お相手の選び方

0

    これで3回目。今回分のブログを書き始めて三分の一位まで書き上げたのに迂闊(うかつ)にもそれを保存しないままにしておいたので、何かの拍子に画面がそっくり消えてしまいました。ガックリはきたものの仕方がないと諦めてまた改めて最初から書き始めたのに、どういうわけかまたしても保存しないうちに同じようにそれまでい

    書いていた文章をそっくり消失!この馬鹿さ加減はつける薬がない状態です。

     

    以前にもこのようなことがあってそれをブログで書いたことがあるかと思いますが、さすがに2度も繰り返しますと精神的ダメージは大きくて、今回はブログを書くのはパスしようかと思いましたが、それも癪(しゃく)に障(さわ)る話なので気を取り直してちょっとばかり一寝入りしたあとに三回目を書き始めました。二度も書き直すというのはやはり歳の所為(せい)なんですかねえ。うんざりします。

              

    といったくだらない前置きはそれくらいにして…と、最近早朝の散歩中にあちこちで彼岸花をみかけるようになりました。

    グリーンの野原の中に真っ赤な彼岸花をみつけると「あ〜、いつの間にか今年もそんな季節になったんだなあ」としみじみとした気分になります。

    赤や白の彼岸花は、いつも私に秋の到来を感じさせてくれます。

    グリーンの中に混じった真っ赤な彼岸花…、その赤とグリーンの見事なコントラストには大して絵心のない私ですら立ち止まってスマホで写真を撮りたい気にさせ、バシャバシャと何枚も撮り続けます。毎年この時期になると見かけるいつもの風景…

     

    という文字を目にするだけで私の脳裏にはコスモスとこの彼岸花とがすぐに浮かんできます。

    そんなわけで、毎年この時期になると私はブログで必ずといっていいほどこの二つの花について取り上げてきたように思います。

    私の大好きな秋とこの季節を象徴する二つの花…、だいぶ歳もとってきたので来年も今年と同じように見ることができるかな?と考えるとちょっとばかしセンチメンタルな気分になってしまいます。

     

    ところで今回はようやく台風や地震といった災害の話題に触れなくて済みそうなので良かったなあと喜んでいるところです。といってもそれは日本列島に限った話であって、フィリピンや香港では超大型の台風22号のおかげで大きな災害を出しているようですし、アメリカのほうでもハリケーンの被害で大変だったみたいですから、日本に被害がなかったからといって単純に喜んでばかりはおられません。

     

    地球温暖化の影響が如実に表れてきているということなのでしょうが、それにつけてもそんなことにはお構いなしに目先の自分のことしか考えないアメリカのトランプの阿呆ぶりには本当に腹が立ってなりません。USAともあろう超大国がどうしてこんな阿保を大統領に選んだのですかねえ。まったくもって馬鹿げた話です。

     

    といったところで話はガラっと変わって次は婚活関連について。

    婚活でお見合いを申し込む際の相手の選別基準としては男女でかなり大きな違いがあるような気がします。

    エントリーでのこれまでの実績を基にして男女別の項目別重視度を大まかに判別しますと一般的な話として次のように分類されるかと思われます。

     

    男性からみた女性の選別基準としましては第一番目には『相手の年齢』、次いで二番目には『相手の外見』、三番目には『相手の婚歴』、四番目が『相手の子供の有無』、五番目が『相手の職業』、六番目が『相手の学歴』…といったものがくるように思います。

     

    これを女性からみた男性の選別基準としましては第一番目には『相手の年齢』、次いで二番目には『相手の外見』、三番目には『相手の年収』、四番目が『相手の職業』、五番目が『相手の学歴』、六番目が『相手の子供の有無』…といったものがくるように思います。

     

    これで見ますとお見合い相手を探すために重視するポイントとしましてはまずは男女とも『お相手の年齢』が一番大きなポイントとなっているように思います。次いで二番目に来るのは男性の場合は思っていた通り『相手の方の外見(ルックス)』でまずこれはほとんどの方が同じような意見でした。

    女性の場合は『男性の外見(ルックス)』はそんなに気にならないのかと思っていました。実際にルックスは気にしませんといっておられた方が実際に自分が選ぶ段になるとしっかりと『男性の外見(ルックス)』が上位になっていたのには考えさせられるものがありました。本音と建て前…、難しいところですね。

     

    但し、これは実際にお二人が直接出会われた後での調査ではありませんので『相手の性格・相性』というものはプロフィールからはわかりません。したがって仕方がないといえば仕方がないのかもしれません。

     

    それ以外では女性の第三位に『相手の年収』、第四位に『相手の職業』、第五位に『相手の学歴』が入っていたのは想定通りでした。

    私の個人的考え方としましては男女とも『お相手の性格』というものが最上位に来てほしいという思いがありますがプロフィールだけではそこまでは把握できません。

    お見合いをするかしないかを決めるにあたっては、余程厭(いや)でない限りお申し込みがあった場合は積極的にお見合いの申し込みを受けて実際にお話をしてみてお付き合いをするしないを決められることをお勧めします。

     

     

    ここでお断りしておきますが、以上のデータは直近5年間のエントリーの会員有志とのヒアリング結果を大雑把にまとめたものから整理したものにつき正確な統計値に基づいたものではありません。

    しかし、これは私や会員さんたちと直接接しているオクサンと意見のすり合わせをしても大きな違いはありませんでしたので参考にしていただいても問題はないのでは?と思っています。

     

    婚活やのおじちゃんこと

                   哲

                          (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     

     

    ※次回は9月30日(日)更新予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    災害列島 日本!

    0

      日中はまだ30度を超す日も少なくありませんが、台風が過ぎたあとの最近の天候は朝夕は結構肌寒く、だんだんと秋が近づいてきているのを感じます。

      コスモスもあちこちで見かけるようになり、秋が大好き人間の私としましては毎朝の散歩もより楽しみなものに変わってきつつあります。

       

      ところで、我が国では毎年9月1日が「防災の日」と定められ、その日を中心とした8月30日〜9月5日までの一週間を「防災週間」と呼んで日本国民に警戒を呼び掛けています。

       

      ところが、そんな私たちをあざ笑うかのように今年も「防災週間」の9月4日にしっかりと今年最強の台風21号が日本列島にやってきました。

      "せっかくの「防災週間」に何事もなく終わってしまったのでは申し訳ない"とでも思ったのでしょうか?律儀なもんです。頼みもしないのに…

       

      台風21号は今年に入っての最強台風といわれるだけあって非常に強い勢力を保ったまま徳島県南部に上陸、午後2時ころには神戸市付近に強い勢力を保ったまま再上陸し、その後は日本海に抜け そのまま日本海を北上していきました。

      最大瞬間風速は関西国際空港で58.1m/秒という2009年以降の計測で1位の記録を計上したそうです。

      また、和歌山市でも第二室戸台風時を上回る57.4m/秒と和歌山市における史上1位の記録を更新したとのこと。

      強風のおかげで建物の屋根は飛ぶは、トラックは横転するは、更には電柱や建設現場のクレーンは折れるなど近畿地方の各地に大きな被害がでました。それに伴い電線も切れたりショートしたりで大規模な停電があちこちで発生しました。

       

      また、上陸に伴って近畿や四国の沿岸部では急激に潮位が上昇し、大阪では329cmまで上昇。海に浮かぶ関西国際空港は滑走路まで水が上がる事態になるなど想定以上の大きな被害が発生しました。

      その上、関西国際空港島と対岸とを結ぶ連絡橋に沖に停泊していたタンカーが風にあおられて衝突したため連絡橋の一部が壊れてしまいました。

      おかげで空港に残された約8000人の人達は行き場を失ってしまい、おまけに停電の為空港内の空調も稼働せずという厳しい環境の中で大変な思いをされたようでした。

      連絡橋は上下線の片一方は通行できるようですが、破損部全体の修復にはかなりの時間を要するとのことで日本の経済に与える影響は甚大なものがあるとのこと!困ったことになったものです。

       

      と、これだけでも大変な災害なのに、更に追い打ちをかけるように「防災週間」の翌9月6日には北海道胆振地方中東部を震源とするマグネチューム6.7の大地震が発生しました。

      厚真町では震度7というこれまで経験したことのないような大きな地震で6日時点では死者35人、安否不明者3人400人近くが怪我と云う大惨事でした。

      そのちょっと前に北上してきた台風21号の影響で地盤が緩んでいたことも被害を大きくしたことの原因になっているようです。

      まさに踏んだり蹴ったりという状況で本当にお気の毒な限りです。家屋の倒壊も多く、中には一週間ほど前にリフォームを終えたばかりという方もおられるようで、その心情は察して余りあるものがありました。

       

      最強の台風に、最大級の大地震…、まさに災害列島 日本!私たちのまわりではいつどんな時に、どんなことが起こるか分からないということを覚悟しておかなければならないという事なんでしょうね。

      結婚はしたいと思いながらもいまだ行動に移せずに悶々としておられる方は、あの世に行ってから後悔することのないようにしっかりと今のうちに結果を出しておかれるようにお薦めします。

       

      ところで、話は変わりますが、最近自分のプロフィールの自己紹介欄の文章や自分の写真の変更を申し出る方が数名おられました。

      大事なことなのですぐに対応させていただきました。

      概してご自分のプロフィールについては軽く考えておられる方が多数見受けられるように思います。何事も本気で取り組まないでうまくいく筈がありません。

      今回プロフィール変更の申し出をされた方達は結婚に対してより真剣になられたんだなあと嬉しく思いました。

       

      お相手を選んだり、相手からのお申し込みに対する返事をする場合はまずはプロフィールをじっくりみて品定めをするところから入ります。その際の判断基準としましては写真の印象ということも結構馬鹿になりません。

      いくらお見合いを申し込んでも、最初に掲載した写真に対してあまり良い反応が出ないと思われるような場合は写真を変えてみては如何でしょう?実際写真を変えたことでお見合いの申し込みに対するOK率がグンと高くなった方もおられます。

      実物と出会う機会がありそれをもとに判断するのであれば問題ないのでしょうが、そうでない場合はプロフィールの良し悪しが結果を大きく左右するというのが現実です。

      であるのなら極力プロフィールの改善に力を注ぐというのは当たり前のことではないでしょうか?

       

      ご本人から申し出がなくても私たちから写真を変えることをお勧めすることもあります。それでも面倒だからとあまり乗り気でない方については勿論それ以上おすすめすることはありませんが、そういう方達の場合はなかなか良い結果が出てきません。

      また自己紹介の文章についても、内容をポジティブなものに変更すると印象が良くなってお見合いに結び付くケースも増えてきています。

      何事も試したほうが良いのでは?と思われるようなことについては積極的にトライしてみてはどうでしょう?

       

      エントリーの会員さんは手前味噌でいうのではなく性格の良い素敵な人がたくさんおられると思っています。

      あとは自分が会いたいと思う人に会えるように努力することです。実際に会えたら、その出会いがお付き合いに発展するよう頑張ることです。

       

       婚活やのおじちゃんこと

                      哲

                             (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

       

       

      ※次回の更新は9月20日頃を予定していますのでどうぞよろしくお願い致します。

       

       

       

       

       


      ウマが合う

      0

        8月も残すところあと僅かとなりました。

        ちっぽけな日本列島ですが、ここ最近は一部で大雨のところがあるかと思うと、かたやちょっと離れた地方ではフェーン現象を受けての猛烈な暑さのところがあるなど、ほんとに自然現象に列島のあちこちが翻弄されてしまいました。

         

        私の方も8月21日に小〜中学&高校時代の親しい仲間が集まって当時お世話になった先生を囲んでの親睦会を企画していました。

        ところが生憎その日は台風19号が接近中という悪天候。関東や関西にちらばった仲間が集まっての親睦会につき飛行機が飛ぶんだろうか?とかクルマで来る友人は高速道路は通行止めになっていないだろうか?などハラハラさせられましたが、なんとか全員無事に集まり楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

        日頃滅多に会えないメンバーがこうして会えるというのは最高です。神様もその辺を考慮されたのか?21日は大したこともなく無事に全員顔を合わせる事ができました。

        非常に楽しいひと時を過ごすことが出来ましたので来年あたりは場所を変えてまたやりたいという話になりました。

         

        そして19号・20号のダブル台風も温帯性低気圧に変わり、現時点では日本列島をおびやかす台風はいなくなったようですので長いこと憑りつかれたようになっていた台風から一応は逃れられたみたいですが、それでも列島のあちこちでは大きな被害が発生したようです。

        宮崎市内はお陰様で今回も大した被害を被ることなくやりすごすことができたようで大助かりでした。

         

        しかし、台風一過ということからこれからは好天が続くと期待したにも拘らず、天気予報によればしばらくの間は晴れ間は期待できないとの予報。

        お陰で朝の散歩の方もついつい休まざるを得ない状況となり健康管理の面では私にしっかりと悪影響を残しています。しつこいというのは人間にしても天候にしてもホントに嫌なものですね。雨天の間は傘をさして歩くなどの対応策が必要なのかな?と思案しているところです。

         

        ところで、24日には成婚退会のカップルが退会手続きに来てくれました。

        ここ最近は毎月コンスタントなペースで発生していましたが、今月は現時点で2組め。月末までにはもう一組くらいはなんとか成りそうな気配で期待しているところです。

        最近は自社会員同士に加え同業他社会員との縁組も増えてきましたので、良い傾向だなと喜んでいます。

         

        今回のカップルのうち彼の方は入会後1年半、彼女の方は入会後1年2か月後の成婚退会ということでしたのでエントリー会員さんの中におきましては特に早くもなく遅くもなくといったペースの成婚カップルでした。

         

        お二人の出会いのキッカケは彼からの申し込みに基づくエントリーの会員同士のお見合いでした。

        お見合いでは結構話が弾んだそうでお付き合いについてはお二人とも直ぐにOK!の返事。

        交際に入るようになられてからは交際開始後三ヶ月弱での成婚退会。ウチのオクサンが途中何度かメールで進捗状況を確認していきましたが、その都度彼女の方からは『彼がいつもキチンと計画を立てて下さるのでしっかり会えています』との嬉しいお返事。

        お二人の交際は順調そのものだったように思います。

         

        もともとお二人ともいわゆる“条件の揃った”しっかりされた方達でしたので、今回お二人が知り合われる前からお二人は夫々何人かの方とはお見合いをしてきておられました。しかしピンとくるようなお相手とはなかなか巡り合うことが出来なかったとのことで私たちが想定していたよりかは少しばかり時間がかかりました。

         

        しかし、今回のお二人の出会いでは『ウマが合う』というか最初からお互いにピンとくるものがあったようです。また、お二人のお仕事がどちらも勤め人で、夫々の休日が土曜日曜と同じだったため何度もお会いすることができたこともプラスに働いたみたいです。

         

        彼女がご両親に『結婚したい人が出来た』と報告したらビックリされ『あなたはもう結婚する気はないのかと思っていた』とそうい云われたとのこと。勿論、半分冗談でしょうが彼女がいつも仕事一途できておられたため余計そう思われていたのでしょう。それだけに彼女のご両親からするとホントに嬉しかったようで大変喜んでおられたとのこと。

         

        彼のご両親も素直に『良い人が見つかってよかったね』と喜んでおられたそうです。

        彼女の方は入会以降よくエントリーに来られてはウチのオクサンといろんなことを相談しておられたので、私も彼女のことはよく覚えていますが、当然のことながら今回来られた時の表情が一番嬉しく幸せそうでした。

        そして彼の方も普段は比較的無口でシャイな感じを受けていましたが、この日ばかりは明るくニコニコして話をされるのが印象的でした。

         

        結局今回のお二人の出会いはまさに『運命の出会い』ということだったのでしょうが、お二人とも浮ついたところがなく結婚という事に対して真剣に向き合っておられた事が今回の結果につながったような気がします。

        お二人の幸せな出逢いに少しでも加担できたことを私達は非常に有り難く幸せに思っています。これから先いつまでもお幸せに...

         

        婚活やのおじちゃんこと

                       

                           (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 

         

         

        ※次回は9月10日(月)を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願い致します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        たかがメール、されどメール

        0

          先日になって、突然台風14号が宮崎を直撃という予報が出され、それまでの予報から来ないものと思って何の準備もしていなかった私達としましてはかなり焦りましたが、お陰様でこの14号の方は大したことなく通り過ぎていってくれました。

          しかしこの8月、日本の近海では12日の台風15号の発生から16日の1台風9号まで5日連続で台風が発生し日本列島を虎視眈々と狙っています。5日連続して発生というのは統計開始以来初めてとのことです。  


          おまけに、今回の台風19号については右の針路図にあるようにのように21〜22日頃に九州近辺に近づき、上陸する恐れもあるとのこと。中学時代の恩師を交えての同窓会を21日に予定している私達としては気が気ではありません。

          招待?しているわけでもないのに次から次に勝手に発生しては日本列島を狙ってきている台風、本当に困ったものですがどうなっていくことやら...

           

          ところで台風の話題とは直接的には関係ありませんが今月15〜17日にかけて日本列島に感動の渦が沸き上がりました。

          皆さん既にご存知の通り日本に78歳のスーパーヒーローが誕生したからです。

          日本のあちこちの被災地でボランティア活動を続けておられる尾畠春夫さんなる人物が、今度は山口県周防大島町で三日間行方不明だった2歳の男の子をたった一人で救出されたとのこと。

           

          延べ500人の警官が投入されて三日間捜索しながらみつけきれなかったのを、たった一人で30分足らずで発見されたというのですからすごい話。それもこの人の場合は単なる偶然ばかりではなく、過去の経験に基づいたこの人なりの考え方で見つけ出されたとのことですから余計頭が下がります。

          最近失態続きの警察官はどういう探し方をしていたのでしょう?確たる方針もないままの単なるローラー作戦?尾畠さんの爪の垢でも煎じて飲んで反省すべきことはしっかり反省して今回の経験を次に生かして欲しいものです。

           

          どこのTV局でもこのニュースを大きく取り上げていましたが、単に一人でみつけたという事実関係だけでなく尾畠さんという方の人柄と行動力とこれまでの経験にもとづいた発想力...

          尾畠さん流のボランティア活動については知れば知るほど感動のあまり思わず涙が出てきました。

           

          全く無償でのボランティア行為。実に爽やかな対応...それを人に自慢することはなく自らの信念に従って次から次へと被災地を見つけては自分の費用で駆けつけていき率先してボランティア活動。決して誰にでも出来ることではありません。勿論自慢じゃないけど?私なんかには絶対無理だと自信をもっていうことができます。悲しい話ですが...

           

          同じ78歳でも『世界のカリスマ』とか一人で自慢しまくっていた某会長さんとか、どこかのお偉い政治家のように選挙が近づいてきたときだけの見返りを求めてのわざとらしい慈善行為とは月とすっぽん!『恥を知れ!』と叫びたくなります。

          暗いニュースばかりが続く昨今にあって、こういう清らかなニュースに接すると本当に心が洗われます。

          また18日からは被災地の天応町に再びボランティアに出かけられるとのこと。

          国民の顔色を窺いながらの人気取り作戦を考えるばかりではなく政府はこういう人にこそ国民栄誉賞などを差し上げればいいのではないでしょうか?

           

           

          ここでまた話は変わりますが、現代では通常個人間の連絡方法としましては(携帯)電話やメール(含むライン)、手紙等が有効な手段として活用されています。

          私も仕事がら電話は勿論メールは等を頻繁に活用していますが、メールって便利だけど怖いなと痛感させられることが多々あります。

          先ず言えるのは、メールの場合はやり取りした内容がそのまま文字として残ります。ある問題につきで言った言わないで揉めた時などでもそのやりとりの内容が形として残っている場合は言い訳ができません。

           

          更にメールの内容をじっくりみることで相手(発信者)の『人となり』というものもよく把握できます。

          初めてやり取りする方でも気配りが行き届いたしっかりしたメールを受け取った時には『こんなしっかりしたメールを送られるからにはこの方は信頼できる人物に違いない』と発信された方に対し、お会いする前から好印象を抱いてしまいます。そしてこの判断はこれまでの例からいきますと実際にお会いしても殆どの場合裏切られたことがありません。

           

          実際に今月も無料相談の件で入会希望者の方とメールでのやりとりさせてもらった方がおられましたがその方から頂戴したメールのポイントを押さえた簡潔な文面をみて『きっと信頼できるキチンとした方に違いない』と思ったことがありました。

          その方がエントリーに来られ実際にお会いしてみましたが私がメールをみて予想していた通りのしっかりした立派な方でした。

          この件に関しましては、面白いことにウチのオクサンも同じような感想を漏らしていました。誰が見る目も同じなんだなと思ったことでした。

           

          また、自分から相手への返信メールは遅かったりよこさなかったりするくせに、相手から自分への返信についてはちょっと遅れただけでも自分のことは棚に上げていつまでも文句を言い続けるような全く自分勝手な方も時折見受けます。

          直接お話しするともっともらしいなかなか立派なことをいわれるのですが、こういった場面に出会いますと『何だ、この程度の人だったのか』とガッカリしてしまいます。

          その方の『正体を見抜いた!』という感じになり、その時感じた思いはなかなか消えていきません。勿体ない話です。

           

          昔から『他人からの信用・信頼というものはそれを勝ち取るまでにはかなりの努力と時間とを要するが、失うのは一瞬で済む』といったようなことがいわれていたかと思いますますが、メールのやり取りを通してもこのことはあてはまるような気がします。

          たかがメール、されどメール...、単なるメールのやり取りといった日常生活における些細なことであっても相手が絡むことに関しては決して手をを抜くことなく真摯に対応していきたいものですね。

           

           婚活やのおじちゃんこと

                         

                             (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

           

          ※次回は8月31日頃に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          お見合いパーティーを振り返る

          0

            8月に入ったばかりというのに8月7日は早や立秋!暦の上では秋ということになってしまいましたが、日本列島では立秋を過ぎて以降も40℃を超える危険な暑さのところが何か所も見受けられます。

             

            宮崎も33℃前後の日が続き、私などはクルマでちょっと外に出るだけでもその暑さに圧倒されてしまうような暑い日が続いていますが、埼玉や岐阜、愛知、京都、大阪等が39℃〜41℃前後で推移しているのをみると宮崎の33℃前後なんてのは可愛いもの。

            南国といわれている沖縄や宮崎の方が気温が低いのはどうしてだろう?と不思議に思ってしまいますが、理屈はともかくいずれにしても宮崎ってなんて住みやすいところなんだろうと思ってしまいます。 

             

            ところが、そんなに安心してばかりもおれないよという警鐘のつもりか?台風12号が通常のコースと違って東から西というように逆走して更にはそれが南下して宮崎の近くでくるりと一回転してから西の方に去っていきました。

            全く異常気象が相次いで起こっていますので気を休めている暇はありません。

            その後に発生した台風13号はこれは宮崎にとっては幸いにも関東の太平洋岸を掠めていくので影響はないみたいですが、そのあと14号が続いていてこれは宮崎にも影響があるかも?といった予報が出ています。

            早く台風の季節も終わりを告げて早く消失していってほしいものだと思っているところですが、現実にはこちらの都合の良いようにはいかないみたいですね。困ったことです。

             

            話は変わって次には前回のブログでお約束した通り7月29日に開催したエントリーお見合いハローパーティーについてその実施結果を報告させていただきます。

            参加人数は最終的には男性15名・女性14名の合計29名でした。途中経過では女性も15名でしたのでぴったし30名ということで狙い通りと喜んでいたのですが、女性で一人の方がどうしても出勤しなければならなくなったとかで男性の方に一人分だけ迷惑をかけることになってしまいました。

             

            出来たカップル数は5組(10人)!もう少し沢山のカップルができるのではないかと期待していたのですがなかなか思惑通りにはいかないものですね。

             

            それでもカップルになられた方達につきましては年齢的にも性格的にもかなりお似合いだと思われる組み合わせでしたので、成婚退会まで行く確率はかなり高いのではないかと期待しているところです。

             

            お見合いパーティーというのは会員さん達への最初の開催案内から終了後の結果報告までかなりのエネルギーを使いますので主催者である私達としましては結構大変ですが、これを開くことによって毎回必ずなんらかの良い結果が生まれてきていますので、これからあとも会員さん達の状況をみながらやり続けていこうと思っています。

             

            会員さん達にも一つだけお願い。

            たまたまご自分が参加されたパーティーでご自分の思い通りの結果にならなかった方につきましては、参加されたその一度だけでパーティーというもの全般を判断するのはやめるようにしてはどうでしょう?

            同じパーティーでうまくいったカップルもいるわけですし、その時の参加者如何で結果は変わってくるものです。

            今後のパーティーで、いつあなたにピッタリの方があらわれるかはやってみないとわかりません。

            その時こそは自分も成婚退会に結びつけられるよう頑張るぞというプラス思考で積極的にパーティーを利用していかれたら良いのではないかと思いますが... 何もしなかったら何も生まれませんからね。

             

            最後に...

            7月から8月初めにかけてご自分のお子さんの婚活について非常に心配しておられる親御さんが新規の方を含めて3人ほどエントリーに相談にこられました。

            親御さんとしてはお子さんの年齢を考慮されてご自分の子供は果たして結婚できるんだろうか?ということを非常に心配しておられました。特に女性のお子さんをお持ちの場合は出産年齢ということが絡んできますので余計その傾向は強いように思います。

             

            私達は同じような年齢の沢山の会員さん達の動向を沢山みてきていますから『そこまで心配されなくても大丈夫ですよ』と思う方から『確かに今のままだと難しいかもしれませんね』という方までいろいろありました。

             

            心配されなくても大丈夫と思うお子さんの場合はお子さんが自分はどういう人と結婚したいかということを自覚しておられるとともに自分の婚活市場における『価値』というものをご自分なりに把握しておられます。

            難しいと思う場合は、お子さんご自身のご自分に対する『過大評価』、若しくは親御さんのお子さんを愛されるが故の『望みすぎ』、これが結婚というものを難しくしているように思います。

             

            訪ねてこられた親御さんに対してはそのことをさりげなく申し上げるのですが、どの程度分かっていただけたかは疑問です。

            結婚するのは『お子さん自身』である筈なのに親御さん自らが『相手の人は大卒でなければだめ』とか『宮崎の人でなければ駄目』とか『高収入・高身長の人でなければ駄目』とかいろんな条件をつけ、自ら門戸を狭くしてより結婚をより難しくしていってしまうということもよくみられる傾向です。

            親御さんはお子さんに対して期待、希望を抱き過ぎず、お子さんは自分のことを過大評価しないでありのままの自分を正しく評価してそれに基づいてお相手選びをしていかれたら結婚というものもそんなに難しいものではなくなってくるのではないでしょうか?

             

             婚活やのおじちゃんこと

                            

                                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)  

             

             

             ※次回は8月20日前後を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願い致します。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            話題で苦労しなくなるためには...

            0

              西日本豪雨被災地の復興状況は猛暑の中遅々としてなかなかはかどりませんが、それでもボランティアの方達は休みになると沢山の方達が手伝いにいっておられるようです。

              冷房の効いた部屋でそういうニュースをみていますと何か申し訳ないような気がして本当に気がひけます。

               

              おまけに今度は台風12号が異例なコースをたどり日本列島を直撃する気配...、

              通常、台風は列島近くの上空を西から東に吹く偏西風などの影響を受け、東寄りに進むケースが多いのですが、台風12号は日本の南に入り込んできた「寒冷渦(かんれいうず)」と呼ばれる空気の渦(うず)の影響で、西寄りに進む異例の進路をとることが予想され、山沿いでは通常と異なる方角で雨が強まる恐れもあるのだとか...

              今回は猛暑の原因となっていた太平洋高気圧が東に後退し、日本の南側に低気圧である寒冷渦が入り込んできて反時計回りに渦巻いているため、近づいた台風12号が引き寄せられるように北上し、渦の流れに沿って西寄りにコースを変えるとみられるとのこと。

               

              その結果、28日現在の予報によると台風12号は関東・東海地方辺りに上陸し、西日本豪雨で被災した中国・四国地方をも再度襲いそうとの予報が出ており、『またかよ〜』と自然の残酷さに胸が痛みます。

              九州南部の方は今のところは大丈夫みたいですが、何はともあれ西日本豪雨被災地の皆さんをこれ以上苛めないで欲しいと強く願う次第です。

               

              ところで話は変わりますが、最近20代前半の非常に若い男性がエントリーに入会されました。

              未だ早すぎるのではないか等いろいろ忠告しましたが、お話しているうちにご本人が結婚ということに対してしっかりした考えをもっておられたのと彼のご両親もご納得の上ということでしたので有り難くご入会いただきました。

              エントリーだけに限らず他県のいくつかの親しい相談所の所長さん方と話をしていても、最近年齢層の非常に若い男女の動きが以前に較べますとかなり活発化し始めてきているとのこと。

              勿論、そうはいってもボリューム的には30〜40代の会員さん達と比べるとまだまだとしても私達にとりましては有難い傾向です。

               

              今回入会して戴いた彼にエントリーで婚活を始め要と思われた理由について聞いてみますと、一般のお見合いパーテイーにもこれまで何度か参加されたそうですが、その場合はせっかくカップルになったとしても、結婚相手をというより単に交際相手を探しにきている人達の割合が多いという現実に直面することが多かったそうです。

               

              従ってどうせそういうことなら最初から結婚について真剣に考えておられる人が集まっているところで婚活したほうが時間的にも費用的にも効率的だと考えられネットでいろいろ調べられた結果エントリーを選んでいただいたとのこと。

              彼の友人の中でも自分のライフプランを真剣に考えている人達の間ではこういう傾向は強くなってきているとのことでした。

               

              そういうお考えであるならば若年層の男女の婚活についてもこちらからお断りする理由は全く見当たりません。これからは若年層同士のマッチングについても更に知恵を振り絞っていく必要があるなということを痛感した次第です。

               

              最後に29日に開催するお見合いパーティーについて。

              26日現在では男女とも人数がピッタリ同じで資料の方も人数分しっかりと作成済みですので、資料をいじらないで済むよう何とかこのまま最後まで行ってほしいものだと思っているところです。

              そうはいっても毎回必ず土壇場になってドタキャンがでるので今回はどうかな?とハラハラしているところです。

               

              また、以前から思うように婚活が進まず、私たちがパーティーに出られたほうが良いのになあと思っているのにいくら誘っても参加してもらえない方が今回もおられました。

              どうしても多くの人が集まるところは苦手とのこと。口下手につき何を話したらいいかが分からないというのがその最大の理由のようです。

              私自身はいろんな人とお話しするのは好きな方なので『何を話したらよいか?』ということで悩んだことはないような気がします。

              ひとつには、私の現役時代に会社の方からいろんな研修を受けさせてもらったことも会話が苦痛でないことの要因かもしれません。(といってもこれは私が勝手に思っているだけで私と会話している相手の方の気持ちがどうなのかまでは分かりませんけどね。)

               

              いぜれにしても、こういう場合の一つの対処法としましては『お相手との共通点を見つけること』が一番手っ取り早いのではないかというような気がしています。

              なかなか話題が盛り上がらないようなときでも、好きな野球チームやサッカーチームが同じだったりすると急に話が盛り上がって相手との距離が縮まったりした経験はだれしもお持ちではないでしょうか?

              実際にずっと以前の私のブログでも紹介したことがありますが、プロ野球のソフトバンクが大好きだというお二人が、そこから話が発展してゴールインされたようなことも私たちは実際に経験しています。

               

              他には『出身地』や『出身校』、『趣味』、『旅行で行った場所』などはどんな場合でもよく挙げられる話題かと思います。

              要するに対象はなんでもいいと思います。その為にも相手の方の趣味などをプロフィールをみて事前に把握しておられるとより話は進みやすくなるのではないでしょうか?

               

              最初から苦手だからというそれだけの理由で拒否するのではなく、本気でその気になりさえすれば大抵のことは何とでもなるのではないかと思いますけどね。

              『為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり』(上杉鷹山)、これは私の座右の銘の一つですがまさにその通りだとこれまで何度も実感してきました。皆さんは如何でしょう?

               

               婚活やのおじちゃんこと

                             

                                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

               

               

               

               

              ※次回は8月10日前後を目途に更新したいと思っていますので、よろしくお願いします。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              ボランティア

              0

                ようやく長かった梅雨が明け蝉の鳴き声が大きく響きわたるようになってきました。

                やれやれと喜んだのもつかの間、今度は35度前後の猛暑が続き全国的には40℃を超すところもあるなど日本中が暑さでへとへとになっています。

                 

                それにしても気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した西日本豪雨は、死者216名、行方不明者16名(7月18日時点:NHK調べ)におよぶ大災害となりました。

                そのうえ猛暑という過酷な環境の中で多くのボランティアの方々が後片付けに精を出しておられるのには心から頭が下がります。

                毎日流されるTVのニュースをみていると全国的には熱中症で倒れ人も沢山出ているようです。

                ボランティアの方々の中にも熱中症で倒れる人も出てきているようですが、呉々も大事にいたることのないようにと祈っている次第です。

                 

                ボランティア活動につきましては以前自分たちが大災害に遭った時に助けて戴いた時の『恩返しボランティア』という人たちも沢山おられるようですが、日本人って流石立派な民族だなと感心せざるをえません。

                私もほんとに気持ちばかりではありますが、義援金を送らせて戴きました。

                TVをみていて同じ日本人としては何もしないで済ませる気にはなれませんからね。

                困った時にはお互い様!『塵も積もれば山』です。なんとか全国民で助け合っていきたいものですよね。

                 

                 

                また、タイの洞窟に閉じ込められていた残る9人の方につきましては全員が救出されました。

                そこまでは良かったのですが、それでも救出に向かわれたボランティアの方がお一人亡くなられたという点につきましては残念でなりません。そのことを告げられた少年たち全員が涙をしたというニュースにはこちらまでもらい泣きしてしまいました。

                悲惨なことってなかなか無くならないものですね。

                 

                話は一転、前回のブログで紹介しましたサッカーワールドカップロシア大会につきましては6月14日から7月15日にかけて行われましたが熱闘が繰り広げられた末フランスが優勝、クロアチアが準優勝という結果で終わりました。

                日本と接戦を演じたベルギーは第三位というところまでいきましたので、それなら日本の現在のFIFAランキング44位はもう少し高くても良いのではではないか?と思ったりしたことでした。

                次回は2022年にカタールで行われる予定ですが、その時にはせめてベスト8くらいには入って欲しいものですね。

                いづれにせよ今後監督が誰になるのかによっても大きく変わってくるかと思いますので次期監督に期待!

                 

                話変わって婚活関連について触れますと、今月29日に予定されているお見合いパーティーにつきましては久々に女性の参加者も多く見込めそうです。最近は男性に較べ女性の参加者数が少なかったので喜んでいるところです。

                男性の中には仕事の都合でどうしてもこの時期は参加できないという方が数名おられます。

                その中には『パーティーはしないのですか?』と希望しておられた方達が含まれているため困ってしまいます。毎度のことながら男女のメンバー調整には苦労します。

                それでも男女同数を目指してぎりぎりまで追いかけるつもりですので、最終的にどうなるかは現段階ではハッキリしたことは申し上げることはできませんが『乞う、ご期待!』

                パーティーというのは一度にたくさんの会員さん達と会える絶好のチャンスなので私としましてはできるだけ会員さんには参加されるようにお薦めしています。

                ところが折角入会しておられながらいくらお薦めしても参加しようとされない方もおられます。

                パーティーのように人が沢山集まるところが苦手だからかな?と思ってパーティー以外の婚活を熱心にされておられるかどうかについて調べてみても、お申し込み等については自分から積極的に申し込みをしておられる様子も窺えません。

                 

                結婚したかったから入会された筈なのにどうされるつもりなんだろう?と気になって仕方がありません。

                メールや電話で何度案内しても返事すら戴けないことにつきましては正直なところガッカリします。

                強制的にお願いするような類(たぐい)の事ではありませんのでこれ以上は如何ともしようがありませんが残念なことです。

                初心に帰って真剣に婚活され早く良いご縁にたどり着けるよう頑張っていただくことを期待する次第です。

                 

                 

                婚活やのおじちゃんこと

                                哲

                                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                 

                 

                ※次回は7月31日を目途に更新したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                荒れ模様

                0

                  今年の7月は出だしから各地で大きなニュースが世界中を席巻しています。

                   

                  先ずお膝もとの日本からいきますと、本州付近に停滞する前線の影響で西日本を中心に記録的な大雨が降り続き大きな災害を惹き起こしています。

                  特に福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、岐阜、愛媛、高知の8府県に対しては『生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある』として大雨特別警報が出たほど...   

                  実際に発生している被害の方も甚大なものがあり、多くの死傷者・行方不明者が出ていますし、家屋の倒壊や道路・橋梁等の損壊が広範囲に亘ってみられTVで映像が流れるたびにその悲惨さに心が痛みます。 

                   

                  それも数十年に一度という位の規模の大雨があちこちで降り続くわけですから全くもってたまったものじゃありません。

                  今回の災害に影響大とされる台風7号の情報が発表された時点ではそんなに大きい台風とは予報されていなかったように思いますのでそれが梅雨前線等と相俟って長期間にわたりこんなに大きな災害を引き起こすようなことになろうとは夢にも思っていませんでした。

                  そんなわけで私も最初のうちはどうせ大したことはないだろう位にしか考えていませんでしたし、宮崎市も我が家も実際に予想通り殆ど大きな被害は無し。

                  それがTVでその実態を知らされるたびに『えー、こんなに大きい被害が出るのか〜』とビックリするくらいの被害の大きさには驚かされることばかり!

                   

                  被害に遭われた方達につきましては、気象庁からは途中から何度も警告が出されていた筈なのにどうしてもっと早く逃げようとされなかったんだろうと不憫に思えてなりません。

                  また、逃げようにもどうしようもなかった方達も沢山おられるみたいでこの方たちについても本当にお気の毒としかいいようがありません。

                  これを自分の立場に置き換えて考えてみますと、すっかり“よだきんぼ”になってしまっている現在の私では『自分ところは大丈夫だろう』と何の根拠もないのに勝手に決め込んで我が家を動かなかったであろうような気がします。それでいて実際に押し寄せてきた洪水をみて大慌て!

                  これじゃ助かる筈がないですよね。

                   

                  もはや『かっての異常事態』が『現代では異常ではなくなってきている』という現実を再認識して、身の危険が感じられたら早急に自分なりに手をうたなければ取返しのつかないことになるということを改めて肝に銘じた次第です。

                   

                   

                  といったところで日本に関する話題をもう一件。

                  法務省は7月6日、1989年の坂本堤弁護士一家殺害、94〜95年の松本・地下鉄両サリンなど一連のオウム真理教事件の首謀者として殺人罪などで死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を東京、大阪など4か所の拘置所で執行したそうです。

                  オウムの一連の事件では13人の死刑が確定していますが、刑が執行されたのは初めてとのこと。

                   

                  松本死刑囚の死刑が確定してからすでに12年近くが経過しています。これだけの重罪を犯し、死刑が確定していながらその刑が執行されないのは何故か?と不思議でなりませんでしたが、この度ようやく刑が執行されたことで私としましては『当たり前だろう』という気持ちでいっぱいというのが本音です。

                   

                  勿論宗教がらみの犯罪につきその後の影響を考慮しますとそんなに、簡単なものではないであろうことは充分察しはつきます。

                  しかし、日本の刑事訴訟法では死刑が確定してから半年以内の執行を定めています。それなのに何故?

                  今回の死刑執行を機に松本死刑囚が『神格化』され信者らの活動が先鋭化するのではないか?との懸念もあるそうです。だからといって死刑の執行を遅らせてよいということにはつながらない筈。

                   

                  カルト的、狂信的な考え方はインターネットを通じて格段に拡散しやすい時代になっています。

                  第二のオウムは絶対に生み出さない!その認識を社会全体で共有することが何よりも大切なのではないでしょうか?

                   

                   

                  といったところで話変わって今度は全世界に跨るロシアで行われたワールド杯サッカーについて。

                  日本は優勝候補の一角ベルギーに対して2対3というもう少し頑張れば世紀の大逆転劇という大善戦を展開しました。

                  一時はひょっとすると勝利するのかもといったところまで追い込みましたのでこの試合に関してはその前の試合の時のようなフラストレーションはたまりませんでしたがいずれにしても負けは負け。

                  これでスポーツに関する楽しはがなくなったな〜。この後はどうしたものかと思っていましたら大谷翔平君が打者としては復帰できるとかで楽しみが戻ってきました。

                  それでも投手としての復帰はまだ時間がかかりそうとのこと...当分の間は中途半端な気持ちではありますが、毎朝TVの番組表欄に『大谷翔平出場予定』という細かい文字がないかどうかをチェックすることに精を出します。それだけでも今の私にとりましては大きな喜びで御の字です。


                  最後はタイでサッカー少年たちが洞窟に閉じ込められその救出をめぐって世界各地から救出の手が差し伸べられた話。このブログを書いている時点では4人の少年が救出されたとのこと。あとは残る9人が無事救出されることを祈るのみ!

                  7月は上旬の間にいろんな大きな出来事がことがありました。大きな荒れ模様の7月上旬ですが、これから先はその分がハッピーな出来事でカバーされることを祈るのみですね。

                   

                  婚活やのおじちゃんこと

                                  

                                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                   

                   

                  ※次回は7月20日を目途に更新したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  日本サッカー、決勝トーナメント進出!

                  0

                    沖縄地方に引き続き、26日に奄美地方も梅雨が明けました。

                    25日以降の数日は全国的に梅雨の中休みといった状態のようで、あちこちでここ何日か35℃前後のかなり暑い日が続いています。それでも梅雨明けまでには今暫くの辛抱が必要とのこと。今年は全国に先駆けて早々に梅雨入

                    りした宮崎県だけに梅雨明けについても全国に先駆けて早々に開けて欲しいものだと強く願っ

                    ているところですが、どうなりますことやら...

                     

                    ところでその中休みの猛暑に比例するかのように、日本列島はW杯サッカー日本代表の健闘を受け沸きに沸いています。直前になっての監督解任劇などがあったりして大部分の国民が期待していなかったかと思うのですが、それがどういうわけか第一戦のコロンビアに大番狂わせ?で勝利すると第二戦のセネガルにも引き分けるなどの大健闘!

                     

                    28日のポーランド戦に勝つか引き分けすればスンナリと予選突破というところまできました。

                    もし負けたとしてもコロンビア・セネガル戦の戦況如何によっては予選突破も可というところまできたわけですから、日本のサッカーファン(俄かサッカーファンを含む)が盛り上がっているのも充分理解できます。

                     

                    ここ10日程はTV番組の殆どがサッカー関連のニュースで占められています。

                    第二戦のセネガル戦の時も深夜に行われたにも拘らず最後サッカーファンが沢山いたようです。

                    スポーツオタクの私達夫婦としましては当然のことながらポーランド戦も当然最初から最後まで見届ける予定です。

                    サッカーについてのこのブログもいつ書くかポーランドに勝つか引き分けたあと予選突破が確定してから書いたものかどうか書くタイミングについて迷いましたがその時はその時ということで気分にまかせてここまで書いてみました。

                     

                    ところが28日は既に皆さんご存知のようにポーランドに負けてしまいました。

                    それもこれまた皆さんご存知のようにベストを尽くせばまだまだ十分勝機はあったはずなのに途中からコロンビア・セネガル戦の状況をみながらフェプレーポイントでセネガルを上回る作戦に打って出て日本はパス回しで時計の針を進める作戦を取りました。

                    試合はこのまま1−0でタイムアップ。さらにコロンビアがセネガルを下したことで、日本はフェアプレーポイントでセネガルを上回り、2位での決勝トーナメント進出が決まりました。

                    確かに決勝トーナメント進出を第一義としてのこの戦略は妥当といえば妥当だったのかもしれません。

                    しかし、過去2戦の日本の戦いぶりを見慣れた私からしますとどうもスッキリした気分になれず複雑な思いでベッドに入りました。

                    ガラっと変えた選手起用についても私としては馴染めませんでした。一流の監督が知恵を振り絞っての選手起用につきど素人の私がとやかく言う話ではないことは重々承知しながらも今もって納得できていません。

                     

                    といったところで本業の方に話を戻してみたいと思います。

                    先日4年ほど前にエントリーを成婚退会された女性OB会員の方から彼女の従妹の方が真剣に婚活を始められたということでエントリーを紹介した旨のメールを戴きました。

                    そしてその際には彼女も一緒についてきてくれました。都城からでしたから大変だったことと思いますが、有り難い話です。紹介してもらった方は背のスラリとした気立ての優しさが全身からにじみ出てくるような素敵な方でした。

                    私が一応説明をしましたが、私が説明するまでもなくOB会員の彼女が充分にエントリーのことを説明していただいておられたみたいでそのままスンナリと入会していただきました。

                     

                    こういうケースが私達としましてはいちばん有り難くOB会員の彼女に対しましては感謝感謝でした。

                    この6月は長期休暇で丁度月の三分の一を休ませていただきましたので仕事の方はどうなることかと心配していたのですが、幸いなことに月初めにトントントンと入会していただきましたし、旅行から帰ってきてからもこの紹介された方を始め問い合わせが何件か入ってきていますのでなんとか悲惨な結果には終わらずに済みそうで皆様の暖かいご協力に感謝する次第です。

                     

                    また、今月はどういう具合か知りませんが、お見合いが沢山入ってきています。エントリー会員同士のお見合いは勿論、それ以外の県内外の相談所さんとのお見合いも沢山組まれるようになり、そのことが全体のお見合いの数を押し上げるのに寄与しているみたいです。

                     

                    最後に7月29日(日)のお見合いパーティー、4〜5月に沢山ご入会いただいた方がかなりご参加いただける見通しになっています。そうなると新しく入られた方同士のみならず以前から入って戴いてる方達にとりましても新しい出会いが期待されるということにもつながってきますので歓迎すべきことだと喜んでいます。

                    沢山の会員さん達が集まっての盛大なお見合いパーティーで沢山のカップル誕生に繋げたいものですね。

                     

                    婚活やのおじちゃんこと

                                   

                                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

                     

                     

                    ※ 次回は7月9日(月)更新予定です。よろしくお願いします。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    長期休暇終了、ご協力有難うございました!

                    0

                      長期休暇も無事終了、16日から平常通りの勤務を再開しました。

                      その間、会員の皆様には大変ご不便をおかけしたかと思いますが、ご協力いただきましたことに深く感謝しております。

                       

                      休暇中には米朝会談が行われたり、サッカー・ワールドカップ・ロシア大会が開始されたりといろんなビッグイベントが開始されていましたのでその動向も気になりながらの休暇でした。

                      しかし、帰ってきていちばんガッカリさせられたのは政治の動向よりもサッカーよりも我らが大谷翔平クンが故障者リストに入っているということを聞いた時…

                      翔平クンがどれだけ頑張っていたかその結果をみるのがいちばんの楽しみだったのですが、大活躍どころか故障者リストに入っているということを聞いた時はほんとにガックリきました。世の中全く思うようにはいかないものですね。

                       

                      今回の長期休暇中は家族揃っての初めての海外旅行をしてきました。行き先はスペイン〜ポルトガル。

                      私一人では結構あちこち行かせてもらってきましたが、家族そろっての海外旅行というのは初めての経験…

                      家族といっても夫々いろんな都合をかかえていますので、おそらくこれが最初で最後の家族揃っての海外旅行になるのではないかと思いますが良い記念になりました。

                       

                      それにしても疲れました。私は現在ひどい腰痛を抱えていますので参加されたツアーの皆さんについていくのがやっと!

                      本来ならば一家の主で且つ海外旅行経験豊富な人間として家族を引っ張っていくべき立場である筈なのに今回ばかりは体調不良の為、逆に家族の足を引っ張る状況になりそろそろ私の海外旅行も打ち止めということになるのかな?とついつい弱気になったほどでした。

                      それでも時が過ぎ体調が回復しましたらまた今回の体力的にしんどかった思いなどどこへやらと、またどこかに出かけて行くのではないかと思いますがその時はその時?と思っているわけですからいい気なものです。

                       

                      ところで私が今回のツアーで強く感じたのは同行した60〜70歳代の女性の方々の逞しさ!ほとんどが旅慣れた人達ばかりだったとはいえ、彼女たちに同行したご主人たちよりはるかに頑健!日本ではスポーツ界に限らずいろんな分野で女性が強く逞しくなってきてるんだなあということを改めて強く実感させられました。

                      我が家でも一番強く逞しかったのは一見か細い体のオクサンだったように思います。

                       

                      また、旅行中は翔平クンとともに我が家のセキセイインコの翔太郎クンの事が気になっていましたが義兄夫婦からしっかりと面倒みてもらっていましたので安心でした。

                      久方ぶりに私たちが預かってもらっていた義兄の家に引き取りに行った時も義兄夫婦にすっかりなついていて私達を見ても『どなた様?』という感じでシれーっとしていたのには参りました。私たちとしましてはバタバタと飛んできて感動の再会シーン?が展開されるのではと期待していたのですが、肩透かしを食らったようでガッカリでした。

                      それでも翌日には徐々に思い出してきたらしく『私達のよびかけ』にも以前通り反応するようになりましたので一安心しましたが…。

                       

                      それから7〜8時間あった時差ボケの方も少しづつとれてきているようです。帰って来た翌日からは早速仕事に取り掛かりました。メールが570通ほどきていましたのでその仕分けとお見合いの立ち合いから仕事が始まりましたが、私のように毎日パソコンのまえに座りっきりで仕事をしている“仕事漬け人間”にとりましては仕事に取り組むと不思議なことに何だかホット心が安らぐような気がします。

                      今月始めに入会の契約していただいた方も帰国早々に入会手続気を済ませていただきました。有り難いことです。

                      無料相談の申し込みも数件入っていましたのでこれから日程を調整しようと思っています。

                       

                      旅行中は写真もビデオも沢山撮りまくってきました。仕事の整理が一段落したら今度は写真、

                      そしてビデオの方を整理しようと思っていますが、これも仕事と同様に楽しみです。

                      スペインではバルセロナのサグラダファミリアが圧巻でした。私にとりましては二度目でしたが、そのスケールの大きさには初めて見た時同様の迫力を感じました。

                       

                      また、ジプシーが踊るフラメンコもさすがに本場ものだけあって惹きつけられました。これも私にとりましては二度目でしたが何度見てもいいものです。一度は現地で本物の良さを堪能されることをお勧めします。

                       

                      ポルトガルではユーラシア大陸最西端のロカ岬に行ってきました。ここは前々から行ってみたいと思っていたところでしたので感激しました。

                      そこに行ったという証明書も発行するサービスをしていましたので家族全員のイニシャルを刻んでもらいました。これもまた良い記念になりました。

                       

                      今回の家族旅行は身体的にこそヘバってしまいましたが精神的には大いに充電できたのでは?と思っていますのでこれからあとは会員さん達へのサービスの更なる充実でお返ししなければと思っているところです。乞う、ご期待…?

                       

                       

                      婚活やのおじちゃんこと                                   

                                   

                                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)      

                       

                       

                      ※次回は6月30日(土)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/3PAGES | >>