休日の消化の仕方に対するコンセンサスがえられていなかったみたいで、私の周りではあれよあれよといううちに実質的にも気分的にも消化不十分という形で終わってしまったという人がかなり多かったような気がします。

              しかし、GWが終わりその流れがいったん落ち着くと中頃から月末にかけてそれまでのマイナス分が一気に埋まっていくといったような動きが続き、5月全体としては何とか落ち着くべきところには落ち着いてくれたような感じですのでやれやれと思っているところです。

               

              また、会員さんたちにとっても私達相談所の人間にとっても一番の目標である成婚退会者数についてみていきますとエントリーの会員さん同士の交際については全体的にみて比較的順調に推移しています。

              勿論頻繁にお見合いパーティーをやっていた2〜3年程前の頃ように一度にまとまった多数のカップルは集まりません。     

              最近では個別の会員同士のお見合いから成婚退会がずいぶんと増えてきたように思います。エントリーの場合はエントリー所属の会員さん同士の成婚退会がどうしても主流になりますが、ほかの相談所の方との成婚退会数も最近は増えてきています。

               

              パーティーといえば、6月2日(日)のお見合いパーティーも目前に迫ってきました。

              集まりの出足が悪かったのでどうなることかとハラハラしていましたが、ここ一週間の間に個別にお願いする方式で参加者集めに精をだして対応していった結果、かなりの方から協力してもらえることになり、一定の人数は確保できました。

               

              最近はホントにあちこちで手を変え品を変えのパーティーが増えてきましたので、真剣に結婚をを目的とした結婚相談所主催のお見合いパーティーは以前ほどのまとまった人数は集まりません。

              とはいえそれでも今回もせっかく参加していただいた会員さんたちにメリットがあるように,工夫を凝らしながらカップル数を増やしていかなければと思っているところですので今後ともどうぞよろしくお願い致します。

               

              婚活やおじちゃんこと

               

                            

               

                                   (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

               

              ※次回は6月10日(月)の更新を目途に更新したいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              梅雨間近…

              0

                沖縄気象台は16日、沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より7日遅く、昨年より16日早いそうです。

                14日に梅雨入りした奄美地方に続いて全国2番目。

                 

                因みに気象庁の発表によると宮崎県の梅雨入りはこれまでのデータからの予測として、平年並みなら5月31日頃になると予想されています。

                尚、2018年の宮崎県の梅雨入りは6月5日頃という発表でした。そのため、平年値よりも一週間ほど遅いということになるんだそうです。

                この予報につきましてはいろんなネットでいろいろ検索してみましたが、今のところは当てになりそうなものは出ていません。

                 

                早い話が梅雨が実際に来てみないとよくわからないということなんでしょうが、いずれにしても確実に言えることは、令和になっても私の大っ嫌いな梅雨については時期に若干のズレはあっても間違いなく来るということみたいです。

                あ〜あ、ウンザリって感じですが、さりとて梅雨がこなければこないで困ることも沢山あるわけですから自分の単純な感情だけでどうのこうのいってはいけませんよね。

                 

                 

                ところで5月に入ってからの私たち夫婦の毎日の生活パターンはそれ以前に比べてガラっと大きく変わりました。

                どういうことかといいますと、私達夫婦が待ちに待っていたメジャーリーガー大谷翔平が故障から復帰して私たちの前に帰ってきたからです。

                 

                そして出だしこそ長い間のブランクがあった為モタモタしたところもみられましたが、それも見事に克服してエンゼルスの3番バッターとして大活躍し始めているからです。

                もう毎日が楽しみで夜寝る前には『明日の試合は何時からだっけ?』と二人で確認しあい、翌日の試合開始時刻にはどんなに朝早くてもきちんと起きて待っています。全くいい歳した夫婦が何やってるんだろうと自分たちでも時々思わないでもないのですが、翔平君の魅力には負けてしまいます。しかし、彼の登場のおかげで毎日の生活にハリがでてきたということは大きなプラスだと思っています。

                 

                彼がホームランでも打とうものなら『ヤッター!』と二人で大騒ぎ!我が家のセキセイインコのショータロー君はその都度ビックリしてバタバタと部屋中を飛び回ります。

                彼からするとまったくもっていい迷惑!『お兄ちゃん!あんまり打たないでよ。お兄ちゃんが打つとエントリーのバカ夫婦が歳を忘れて大はしゃぎするんでほんとに迷惑してるんだから…』とこぼしてる愚痴が聞こえてくるような気がしています。

                しかし、『ショータローがなんといおうと?この件だけはこのまま狂い続けるつもりでいます!生き甲斐ダモンネ〜…』

                私たちの翔平を中心とした生活はシーズンが終わるまではこの調子で続いていきそうです。(…と、このようにしっかりと開き直っているんだから自分たちでもあきれ返ってしまいますが…)

                 

                最後に最近無料相談にお見えになったある方が、『実は私は何年か前にもこちらの無料相談を受けにきたいと思っていたことがあったんですよ』といわれました。

                しかし、彼女はその時は他にももう一つやりたいことがあってどっちを先に選ぼうか迷われたとのこと。その時は残念ながらもう一つの方を選ばれたそうです。

                そしてそのもうひとつの目標については一応目標は達成されたそうで、これからは残っていた婚活に手をつけようということでエントリーの無料相談を受けてみようということに決め、エントリーまで出かけて来て下さったんだそうです。有難い話です。

                婚活か、はたまた婚活以外かどっちを選ぼうかと迷われたときが彼女は20代後半だったそうですから、その時からすると丁度4年の歳月が流れたことになります。

                 

                そこで今となって婚活の実態を知るにつけ彼女が反省しておられるのは、彼女がどうしてあの時やるべきことを一つに絞ってしまったのかということでした。

                二つを同時にやってもやってやれないことではなかったのに…。

                そして婚活の場合は『時間(年齢)の制約』という大きな縛りがあるのですが、その時はそこまで気が回らなかったとのこと。

                知識が増えてくるにしたがってどうしてあの時私は婚活以外の方を先に選んでしまったのか?と大分後悔されたそうですが、時計の針は戻せても時間は戻すことはできません。

                しかし、彼女の場合はそんなに心配される必要はないように思っています。

                考え方がしっかりしておられますし行動力のある方です。おまけに女性としての魅力を十分備えておられる方ですので、焦ることなく結婚という目標に向かって着実に婚活を進めていきさえすれば、幸せな結婚にたどり着かれるのはそんなには難しいことではないと思っています。

                当然のことながら、私達も彼女が目標を達成されるようしっかりと応援していこうと思っています。

                 

                 婚活やのおじちゃんこと

                                哲   

                                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                 

                 

                 ※ 次回は5月31日(金)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                過ぎたるは及ばざるが如し…

                0

                  長かったというべきか、長過ぎたというべきかちょっと迷うところですが、とにかく10連休という我が国初のスーパーGWという試みも一応の終了をみました。

                  この連休についてはいろんな感想をお持ちの方がおられるようですが、私としましては『残念、もう終わったか…』というより『やれやれ、ようやく終わってくれたか…』というのが正直な感想…。

                   

                  というのは、まず連休に入ってすぐに我が家の洗面所のホースに水漏れが見つかりました。
                  これにつきましては水道業者がお休みということでしたので、取り合えず応急処置で水漏れだけは止めてもらいましたが部品の調達ができないから…ということで、連休明け以降でなければ洗面所の使用は不可とのこと!
                  その間の9日間は2階にあるもう一つの小さい洗面所で対応せざるを得なくなり非常に不便な思いをさせられました。連休中でなければ1日で修理できたらしいんですが出来ないものは出来ない、とのことでしたのでこの長期休暇制度を恨むしかありませんでした。
                  またこのほかには定期的に服用している薬について、休暇中の分の薬を処方してもらうために病院と薬局とで長時間待たされてしまいました。何せニーズは多いのにそれに対応する人が少ないわけですから、どんなに不満でもこちらとしてはただ待つことしかできません。
                  健康な人の場合はこんなことで悩む必要もないのでしょうが、体に故障個所を抱えていますとどうしてもついて回る問題です。
                  それでも悪いことばかりあったわけでもなく、長い間会っていなかった親戚が突然やってきて一緒に楽しい時間を過ごすようなこともできました。
                  久しぶりの再会でしたし、予期していなかっただけに私たちにとりましては楽しいひと時でした。
                  それ以外は殆ど毎日のように皇室関係のニュースをみることで忙殺されていたような気がします。殆どの日本国民にとりまして、この期間は皇室との距離がぐんと縮まった画期的な期間であったのではないかと思います。
                  それにしても前々から決まっていたこととはいえ、考えてみるとわずか10日間位の間によくもまあいろんな大きなことがあったものです。

                  まずはこれまで天皇陛下であられた昭仁親王が上皇に変わられるとともに、皇太子殿下であられた徳仁親王が天皇陛下に即位されることになりました。そして、それに伴い年号も平成から令和に変わりました。

                  上皇のお后は「上皇后」であり、敬称は陛下だそうです。

                  天皇家の家系図を古い時代から一通り目を通してみました。非常にボリュームが多くごちゃごちゃしていて中々分かりにくく苦労しました。一応の大まかなことだけは理解できたような感じはしていますが、多分実のところはあまり分かっていないような気がします。

                  日本史は好きでしたので、高校までの教科書に出てこられた方のことくらいは多分大丈夫かとは思いますが…???

                   

                  それから話は変わりますが休み中に昨年秋頃に成婚退会されたOBが遊びにきてくれました。

                  彼の場合、相手の方は残念ながらエントリーの会員さんではなく大分県の他支部の会員さんでした。従いましてお顔を拝見するのは今回が初めてだったのですが、明るくてとても感じの良い素敵な方でした。

                  彼は県北の方でしたので成婚退会後はもう会えないだろうなと思っていたのですが、宮崎に来る用事があったからということで律儀にも立ち寄ってくれたという次第で非常にうれしく思いました。

                   

                  ところがその日が丁度前述の通り、我が家の洗面所から水漏れがしてバタバタしている時でしたのでゆっくり上がってもらってその後の様子を聞くこともできないまま玄関口での応対で終わってしまいましたのでお二人には大変申し訳ないことをしてしまいました。

                  この次来られるときには今回のようなアクシデントは起きないだろうと思っていますので、その時にはしっかりと挽回させていただきたいと思っています。

                  しかし、彼の場合もこうやって退会したあとも立ち寄ってもらえるというのは私たちにとっては本当にうれしき限りです。

                   

                  最後に今年は我が家の庭の枇杷が鈴なりとなっています。その代わり昨年は沢山採れた柿とか梅の実は殆どといってよいほど実をつけていません。どうやら一年おきに実をつけるようです。

                   

                  枇杷については写真のように沢山実をつけてはいるのですが、殆ど手入れらしい手入れをしていないため実の大きさが不揃いで、量的には非常に多いのですが全体的に小ぶりです。

                  これまでの例からすると来年は殆ど実が採れない年になりそうなので、今年のうちに業者の人に頼んで大きな実が沢山とれるような対策を施そうと思っています。

                   

                  令和になって以降は何をやっても『この時代になって初めて』という枕詞?がつくことになり新鮮です。

                  令和になって初めての枇杷の収穫蕗(ふき)の収穫、それに対して殆ど実がならなかった甘柿の不作…

                   

                  仕事の面では令和になって初めての入会者については、お陰様で5月8日現在で既に数人の方にご入会いただきましたので大丈夫なのですが、成婚退会者については未だ決まっていません。

                  願わくば、少しでも早く成婚退会者が現れるといいなあと期待して待っているところですが、どうなりますことやら…

                   

                   婚活やのおじさんこと

                                 哲

                                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                   

                  ※次回は5月20日頃を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  長期休暇に突入しました

                  0

                    狭い日本列島、まるで夏になったかと思うように真夏日が続いたかと思うと、寒の戻りとかで雪が降る所があったりとかで相変わらず天候には翻弄されっ放しの我が日本!

                    そうなると一番困るのが外出着!女性の場合は特にそうでしょうが、冬物を終(しま)ったものか当分そのままにしておくべきかで大分頭を悩まされているとかTVで紹介されていましたが、それとは関係なく新元号の日だけは一日一日と着実に近づいてきています。

                    そして話題の10連休という長期休暇にはあっさりと突入してしまいました。

                     

                    海外旅行や国内旅行などこの休みを利用して、普段の夏休みやゴールデンウィークでは休みの日数が足りずに断念していたところに出かけてみようという気になっておられる方が結構沢山おられるみたいです。

                     

                    私の場合は、休日は定休日以外自分で勝手に好きな日を選べる身分?ではありますが、その分お客様からの予約が入ると動きたいときに動くことができなかったり等、自分の都合で先のことがなかなか決められません。

                    一長一短!なかなか全てが自分の思い通りにはいかないものですよね。それでも自分の意欲と工夫次第ではいろんな可能性がでてくるものですからプラス思考で前向きに取り組んでいきたいものですね。

                     

                    そんなこんなのこの10連休ですが、とにかくエントリーとしては4月30日(火)の定休日以外はすべて営業という形で対応しようと思っています。

                    もともと貧乏性?の私たちの場合はどんなに忙しくても事務所でボサーっとしているより忙しく動き回っている方がはるかに楽しい性分ですし、却って肉体的にはその方が楽です。

                    既に現時点で新規の方の無料相談や、現役会員の方の相談の予約が何件か入っていますしOB会員の方の訪問の予約も入ってきています。OB会員の方の場合はお子さんを連れてきてくださることが多いのでこれがまた非常な楽しみです。

                     

                    ところで最近はどういうわけかご年配の方同士のお見合いが沢山組めるようになってきています。

                    エントリーの会員さん同士の場合だと年齢層からしてここまで増えなかったのではと思うのですが、ネットで登録することによりほかの相談所からの申し込みが大幅に増えた結果で良い傾向だと思って歓迎しています。

                    選択の範囲が広がってきたことによりご年配の方も俄然やる気を出してこられたようで、たしかに今年に入ってから中高年の方同士の成婚カップルが増えてきています。

                     

                    ただ、ご年配の方同士のカップルの場合、その方たちのご両親がまだ生きてらっしゃる場合はそれぞれの親御さんの年齢や性格、健康状態の差等によりいろいろと難しい問題も出てくる場合があります。

                    お相手の親御さんにご理解があり、ご自分から施設に入ることを選択されるとか、ご自分が暮らしていける空間を別にお持ちの場合はそうでもないのでしょうが、自宅を離れることや同居を断固拒否されるような場合は非常に困ったことになってしまいます。

                    年老いた親を施設に預けるということになるとすると、子である立場の人間の気持ちとして耐えがたいものがあるでしょうし、かといって結婚する相手の方に我慢してもらって同居するということになっても、そう簡単に片付く問題ではないように思えます。

                    なかなか難しい問題ではありますが、個々のケースに応じ真剣に向き合って解決していかなければならない問題です。

                     

                    といったところでまた話は変わりますが、エントリーのホームページや新聞、雑誌等でもご案内してきました通り、6月2日(日)に令和になって第一回目のお見合いパーティーを開催します。

                    平成最後に開いたのが昨年の12月でしたから、丁度半年振りということになります。

                    私たちとしましては、これまで何度も説明してきました通り以前のように開催頻度を上げたいと思っているのですが、最近はパーティーに特化したイベントを組まれておられる会社さんが沢山でてきています。

                    正直なところ会員制という参加者の信用度・信頼度を重視した現在のようなパーティーのやり方を続けていきます限りにおいては沢山の参加者数が見込めません。

                     

                    たしかに自己責任を前提として一定の基準をクリアすれば誰でも参加できるようなパーティーについてはそれはそれでありだと思います。

                    しかし、エントリーとしましては単なる交際相手や恋人選びではなく、真剣に結婚相手を探しておられる方達がお相手を探すための手段のひとつとしてお見合いパーティーを開催としています。

                    従いましてエントリーのパーティーの参加者は独身証明書または戸籍謄本とか住民票等々とかいった公的な証明書を提出された会員としての身元のハッキリしたエントリーの会員さんたちと、エントリーが所属している日本仲人連盟(NNR)所属の他支部の会員さんたちを対象としています。

                    従いましてただ人数を増やすだけでしたら他にいくらでもやりようはあると思うのですが、少なくとも現時点ではエントリーとしましては従来からの基本方針に則った愚直なやり方でここれからあとも続けていきたいと思っています。

                     

                     婚活やのおじちゃんこと

                                      

                                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                     

                     

                    ※次回は5月9日頃の更新を予定していますので、よろしくお願い致します。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    10連休の過ごし方は?

                    0

                      4月…,卯月です。宮崎市では満開だった桜の花も散ってしまいました。

                      パっと咲いてパっと散る桜…あっけないといえばあっけないもんですね。

                      我が家の裏庭には真っ赤なツツジが咲き誇っていましたが、これもあっという間に枯れてしまいました。

                      毎年裏庭の春を彩る豪華賢覧?ショーは、そのうちそのうちと思っている間に私がカメラに収める間もなく散っていってしまいました。花の命って短いもんですね。

                       

                      この4月は私の誕生月ですし入学式や入社式等々思い出深いイベントが沢山つまっている大好きな月ですが、今年の4月は私にとってはそんなにハッピーな月ではありませんでした。

                      それまで私にとっては運の悪い月と思われていた3月が、今年の3月については案に相違し非常にてラッキーな月だったのに対して、今年の4月については短期間のうちにあちこちの病院通いをすることになりまして、決してハッピーな状態とはいえません。

                       

                      特にどこかが悪いというほどではなかったのですが、気になることがありましたので胃カメラ検査、大腸検査、後発性白内障検査などをしてもらいました。待たされることが何にもまして大っ嫌いな私ですが自分の勝手な都合ばかり主張することはできません。

                      その結果としましては何時間も何時間も待合室で待たされることになり、それだけで耐えられないような苦痛を味あわされました。それでも一応検査は無事に終わり胃腸や白内障については問題となるようなところは見つからなかったということが分かりましたので、ま、ひとまずのところはひと安心というようにはなりましたが…

                       

                      そんな苦痛に満ちた滑り出しではありましたが、どういうわけか仕事の方は先月に引き続き好調な滑り出しを見せています。

                      それに今月はこれまでの傾向と異なり、半月を過ぎた時点で男性会員数が既に先月実績を大きく超えています。

                      有難い話とよろこんでいるところですが、今月はまだ半月近く残っていますので、今月の最終日まで精いっぱい頑張って少しでも多くの入会者を獲得しなければと思っています。

                       

                      といったところで話はガラっと変わりますが、最近私は『池上線(いけがみせん)』という歌に嵌(は)まっています。

                      今から43年前という古い時期に売り出された西島三重子という歌手が歌っている名曲です。

                       

                      この歌はたまたま私がユーチューブの曲をランダムに聞いていた時にみつけた古い曲です。失恋の歌だと思うのですが詩の切なさと歌手の歌い方とがピッタリとマッチした素晴らしい曲です。

                      ご存知でない方の方が多いかと思いますが、人気が出てミリオンセラーになる筈だった『池上線』の冒頭の歌詞がその内容から東急電鉄から怒りを買い、圧力を掛けられて一時期『封印』されてしまったといういわくつきの名曲でもあります。

                      作曲した西島三重子さんは勿論、森昌子さん他沢山の歌手から歌われているこの名曲、聴いたことのない方は是非ユーチューブで一度聴かれてみてはいかがでしょうか?

                       

                      そもそもユーチューブで曲を聴くなんてことは滅多にしたことがない私ですが、今回はたまたまいくつもの偶然が重なって聴くことになりました。

                      初めて聴いたときの衝撃があまりにも大きくて、何かに憑(つ)かれたかのように何回も何回も少なくとも100回以上は確実に聴いたと思うのですがそれでもまだ飽きがきません。こういう経験は私としても初めてです。物は試しでぜひ皆さんにもお聴きになられることをお奨めします。

                       

                      ところで今年の4月27日〜5月6日までの10日間は2019年5月1日に現天皇陛下が退位され皇太子殿下の新天皇即位に伴い平成から新元号へと変わる今年のゴールデンウィークシーズン

                      5月1日が「即位の日」として祝日となり”前日と翌日が祝日である日は休日とする「祝日法」が適用され4月30日と5月2日が「国民の祝日」となるため、2019年ゴールデンウィークは10連休となることが決定しています。

                      そんな歴史的な大型連休となる2019年のGWにはご家族またはお友達グループやカップルでご旅行やドライブに出掛けられる計画を立てておられる方も多いのではないでしょうか?

                      皆さんはどんな計画を立てておられますか?

                       

                      エントリーとしましては、会員さんやこれから入会を検討しておられる皆さんの少しでもお役にたてればとの思いで、エントリーの定休日の4月30日(火)だけお休みをいただき、それ以外のゴールデンウィークは全部休日なしということで対応させていただこうと思っています。

                      全国民が一斉休暇をとれるかどうかは職場によって対応はまちまちでしょうが、滅多にないチャンスですので現在婚活中もしくはこれから婚活しようと考えておられる方はこの期間を利用して集中的に婚活を進められてはいかがでしょうか?

                      まだ何も予定を立てておられない方は、もったいない話ですのでお相手探しを兼ねて是非エントリーの方に出かけてきてください。今後の婚活の進め方などについて検討していきましょう。

                       

                      また、4月30日のエントリーの定休日におきましても事前にご連絡いただきましたら、ほかに特別の用事がない限りは対応させていただこうと思っておりますのでよろしくご活用下さい。

                      何もしなければ何も始まりませんよ。頑張りましょう!

                       

                      婚活やのおじちゃんこと

                                     哲   (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                       

                      ※次回は4月30日(火)頃の更新を予定していますのでどうぞよろしくお願い致します。 

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/6PAGES | >>